目次
はじめに
私と道の駅
この本の内容について
北海道ブロック
道の駅富士見
道の駅おびら鰊番屋(にしんばんや)
道の駅サンフラワー北竜
道の駅びえい「丘のくら」
道の駅マオイの丘公園
道の駅流氷街道網走
道の駅ぐるっとパノラマ美幌峠(びほろとうげ)
道の駅うとろ・シリエトク
道の駅スワン44ねむろ
道の駅厚岸グルメパーク(あっけし)
道の駅サラブレッドロード新冠(にいかっぷ)
道の駅望羊中山(ぼうようなかやま)
道の駅名水の郷きょうごく
道の駅ニセコビュープラザ
道の駅縄文ロマン南かやべ
道の駅上ノ国もんじゅ(かみのくに)
東北ブロック
道の駅みんまや
道の駅てんのう
道の駅しょうわ
道の駅象潟(きさかた)
道の駅雫石あねっこ(しずくいし)
道の駅遠野風の丘
道の駅上品の郷(じょうほんのさと)
道の駅あ・ら・伊達な道の駅
道の駅白鷹ヤナ公園(しらたか)
道の駅ばんだい
道の駅よつくら港
関東ブロック
道の駅美ヶ原高原美術館
道の駅富士吉田
道の駅なるさわ
道の駅こぶちざわ
道の駅常陸大宮
道の駅たまつくり
道の駅水の郷さわら
道の駅とみうら枇杷倶楽部
道の駅どまんなか たぬま
道の駅もてぎ
道の駅うつのみやろまんちっく村
道の駅ふじおか
道の駅川場田園プラザ
道の駅みなかみ水紀行館
中部ブロック
道の駅朝霧高原
道の駅すばしり
道の駅南アルプスむら長谷(はせ)
道の駅宙ドーム・神岡(すかいどーむ)
道の駅古今伝授の里やまと(こきん)
道の駅おばあちゃん市・山岡
道の駅天城越え
道の駅伊東マリンタウン
道の駅あかばねロコステーション
道の駅伊良湖クリスタルポルト
道の駅紀宝町ウミガメ公園
奥付
奥付

閉じる


関東ブロック

試し読みできます

道の駅美ヶ原高原美術館

 

■道の駅名称: 美ヶ原高原美術館
 
■都道府県: 長野県
 
■道の駅の特徴
 ・「ビーナスライン」ドライブコースの終点
 ・海抜2000m、雲上の道の駅
 ・北アルプス、南アルプス、八ヶ岳と360度の眺望
 ・現代アート彫刻など約350点を屋外展示
 
■訪問レポート
長野・新潟の旅:雲上の道の駅!“美ヶ原高原美術館”

 訪問日:2013-07-27

 

4日目の最後の目的地、そして長野県最後の道の駅である
道の駅美ヶ原高原美術館 へやってきました。





今回の旅で私が最も楽しみにしていた場所の一つが、この “美ヶ原高原” です。

マルメロの道の駅からは25kmで40分ほどの道のりでしたが、途中最短コースを辿った為に、大型車通行禁止の結構狭い山道を走りました。

そして、憧れの “ビーナスライン” の途中に合流すると、目的地はまもなくです。









“美ヶ原高原” はビーナスラインの終点で標高2000mの雲上のリゾートです。

北アルプス、南アルプス、八ヶ岳と360度の眺望が開け、200種類以上もの高山植物が咲き乱れる、日本で最も美しい高原といわれています。

その高原の東側、約13万平方メートルの敷地に、現代アート彫刻など約350点を屋外展示したものが“美ヶ原高原美術館” なのです。





建物入口にもこの様に、両サイドにブロンズ像が立っています。
この建物、中はこの様になっています。





この入口中央にある短いエスカレーターを上って行くと、ショッピングモールがあります。







このショッピングモールはとても広くて、大勢のお客さん達で混み合っているのですが、とっても楽しくなるような商品が数多くあります。

ひと通り見て回り、買い物は最後にやることにして、“展望テラス” に出てみました。
ここでは、軽食を食べることもできるのです。







この日は朝からおおむね快晴だったのですが、美ヶ原に向かう途中から次第に雲が出てきました。
そして、本来なら360度の絶景を楽しめるはずのこの展望テラスからの眺望はこんな具合です。



周囲の山々は厚い雲に覆われて、うっすらとしか見えません。

ここへの到着が14時10分、遅い昼食をとることにしました。
といっても、私たちが食べたのはこれ・・・・。



“おやき” と “肉まん” と “山賊焼” です。

おやきは信州の名物で、あちこちの道の駅で見かけたので一度食べてみたかったのです。
野菜や山菜など、いろんな種類の具がはいった饅頭で、私は “野沢菜” を選びました。

