閉じる


試し読みできます

真夜中の女神-1

 

取扱店の少ないタール1㎜の細くて長いメンソールのタバコを頼まれた時に買って届ける事、月に数回発行される恐い大人達を特集した雑誌を発売日に調達して届ける事、一月の休日の内の数回は"大蛇"の愛車を洗車する事など、肩揉み以外にも役目が増えた"小鳥"は、

「 すっかり"大蛇"さんの若い衆だなぁ・・」

"大蛇"宅に寄り集まる客人達にまで知られる存在になっていた。

そんな"小鳥"に"大蛇"は自らが保有する時計や水晶のアクセサリーを譲り与え、それを喜んで身に付ける"小鳥"は更に賢明に尽くす日々を送るだけだった。
 
しかしそんな時、

「 甲府駅からちょっと南に行ったトコに"影"っていう良い店があるだわ、イヒヒィ・・」

"山野"という男は実に絶妙なタイミングで連絡をして来るものである。

だいぶ間が空いていた事で懐かしさすら感じた"小鳥"は、その店に興味が沸いた事も手伝ってその誘いを受けると、

「 今日はコレだな・・」

最上級のジャージに着替えて意気揚々に繰り出した。

ほぼ満席の店内で何とかトイレ脇のボックスに座ると女の子が二人付き、

「 イヒヒィ~、久しぶりじゃんねぇ? 今日はちゃんと持ってるから大丈夫だっちことぉ、イヒヒヒィ~」

"小鳥"の不安に先手を打つ"山野"は流石だった。

「 おつかれっす 」

「 おぉ、おつかれぇ、イヒヒィ~」

"小鳥"の隣に座る女が ドリンクおねだりの機を探り、

「 ねぇ?」

と言えば、左手の平で"山野"に誘導して、

" いやしき仲にも礼儀あり "

不安定な割り勘を心配する場であっても、主導権は先輩である"山野"に委ねる。

「 イヒヒヒィ~、なんでぇ飲みたいだけぇ?」

小さな小さな世界の片隅で、

" Yes "

と言ったらお気に入り。

" No "

と言ったらラフランス。

何の意味も無い様な会話のキャッチボールの末に"山野"が下した判決は、

「 飲めし 」

良好なスタートを切る事に成功した隣の女は距離をぐっと縮めて座り直し、"山野"も横の女と二人だけで盛り上がる。

それなりに楽しい時間が流れた。

まだ終わりそうもない雰囲気の中、息継ぎでもするかの様にカウンターに視線を回す"小鳥"。

( ん?)

するとそこには不思議な光景があった。
 
 

試し読みできます

真夜中の女神-2

 

こちらに背を向ける形で飲んでいるスーツ姿の中年男の右横には、映える赤のワンピースを着た女が付いていて、それはそれで別段不思議な事では無い。しかしその中年男の右手は、

( ん?なるほどお尻をスリスリねぇ・・ ってオイッ!)

その女のケツをまるで舐め回す様にさすっているではないか。

大胆なその手に悪びれた様子は無く、その女からも抵抗の兆しすら感じられず、そんな事態はこの店内、カウンターの中にいる金髪坊主の女以外なら誰からも見えるはずである。

・・・
 
どれくらいの放心だったのか、

「 ねぇ、ちょっとぉ~」

隣の女がせっついて来る。

「 ん?」

「 ワタシじゃつまらないの?」

「 い、いやいや・・」

まだまだじっと見守りたい衝動を抑えて隣の女に視線を戻す。

「 ねぇ、もう一杯いただい 「 どうぞどうぞ 」

思わずいやしき仲の礼儀から外れてドリンクのおかわりを認める。

すっと席を立った隣の女がカウンターに入って行くのを見送りつつ、その目は中年スーツの右手に吸い寄せられる。

相変わらずの光景に、

( 何なんだ一体・・)

とその時、カウンターからドリンクを持って戻ろうとする隣の女に中年スーツが手招きをした。

それに気付いた隣の女は歩み寄り、

( あっ!)

両手に花ならぬ両手に尻。

中年スーツの左手はそのケツをもいやらしく撫でる。

角度を変えた時に見えた顔は決して美男子ではない。

( 何でだよ!)

憤りを覚えた"小鳥"は視線を外してグラスを一気に飲み干し、そしてタバコに手を伸ばした。

隣の女が戻り、横から火を差し出す。

「 あのさぁ・・」

「 なぁに?」

「 あのおっさんは一体なんでぇ?」

「 えっ?」

「 さっきから女の子のケツを触ってさ「 しっ!」

ボックスからはみ出しそうな"小鳥"の言葉を、隣の女は人差し指でさえぎり、

「 あの人はね・・」

顔を近付け小さな声でささやいた。
 
 

試し読みできます

奥付


 
  著者 : k.kaminari
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/gethope/profile

 
k.kの小説はコチラから ↓ ↓ ↓
人生とは  1巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/59409/read
人生とは   2巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/61178/read
人生とは   3巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/62939/read
人生とは   4巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/65155/read
人生とは   5巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/69837/read
人生とは   6巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/89048/read
人生とは   7巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/89857/read
人生とは   8巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/90325/read
人生とは   9巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/90887/read
人生とは  10巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/91632/read
人生とは  11巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/92426/read
人生とは  12巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/92972/read
人生とは  13巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/93002/read
人生とは  14巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/98096/read
人生とは  15巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100291/read
人生とは  16巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100351/read
人生とは  17巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100381/read
人生とは  18巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100486/read
人生とは  19巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100543/read
人生とは  20巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/100846/read
人生とは  21巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/113873/read
人生とは  22巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/113916/read
人生とは  23巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114010/read
人生とは  24巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114116/read
人生とは  25巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114440/read
人生とは  26巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114593/read
人生とは  27巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/114768/read
人生とは  28巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/115021/read
人生とは  29巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/115115/read
人生とは  30巻 ⇔ http://p.booklog.jp/book/121727/read
 
人生とは   1章 ⇔ http://p.booklog.jp/book/112348/read
人生とは   2章 ⇔ http://p.booklog.jp/book/113331/read
人生とは   3章 ⇔ 
 
 
k.kの詩作品はコチラから ↓ ↓ ↓
歩道         ⇔ http://p.booklog.jp/book/100563/read
コンシステンシー  ⇔ http://p.booklog.jp/book/100598/read
孤独のしるべ      ⇔ http://p.booklog.jp/book/100766/read
イーストヘッド      ⇔ http://p.booklog.jp/book/110530/read
voice              ⇔ http://p.booklog.jp/book/110668/read
カミナリ興し       ⇔ http://p.booklog.jp/book/112008/read
 
 

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/59409

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/59409



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 

 

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格10円(税込)
人生とは 10巻 』 を購入した方は 50円(税込)

読者登録

k.kさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について