閉じる


<<最初から読む

4 / 13ページ

 あるとき、ネコは、数人の子どもが、ひとりの子どもを、取り囲んでいるのを見かけた。


 取り囲まれた子どもは、じっと下をむいて歯を食いしばっていた。

 取り囲んだ子どもたちは、大声ではやしたてたり、ばかにしたような笑い声をあげたりしていた。

 

 子どもどうしのもめごとか、とネコは思った。
 めんどうなことにネコは関わりたくなかったし、きらいな子どもが何をしようが関係ないので、しげみの

中で、見て見ぬふりをしていた。

 

 しばらくして、はやしたてる声がやみ、静かになったので顔を上げてみると、さっき取り囲まれていた子

どもが、ひとりになって、しくしくと泣いていた。

 


 ネコは、だまれ、とおどかすつもりで、子どもに近づいていった。

 

 すると、子どもはネコを抱き上げて、ほおずりをした。
 

 子どもは泣きながら、何度もネコの、かたいざらざらのほほやひたいに、自分のやわらかいほっぺをすり

よせてきて、ネコを、胸の中にくるむようにして抱きしめた。

 

 しょっぱいほおずりだったが、抱きしめ方は、ネコがつぶれないていどに、ちょうどいいかげんだった。

 

 こんなにほおずりされて抱きしめられたのは、ネコはうまれてはじめてのことだった。

 


 それからは、毎日のように、その子どもは公園に来て、ネコにえさをくれた。

 

(どうせ気まぐれさ。すぐにあきるだろう)

 

 ネコはそう思った。

 

 でもえさをくれるのはありがたかった。
 ネコは、年老いていたので、えさを手にいれるのは、かんたんではなかったからだ。

 

 子どもはネコに会いに来るたびに、長いのら生活でよごれたネコの顔やからだに、あいかわらずほおずり

をしたり、なでてくれたり、抱いてくれたりした。

 

 子どもはきらいだったが、なでてくれたり抱いてくれたりするのは、少し気持ちがよい気がした。

 


 ある日、いつものように子どもが公園に来てネコをだっこしていると、前に子どもを取り囲んでいた子どもたちがやってきた。

 子どもはまた取り囲まれた。


 今度はネコもいっしょだった。

 ネコを抱きしめている子どもの手がふるえ、そのふるえを止めようとしてか、子どもの手に、力が入った。

 ネコは少し息苦しかったけれど、気まぐれでもえさをくれた子どもには、恩があると思ったので、じっとがまんしていた。

 

 ―なんだよ、きたないネコ
 ―おまえといっしょだ
 ―ほおりなげてみろよ
 ―そんなうすよごれたよぼよぼネコ
 ―おまえじゃなきゃさわれないな

 

 取り囲んでいた子どもたちは口々にそんなことを言いながら、高い声で笑い、子どもが肩にかけていたかばんを取り上げ、中身を、地面にぶちまけて、また笑った。

 


 ―ネコくさいかばんだ
 ―おまえもネコくさい
 ―おいぼれたネコ
 ―やくたたずネコ
 ―おまえもやくたたず

 

 だまって聞いていれば何ということだ。

 かかわるまいと思っていたが、ここまでばかにされたのでは、そうもいかないだろう、そうネコは判断した。

 

 手足を持てるかぎりの力で思い切りのばして、抱いてくれている子どもの腕の中か飛び出し、取り囲んでいる子どもたちにとびかかった。


 夢中でつめを立て、ひっかいた。

 ネコがとびかかってくると予想もしていなかったのか、子どもらは、あわてふためいてネコをふりはらい、地面にたたきつけた。

 そして、ネコにひっかかれた自分たちの傷から出る血を見ておどろいた。

 

 ―わあ、ひっかかれたよう
 ―いたいよ、いたいよ



読者登録

mioさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について