 



 

そして山賊焼というのは、いわゆる鳥の唐揚げなんですが、山賊が通りがかった旅人から金品を “取り上げる(鳥揚げる)” ことから、この名前がついたと言われています。


普段食べる唐揚げと違って、すごく カラッとして、実に美味いのです。
これは印象に残る味でした。





あとで気がついたのだけど、2階にちゃんとしたレストランと、和食の食事処もありました。
でも、展望テラスでの普段食べられない地元の名物がやっぱり私たちには満足でした。

お腹が落ち着いたところで、ここのメインである、高原美術館を見に行くことにしました。





この高原美術館は大人1000円の有料なのですが、ここでチケットを買い、2階に上がって改札をとおり、美術館に唯一繋がっている橋を渡って入場することになります。

建物の配置図を、もう一度見て頂きます。



1階の右端に “入場券売り場” がありますからここで大人1000円の入場券を買い、らせん階段で2階に上がります。

入場券は2階でも売っていたようです。
ここで入館口を通り、唯一の通路である橋を渡って屋外展示場に出るのです。



橋を渡って振り返ったのがこの写真です。
建物の右端にマークがありますが、ここって “フジサンケイグループ” だったのですね。





橋を渡るとき、山の向こう側からもくもくと雲が流れてくるのが見えました。

いやな予感がしたのですが、予感が的中して5分もすると雨が降り出しました。
最初は小雨だったのでそのまま濡れていたのだけど、そのうち雨粒が太くなり、傘をさして見て回りました。

ですから、写真があんまり奇麗でないのが残念です。



橋を渡って最初にあったアートがこれです。
前衛的で何を意味しているのかよくわかりませんが・・・・・。



これが一応、この美術館の玄関なのだろうと思います。
中にあるのは、文字通り “親指” です。

フランスのセザールという方の作品で、高さは308cmあります。
作者自身の右手親指の型をとって、指紋や皺にいたるまで忠実に再現したものなのだそうです。







駐車場からも見えていたのですが、ここにはたくさんの動物の像もあります。
このシマウマ、駐車場からはシマウマの群れに見えたのですが、ここで見ると足も首もありませんね。、



これは、“Wind Dancer” といい、少女のスカートは風向きによって方向が変わります。



これはバレーのレッスンをしているのでしょう。
私たちの前にいたおばさんが、横で同じ格好をして写真を撮っていました。(笑)

坂道を上って行くと、こんなのがあります。







白いポールの上に立っているのは、“愛のモニュメント” といいます。
手前の家族の像は直接には関係がないのだと思うけど、なんとなくマッチしていますね。



中央にある黄色いクレーンみたいなものは、“星のコンパス” といって、緻密に計算されていて、わずかな風を受けて回転します。

この美術館には、このような “巨大な動くもの” が結構あるようです。







一番下の赤いのは、直径2mを超す円筒と、それを切断した28個のパーツを複雑に組み合わせていて、重さが36トンにも及ぶそうです。



これは朽ち果てた巨大な樹木の残骸に見えますが・・・・・・。





背景にお城のようなものが見えますね。

これは、“ビーナスの城” といい、「ミロのビーナス」 など8体の大理石像(模刻)が展示されているそうですが、この雨の中、そこまで行く余裕がありませんでした。







この辺だと、形があるので我々素人にもなんとなくわかりますね!(汗)

いよいよ雨脚がひどくなってきたので、諦めて退散することにしました。
この間、15分か20分かな?

広大な美術館のごくわずかしか見ていません。
1000円の入場券の、多分300円分くらいしか見なかったのではないかと思います。(;^_^A

この日は松本市内の宿泊でしたから、ビーナスラインを下り、長野自動車道の岡谷ICから高速に乗るルートを辿りました。

ビーナスラインを下るとき、先が見えないくらいの豪雨に見舞われました。
後日ニュースを見ると、この日は全国各地で、ゲリラ豪雨による大変な被害が出た日でした。

この程度で済んだから、良かったのかもしれません。




道の駅富士吉田

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅なるさわ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅こぶちざわ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅常陸大宮

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅たまつくり

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅水の郷さわら

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅とみうら枇杷倶楽部

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅どまんなか たぬま

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅もてぎ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅うつのみやろまんちっく村

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅ふじおか

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅川場田園プラザ

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

道の駅みなかみ水紀行館

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)