閉じる


<<最初から読む

9 / 14ページ

試し読みできます

塩ラーメン

塩ラーメン

 先日、夜中にラーメンを食べる。
日付が変わるくらいに食べたけど、スッキリ
した美味しさだった。

 年末といえば忘年会、今年一年無事では無
くても、なんとか過ごすことが出来たことを
皆で飲んで確認し合った。
 一次会はいつもと同じお好み焼き屋、乾杯
はとりあえずビールでというのが一般的かも
しれないが、あまりにも寒いので、最初から
熱燗で始めてしまった。

 皆それぞれに注文して、お好み焼きやたこ
焼きをメインに、鉄板焼き料理の数々を肴に
熱燗をちびちびと。
 たいして酒に強くもないが、決して酒が嫌
いではないということが、最近になってわ
かってきた。

 仕事のことやら家族のことやらで盛り上が
り、楽しく一次会は終了した。
 しかし、皆まだ少し物足りないのか、会の
最中に話題に上がった塩ラーメンの美味しい
店に行くこととなった。
 幸いメンバーの中には、複数人の飲まない
人がいてくれたので、車に乗りあわせてお店
へ。

 普段から混んでいると聞いていたので、
ひょっとすると入ることが出来なくて帰るこ
とになるかも…。などというのは杞憂に終わ
り、それほど待つこともなく席に案内された。
 まあ、平日の夜中になれば、それなりに空
いてはいるものだろうけれど。

 初めて入るお店なので、まずは一番基本で
お店を代表するメニューを食べることにする。
このお店では天然の塩を使ったと書かれた塩
ラーメンがメニューの一番上にあった。
 メニューには、塩ラーメンにはゆずが使わ
れていると書かれていて、ゆず抜きやゆず別
皿盛もあるとのこと。
 初めてなので、何の細工もせずにメニュー
通りのものを食べることにした。

 ひとくち食べて、美味しい。
何で出汁を採ったのかまではわからないけれ
ど、しっかりとした味があって、しかし、
けっしてしつこくない味わい。
 スープの色も澄んでいる。
アク取りなどを丁寧に行われているのかもし
れない。
散々食べて飲んだあとなので、麺を大盛りに
はしなかったが、スープも残らず飲み干す位
美味しかった。

 ただ、メニューに書いてあるほどには、ゆ
ずが強くなかった。
 もっとぷんぷんとゆずの香りが鼻から抜け
るのかと思っていたので、正直拍子抜けして
しまった。
別皿で頼んだ人の皿を見ても、やはりゆずは
少なかった。

 テーブルに柚子胡椒でもあると、また違う
楽しみが出来そうなお店でした。
 味は抜群に美味しかったです。

ーーーーー


9
最終更新日 : 2014-12-31 20:39:37

試し読みできます

イカフライ

イカフライ

 おやつにイカフライを食べる。
ザクザクとした食感が楽しい一品だった。

 イカフライと言っても、ご飯のおかずにす
るような、イカリングやゲソのフライではな
い。
お店に行ったらおやつやおつまみのコーナー
に置いてあるような、乾き物の方。
 今日食べたものはスティック状に仕上げら
れたもので、一口サイズで食べやすかった。

 イカフライ、イカの姿を模したものにして
も、今日のようなスティック状のものにして
も、一体どこまでがイカで出来ているのか?
 衣に包まれた茶色い部分が、多分イカなの
だろうけれど、それが占める比率はあまりに
も少ない。
ほとんどが衣で出来ているので、結局は小麦
粉がメインの食べ物なのだろうなと思う。
 大体食感が、ザクザクバリバリと言った感
じで、全くイカらしさを感じることが出来な
い。

 イカリングやゲソ天などから想像したら、
抵抗感の強い歯ごたえを考えてしまうが、あ
まりにも違いすぎる。
 生のイカを買ってきて、薄切りにして揚げ
てみたら、こんな風な煎餅状の食感になるの
かもしれない。

 おつまみのイカフライの美味しさは、イカ
が入っているのかよくわからないくらいの、
イカの比率が美味しさの決め手なのかなと思
いました。

ーーーーー


10
最終更新日 : 2014-12-31 20:39:37

試し読みできます

コーンポタージュ

コーンポタージュ

 昼食にコーンポタージュを食べる。
とろりとしたコクの有る一品だった。

 少し過ぎてしまったが、今日は家族の誕生
会を行った。一年無事に過ごしてくれて、あ
りがたく思う。
 誕生会なので、昼間から普段とは違ったご
ちそう感が楽しめた。

 テーブルに並べられたメニューは洋食中心、
エビフライをメインとして、その他揚げ物が
大皿にズラリと揃った景色は、ハレの日とい
う意識を高める。
 そのメニューのスープとして、コーンポ
タージュがあった。

