閉じる


試し読みできます

もくじ

テニスボールで直ぐに!腰痛改善

 

【もくじ】

 

 

●まえがき

 

●実践方法


試し読みできます

まえがき

テニスボールでカンタン腰痛改善

 

【まえがき】

 

腰痛の原因はズバリ、血液循環が悪いからである。

腰部の血流が悪くなり、痛みが生じる。

血流が悪いまま放置するから、軟骨が飛び出しヘルニアに、脊椎管が狭くなり脊椎管狭窄症になる。

いずれも原因は血流が悪いためである。

そのために腰が痛い、脚が痺れる、便が異常になるなど様々な症状を呈することになる。

 

血流が悪いから筋肉部分が硬くなったり、老廃物を運び去り酸素や栄養素を送り込むことが出来なくなり、正常な働きが成されないために、痛みなどの症状が出るのである。

 

これまでLTF療法では、足指を始め、フクラハギ、太もも等を揉むことで血流を促し腰痛を改善してきた。

また、アルティメットチューブにより体幹やフクラハギ、太もも等の血流を良くすることでも大きな成果を上げて来た。

最近では筋肉ポンプ療法でも改善できる。

今でも、これらの方法で改善している人達も多い。たしかにそれらの療法も面白い。

だが、もっとカンタンに誰もが改善できる方法を試行錯誤していた。

 

 

 

身体に生じる様々な痛みや症状を取り去るのに股関節が大きなポイントになっていることは、これまでにも既に把握してきている。

股関節は最大の関節であり、敏感に身体のあらゆの異変を感じ取る部位でもある。

だから股関節の血流を促すだけで、多くの症状が消えてしまうことも珍しくない。

 

だが、人によっては指導して自分で揉んでもらっても股関節の血流を上手く流せない場合もあるようだ。

私自身も小皿療法で股関節の血流を良くしていた。

だが、なかなかしっかり揉み込むことが出来ていないのである。

自分で実践するには、もっと「カンタン」に、しかも「強力」に実践できないものかと考えた。

 

出来たのがテニスボールを使って行う方法である。

一分も有れば効いてしまうほど強力な効果である。

やり過ぎに注意が要るほどだ。 

 

腰痛、坐骨神経痛、そして股関節痛の諸悪の原因は股関節が大きな要因である。

特に股関節に異常を感じていなくても、実践すれば、「良くなかったんだ!」と殆どの人が実感してしまう。

症状があるならば尚更強く感じるのである。

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

原田 秀康さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について