閉じる


後書き

後書き

 読者の皆様、おはこんばんちわ。

 そして読了お疲れ様でした。

 さてさて、後書きと言うことで何を書こうか迷ったのですが、本書を執筆するに至った経緯など徒然なるままに。
 まあ、興味の無い人もここまで来たら少し聞いていって下さいませ。

 実は本作は当初短編ホラー集を目指していたのですが、ご存知の方はご存知の通り3話で挫折しました。もう完全にネタ切れです。

 それから1年間筆を執らずにいたのでなまった腕を取り戻すべくMixiの三題噺トピで執筆の練習をさせて頂いた次第です。
 練習とはいいつつも気付けば15話以上も駄文を書かせて頂きまして、せっかくの機会ですので取りまとめてPubooで公開しようと思い立ったわけです。

 さて、いざ公開の段になって悩むのが表紙。
 以前は自分で描いたりしてたのですが、最近はその気力すら沸かないのでどうしたモノか悩んだ末、思い出したのが本作品「カラオケの女」。

 表紙だけが異様にインパクトがあると好評でしたので、再利用することに致しました(汗

 そんな訳で、当初「カラオケの女」に収録していた三作品は全てカットして代わりに三題噺の物語を大幅に加筆しております。

 加筆と言いましてもなにぶん一年ぶりの執筆活動である点と三題噺という制約の中で作成した物語達ですので至らない点はご容赦くださいませ。せめて1話でも心に残る作品があることを祈って筆を置きたいと思います。

 最後に、お題を提供して頂いたMixiのラノベコミュの方々には感謝申し上げます。
 それでは失礼致します。