閉じる


<<最初から読む

9 / 13ページ

 (どうだ。傷つけられるといたいだろう。傷はいたい。からだにできても。こころにできても)

 

 ネコはネコのことばでそう言った。

 

 ネコに飛びかかられた子どもたちは、傷や血を見て、からかう気がうせたのか、公園から出て行った。

 

 残った子どもはまたネコを抱き上げた。
 悲しそうな顔をしていた。

 

 ネコは、とびかかったことがよかったのか、悪かったのか、わからなかった。

 でも、ネコはネコなりにネコの気持ちをあらわしたつもりだった。


10

 数日後、おとながふたりほどやって来て、ネコをつかまえた。
 おとなはこわい顔をして、ネコに言った。

 

 ―きたないネコだな。おまえか。子どもたちをひっかいてけがをさせたネコは。

 

 ネコは子どもを傷つけたネコだというので、おとなにつかまった。
 ネコは手足をしばられ口もしばられ、小さな檻に入れられて車に乗せられた。

 

 そこへ、あの子どもがやって来た。
 連れて行かれようとするネコを見て、おどろいたようすでかけよってきた。

 

―ネコはわるくないんだよ、かんべんしてあげて。お願いだよ。

 

 子どもは、おとなにいっしょうけんめいせつめいをした。


 けれども、おとなは、子どもの話には耳をかたむけようともせず、首を横にふるばかりだった。

 子どもは、せめてネコをもういちどだけさわらせてくれと、おとなにたのんだ。

 


11

 おとなはしぶしぶ、少しだけだよ、と言って、子どもがネコにさわるのを、しょうちした。

 

 ネコはどうしてここまで、この子どもが自分のような老いぼれたきたないのらネコに心をよせてくれるの

かわからなかった。

 

 子どもは泣きながら、檻の中のネコに手をのばして、ほおをなでたあと、自分のほおをよせた。

 鉄格子のあたる場所は少々固いし、またしてもしょっぱいほおずりだったが、子どものほっぺたは、あた

たかかった。
 子どもの涙もあたたかかった。

 

 ネコは、しばられた口のすきまから何とか声を出して、子どもにきいてみた。

 

(どうして、泣くんだ)


12

 子どもは答えた。

 

「ぼくたちは、友だちだから」

 

(友だち? おれたちは友だちなのか?)

 

 子どもは、大きくうなずいた。

 

 ネコは子どもがきらいだった。

 

 けれど、

 

(友だちならば、好きになれるかもしれない)

 

 そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ネコは子どもがきらいだった」fin.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


奥付

 

ネコは子どもがきらいだった


http://p.booklog.jp/book/92416


著者 : mio
 
制作:fairyringstudio
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/fairyringstudio/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/92416

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/92416



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 


この本の内容は以上です。


読者登録

mioさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について