閉じる


ご挨拶

皆様、新年あけましておめでとうございます。2013年の6月に月刊誌としてスタート致しました、この映画レビュー集。その間には、7年使い倒した愛機、Macパソコンが天寿を全うしたり、はたまた、自分自身が3度目の全身麻酔の手術を受けたりという、紆余曲折もありつつ、なんとか足掛け三年目に突入致しました。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

さて、昨年11月、舞台製作を教えておられる大学講師の先生と、偶然の出会いがあり、知己を得る事ができました。運命の悪戯でしょうか、その折に、私がかつて歌っておりました、オリジナルソングを、プロフェッショナルが使う機材で録音する、という貴重な体験をいたしました。

その時の音源を元に動画を制作。人生初のYouTubeアップロードデビューをいたしました。

「愛のフラストレーション」天見谷行人

曲は僕の青春時代に作った失恋ソングでございます。こんな拙い映画レビュー集を根気強くご愛読いただいている皆様へ感謝を込めて。ささやかな、かつ、厚かましいニューイヤープレゼントとさせていただきます。

惚れたハレタを自由に歌える時代の日本に生きていることに感慨を込めつつ……。

天見谷行人

 


« 前の章