twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格390円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , 恋愛 作者 三輪たかし
価格 390円(税込)
タグ スキルス性胃癌洗足池蒲田茶房
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,282 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 25ページ (Web閲覧)
112ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 舞台は東京都大田区洗足池。ヒロインの武井しのぶは蒲田女子高等学校教員で、正義感が強くて頑張り屋だが、天邪鬼なのが玉にきず。異性に対しては奥手で、何も起こらない日常を過ごしていた。ある日、ふとしたきっかけで朝倉タカシという新聞記者と、お見合いをするはめになった。全く期待していなかったのに、初めて逢ったタカシに惹かれてしまうしのぶ。その後、何度かデートを重ねるうちに結婚を前提に付き合うことになった。しかし、しのぶは癌であることが判り、朝倉タカシを苦しめないために別れを宣告してしまう・・・・・・。しのぶとタカシの絆の行方はいかに!?愛と死を見つめて真実の愛に生きようとする二人の物語。

コメント一覧

良くこんな悲しい物語書けますね。泣けて泣けて。号泣です。それでも永遠の愛は・・・・・・。三輪さんの作品で一番かな。
masaakim : 2017-07-17 15:09:38

本当の愛とはなんなのか?ということを考えさせられ、感動と涙が止まりませんでした。いまの境遇と近いものがあり、自分と重ねて読みいってしまい...リアリティあふれる作品でした。三輪先生、いつか私を題材でご執筆してほしいです。
tullysangel : 2017-02-14 14:34:49

泣ける! 恐いくらい。 私は悲恋は嫌いだけど泣きつくしたら不思議に心が満たされる。 三輪さんありがとう。
373912 : 2017-01-16 21:33:29

人間はいつか死ぬ。それが早い場合と遅い場合もある。それぞれみんな色々な意味がある。悲しいです。でも、そういう感傷的な気持ちは大事だけれど、ナポレオンのように我々は前進しなければならないように作られていると思う。だから、涙を拭いて歩いて行こう。どうなろうと永遠の命を信じて勇敢に潔く、悲しみを随喜に変えて!
20160710 : 2016-08-01 09:51:19

可哀想で泣けて泣けて。人生って苦しくて悲しいことがいっぱい。それでも美しいのかも。
yoshimita : 2016-05-30 09:31:16

やばくね!最後の別れは天邪鬼?の俺でも泣ける。こうやって人間は悲しみに立ち向かうんだってことだよね。サンキュー三輪さん。
taikoro : 2016-04-11 10:10:51

悲しいよ。なんでハッピーエンドにしないの。泣いちゃった!!三輪さん意地悪~。
998233 : 2016-03-15 09:52:26

悲しいね!辛いね!昔白血病で死んだ初恋の人思い出した。涙涙涙。
3453333 : 2016-02-26 10:31:52

一気に読みました!涙ボロボロ。癌ではないけれど私の事を書いてくれているみたい。天邪鬼な私、改めて可愛いと思った。悲しいけれど心が暖かくなった。
302424 : 2016-02-23 14:06:02

人間の別れは本当に悲しい。涙がボロボロ。それでも生きて行かなければ。無常と刹那と永遠が作者のテーマですね。
192168 : 2015-12-10 09:42:12

facebook コメント一覧