 焼いたり茹でたりして食べるとうもろこし
からは、まったく想像できないトロリなめら
かな口当たり。
しかし、ところどころ粒がそのまま残ってい
て、とうもろこしであるということを思い出
させる。

 今日食べた物は、多分紙パックで売られて
いるものだろう。こんな真冬に、ポタージュ
を作るほどのとうもろこしが手に入ることは、
まあないだろうから。
 とうもろこしを常食や主食としている国な
らば、乾燥させたとうもろこしが手に入りや
すいだろうが、日本ではとうもろこしは夏が
旬。他の季節にはあまり見かけない、見かけ
ても、割高だろうし。

 そういえば、コーンポタージュが自分の家
で、とうもろこしから作られたところを見た
ことがない。
 どうやって作られるのか、長い間食べてい
るのに全くわからないというのも、いい加減
なものだなと思ってしまいました。

ーーーーー


11
最終更新日 : 2014-12-31 20:39:37

試し読みできます

にんにくラーメン

にんにくラーメン

 昼食にラーメンを食べに行く。
半年に一度食べに行く、パワフルな味わい
だった。

 年末から正月にかけて休みを取る、友人が
帰省してきたので、彼といつも行くラーメン
屋に食べに行った。
 なんでも、彼の仕事先の地域には、この類
の味わいのラーメンがないらしく、帰省した
時には必ず食べに行っている。

 店に到着してみると、お昼どきなのでかな
り混雑していた。冬休みだからだろう、子供
連れの家族が多く、30分くらいはしっかりと
待たなければならなかった。
 幸いなことに、店舗の中に待合スペースが
しっかりと作られていて、すぐに温かい所で
待つことが出来るようになった。それでも、
暫くの間は外で待つ時間もあって、この店の
根強い人気が伺える。

 席に案内されて、注文するのはいつものメ
ニュー。この店の基本の味付けのラーメンに、
今日は豚バラチャーシューをトッピングして
頼んだ。
 頼んでからはそれほど時間は掛からない、
ものの二三分で注文したラーメンがやってき
た。

 この店のラーメンの特徴は、たっぷりの白
菜と豚肉を炒めた具が、麺の上一面に乗って
いるところ。それと、ニンニクと相性抜群の
スープだろう。
 まず一口はそのまま食べる、その味を確か
めておいてから、テーブルに常備されている
刻みニンニクを匙で二三杯しっかりと放り込
む。

 しっかりとニンニクとスープをなじませて
からが本番、一気にパワーアップしたスープ
の匂いと味わいを、体全体で楽しむ。
 今日は昼間だったので、普段なら大盛りを
頼むところを並で済ませておいたので、ニン
ニクたっぷりのスープも全て飲み干した。
最後のニンニクがトゴっている部分は、一口
一口口の中が殴られるような衝撃。

 今年も無事に彼が帰ってこれて、一緒にこ
のラーメンを食べることが出来て、本当に良
かったと思います。

ーーーーー


12
最終更新日 : 2014-12-31 20:39:37

試し読みできます

年越しそば

年越しそば

 夕食ににしんそばを食べる。
今年一年を締めくくるにふさわしい、しみじ
みとした味わいの一品だった。

 今年も残すところ後わずか、振り返って見
るとあんまり良いことのなかった一年だった。
 いいことがなくても、とりあえず食べるも
のは何を食べても大抵美味しく食べることが
出来たので、その点はとても幸せだった。

 365日、毎日三食食べていると、強く印象に
残っている食べ物というものは、正直あまり
ないものだ。
 そんな中で思い出深いのは、10月頃に食べ
た鮒寿司だろうか。

 確か研修先で、試食させてもらうことが出来、
一切れだけ食べたのだったと思う。
 口に入れた途端に、悶絶するほど臭いのか
と思っていたのだが、意外に平気だった。
匂いを抑えるように製造しているとのことだ
ったけれど、初めて食べても大丈夫だとは思
わなかった。

 あとは、一年を通して食べ続けた、壬生菜
の漬物だろうか。
 ついこの間まで、冷凍してあった古漬けを
食べていたので、今食べている新漬けと期間
が重なっていて、本当に一年中食べていた。
 どんなに食べても食べ飽きることがない、
自分にとって本当に美味しいものは、漬物と
ご飯なんだなと、しっかりと確認できた。

 今年の年越しそばは、にしんそば。
しっかりと煮込まれたニシンは、その身の芯
まで味が染み込んでいて、そばつゆの味を抑
えこむ程。
 煮込みが効いているので、小骨も全く口に
嫌味を与えることが無かった。
出来合いの物ではあったけれど、美味しい
ニシンだったと思う。

 多分、今年の食事はこれでおしまい、
おやつを年が明けるまでに食べなければ。
 今年一年、美味しくものを食べることが出
来たことを感謝するとともに、来年も美味しく
食事が出来ますことを祈ります。

 皆さん良いお年を。

ーーーーー


13
最終更新日 : 2014-12-31 20:39:37

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について