閉じる


<<最初から読む

12 / 14ページ

試し読みできます

にんにくラーメン

にんにくラーメン

 昼食にラーメンを食べに行く。
半年に一度食べに行く、パワフルな味わい
だった。

 年末から正月にかけて休みを取る、友人が
帰省してきたので、彼といつも行くラーメン
屋に食べに行った。
 なんでも、彼の仕事先の地域には、この類
の味わいのラーメンがないらしく、帰省した
時には必ず食べに行っている。

 店に到着してみると、お昼どきなのでかな
り混雑していた。冬休みだからだろう、子供
連れの家族が多く、30分くらいはしっかりと
待たなければならなかった。
 幸いなことに、店舗の中に待合スペースが
しっかりと作られていて、すぐに温かい所で
待つことが出来るようになった。それでも、
暫くの間は外で待つ時間もあって、この店の
根強い人気が伺える。

 席に案内されて、注文するのはいつものメ
ニュー。この店の基本の味付けのラーメンに、
今日は豚バラチャーシューをトッピングして
頼んだ。
 頼んでからはそれほど時間は掛からない、
ものの二三分で注文したラーメンがやってき
た。

 この店のラーメンの特徴は、たっぷりの白
菜と豚肉を炒めた具が、麺の上一面に乗って
いるところ。それと、ニンニクと相性抜群の
スープだろう。
 まず一口はそのまま食べる、その味を確か
めておいてから、テーブルに常備されている
刻みニンニクを匙で二三杯しっかりと放り込
む。

 しっかりとニンニクとスープをなじませて
からが本番、一気にパワーアップしたスープ
の匂いと味わいを、体全体で楽しむ。
 今日は昼間だったので、普段なら大盛りを
頼むところを並で済ませておいたので、ニン
ニクたっぷりのスープも全て飲み干した。
最後のニンニクがトゴっている部分は、一口
一口口の中が殴られるような衝撃。

 今年も無事に彼が帰ってこれて、一緒にこ
のラーメンを食べることが出来て、本当に良
かったと思います。

ーーーーー


12
最終更新日 : 2014-12-31 20:39:37

試し読みできます

年越しそば

年越しそば

 夕食ににしんそばを食べる。
今年一年を締めくくるにふさわしい、しみじ
みとした味わいの一品だった。

 今年も残すところ後わずか、振り返って見
るとあんまり良いことのなかった一年だった。
 いいことがなくても、とりあえず食べるも
のは何を食べても大抵美味しく食べることが
出来たので、その点はとても幸せだった。

 365日、毎日三食食べていると、強く印象に
残っている食べ物というものは、正直あまり
ないものだ。
 そんな中で思い出深いのは、10月頃に食べ
た鮒寿司だろうか。

 確か研修先で、試食させてもらうことが出来、
一切れだけ食べたのだったと思う。
 口に入れた途端に、悶絶するほど臭いのか
と思っていたのだが、意外に平気だった。
匂いを抑えるように製造しているとのことだ
ったけれど、初めて食べても大丈夫だとは思
わなかった。

 あとは、一年を通して食べ続けた、壬生菜
の漬物だろうか。
 ついこの間まで、冷凍してあった古漬けを
食べていたので、今食べている新漬けと期間
が重なっていて、本当に一年中食べていた。
 どんなに食べても食べ飽きることがない、
自分にとって本当に美味しいものは、漬物と
ご飯なんだなと、しっかりと確認できた。

 今年の年越しそばは、にしんそば。
しっかりと煮込まれたニシンは、その身の芯
まで味が染み込んでいて、そばつゆの味を抑
えこむ程。
 煮込みが効いているので、小骨も全く口に
嫌味を与えることが無かった。
出来合いの物ではあったけれど、美味しい
ニシンだったと思う。

 多分、今年の食事はこれでおしまい、
おやつを年が明けるまでに食べなければ。
 今年一年、美味しくものを食べることが出
来たことを感謝するとともに、来年も美味しく
食事が出来ますことを祈ります。

 皆さん良いお年を。

ーーーーー


13
最終更新日 : 2014-12-31 20:39:37

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について