閉じる


<<最初から読む

14 / 38ページ

 時間が経つに連れ、血の臭いが部屋中に充満し、不快な気分になる。とても耐えきれず、外に避難しようと扉に近づいた時、祖父がぬっと姿を現した。

「どこいくつもりだ、座れ」

 渋々私が席についたのを見計らい、祖父は手に持ったぼろぼろの書物を開き、家族皆に言い聞かせるようにつぶやき始めた。

「追川の森、之もし何かしらの凶事あれば、必ずや森の口に鮮血流るなり。然るに、番頭の者、その血を以て一族皆喉を潤すべし。さすれば皆獣の如き様態なりて互 いに喰らい合わんとす。しかるに一族の内一人斃れたる者、森の口に捧げるべし。さすれば災い去りぬ、もし之儀果たさざれば、追川の姫封ずる場より出でて、 一族皆喰らわぬなり」

「つ、つまりどういうことなんですか」

 父が恐る恐る尋ねる。私の前では威張り散らす癖に、祖父の前ではこの調子だ。

「森に血が流れているのは、凶事の予兆やっちゅうことだ。このままほうっておけば、『追川の姫』なる亡者が現れ、我々を皆喰い殺す」


「そ、それは迷信でしょう・・・?」

「馬鹿もんが!」

 祖父は母の言葉を怒鳴り声で打ち消した。

「今まで何百年と続けてきた森の口への供えもの、お前はそんな生半可な気持ちで続けていたのか!? ええ!? ならこの度の凶事、お前の仕業ということになるぞ!」

「い、いえ! 違います!」

「誠か!」

「はい、断じて! 余計な口を挟んでしまって、申し訳ありません・・・」

 祖父の剣幕に押され、母は頭を低くした。この人は祖父と父、両方の言いなりだ。親戚筋から嫁に行けと言われてやってきた、自分の意志のない人なのだ。祖父か父に媚びへつらい、彼らに命じられれば私を平気で殴ることすらある。

「実を言うと、この凶事が起きるのは随分前から分かっておった」

 祖父が再び話し始める。

「これが起きるのには前触れがあってな・・・」

 女だ、と言って祖父は私を指さした。


「この娘がその、凶事を運んできたってことですか」

「そう、まあ疫病神みたいなものだ」

「なんだ、性格も素直じゃない、けったいな奴だったのはそういうわけか」

 家族の暴言に、私はじっと耐えた。酷い、いくらなんでもあんまりだ。

「しかし、この凶事を防ぐにはどうすれば・・・」

「これを飲め」と、祖父はちゃぶ台の上の桶を指さす。

「この血を飲むと、わしらは獣の如き残忍な本性を剥き出しにする。

 

 その結果、犠牲となった者の亡骸をあの地に捧げれば凶事を避けられる」

 血を飲む・・・?

 犠牲、亡骸・・・?

 この人は何を言っているんだ?

「誰か一人が生け贄になれば、家は助かるんですね」

「その通り。儀式を司る者達がこの血を飲んで、一族の誰かを殺せばいい。以前も行ったゆえ、手はずはわかっとる」

 以前って・・・。

 その言葉に、身体が自然と震える。


「60年前、わしは十五になる妹を殺した。今日のように森の口に血だまりが現れてな。父の言うことに従ってこの血を飲むと、たちまち罪悪感が消えた。そして覚悟を決めたあやつを、鉈でばっさりと斬り殺してやった」

 家に忠実な娘だったと、祖父はしれっと語ってみせた。

 そんな・・・。

 それじゃあ、人殺しじゃない!?

「それだったら話は早い」

 父は一切躊躇を見せることなく、右手を桶に突っ込み、中の液体を掬いとって、一気に飲み干した。

「家が助かるのなら・・・」

 それに続き、母も右手を血に染め、自身の口に注いだ。さすがに飲み終わった後、その味に対して不快そうな表情を一瞬浮かべはしたが、すぐに晴れ晴れとした顔になった。

「ああ、何だか身体の中が熱くなってきたぞ」

「本当、誰かを傷つけたくって仕方がないわ」

 意気揚々と語る二人を見て、祖父が珍しく微笑んだ。

「準備はできたな」


 両親が私を見つめる。父の表情はにやけこそしているが、先ほどとは打って変わって目が異常なまでに血走っていた。

 母の方も、普段の臆病さが嘘のように消え、殺意に満ちた笑顔を浮かべている。

「代々生け贄は、生娘と決まっておってな」

「ガアッ!」

 右腕を掴もうとした父の手を払い、血の入った桶を叩き飛ばして私は外へ逃げ出した。

 冗談じゃない!

 誰のものか分からない血を飲んで、おまけに娘を殺すだなんて!

 前々から思っていたけど、やっぱりこの家は狂ってる!


「助けて! 誰か助けてえ!」

 民家を見つける度に必死で叫ぶが、誰も応えてくれない。窓に灯りが点っている家さえあるのに、関わろうとしない。
皆、私を見捨てるつもりだ。

 私は藁にすがる思いで、担任の杉浦先生の家へと走った。



読者登録

エンジンさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について