閉じる


試し読みできます

超人気作家高木慎哉といえば…

天は見てる!

そこからこの物語ははじまる!

どう書けばいいだろう?

とか、

どう描いていけばいい作品になるだろう?

と考えなら書いていきます!

こう思ってほしい。

こういう風に捉えてほしい!

という気持ちはたくさんあります。

しかし、そんな中で、常に世界最高の作品を描きたいです!

夢は、ノーベル文学賞!

そんな淳多高大の生涯を描きます!

 

高大は仙台で生まれた。

父親は、大工をしていて、母親は国語の教師をしていた。

五人家族で幸せに育った。

三人兄妹の末っ子で、長男と長女がいた。

長男の名前は、拓也で、長女の名前は、潤子といった。

それぞれ個性は違ったが、兄妹の仲はよかった。

拓也は真っ直ぐで非常に堅い性格だった。

曲がった事が大嫌いで、正義感が強かった。

よく友達から、警官、警官と言われていた。

潤子はお淑やかで、凄い淑女という感じだった。

人には優しく、気立ての効くお姉さんという感じだった。

とても高大に優しく、仲もよかった。

そして、主人公の高大は、理想が高かった。

誰よりも高い理想を持っていて、よく頭が宙を彷徨っていた。

それでも、しっかりした性格で、よく友達から頼られていた。

 

そして、高大は大人になった。

大人になった高大は、ある新聞社で働く事になった。

徹夜は当たり前の厳しい職場だった。

それでも、高大は真面目に働いた。

それで、突如会社から、本社の東京に行くように言われ、東京勤務になった。

初めて行く、東京だった。

高大の中で、凄く東京はこうというイメージがあった。

「日本の首都だ!

きっと凄い所だ!」

と思っていた。

しかし、実際に東京で働くと、困難だらけだった。

一つ進めば、一つ戻る。一つ進めば、一つ戻る。

その繰り返しだった。

しかし、そんな中でも、高大は頑張った。

今はとにかく仕事に集中したかった。

そんな高大もチャンスが巡ってきた。

編集長にならないかと、声を掛けられた。

高大は、二つ返事で、やると言った。

自分に巡ってきた絶好のチャンス!

何としても生かしたいと思った。

そして、なんと高大に部下がつくようになった。

高大30歳の春だった。

新しく入った新入社員が、高大の秘書としてついた。

名は、幸田美由貴といった。

とても美人だったが、どこか頼りなかった。

しかし、どこか芯の通った綺麗さがあった。

これからは、二人で頑張っていくようにと、上から言われた!

さてさて、どうなる事やらと、高大は気を揉んで、気が気でなかった!!!


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格99円(税込)

読者登録

高木慎哉さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について