twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 作者 批評のロドリゲス出版
価格 40円(税込)
太宰治の『斜陽』 佐藤清文 クリエイティブコモンズ版 』 『 モラル・ジレンマで見るマイケル・サンデル --3分批評 佐藤清文 』 『 水村美苗の『日本語が亡びるとき』佐藤清文 』 『 吉本隆明論 クリエイティブコモンズ版 佐藤清文 』 『 わかりやすい伝え方 池上彰とバルガスリョサ 佐藤清文 』 『 チョコレート・カスタマイズ  作:马丁努斯 』 『 岡本太郎論 太陽の塔 佐藤清文 』 『 佐藤清文 村上春樹論集 』 『 高橋悠之輔作品集 谷川俊太郎「あなた」へ  』 『 デジタル技術時代の雑誌 佐藤清文 』 『 批評で英会話 』 『 佐藤清文 3分批評 』 『 スタニスラフスキー・システムとコンテクスト志向演技 佐藤清文 』 『 批評:生きられた超人 ニーチェ×長島茂雄 佐藤清文 』 『 救世主 山田三郎(仮) Part3 』 を購入した方は 30円(税込)
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

124 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
11ページ (PDF)
試し読み:1ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 ジェームズ・キャメロン監督の『AVATARアバター(Avatar)』(2009年)は映画を根本から変える可能性を秘めている。と言うのも、それは映画のリテラシーを再考することから始めているからである。従来の2D映画ではカメラのレンズは一本である。それを通してみると、対象との距離が失われ、奥行きのない平面と化す。「映像は坂道を現すのがとても下手です。カメラで坂を横から撮れれば傾斜がわかりますが、坂を正面から撮ると坂道には見えないのです。坂を見せようとすれば傾斜を誇張しなければなりません。望遠レンズで奥行きを圧縮したりして撮ることが多いようです。私たちがじっさいにそこにいる、という五感もそこにはありません」(小栗康平『映画を見る眼』)。3D撮影には、2Dで蓄積・形成されてきたこうしたリテラシーが十分に使えないため、衆知によって一から編み出さなければならない。その一つの成果がこの映画である。[ジャンル 批評]

この本には試し読みが 1 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

大相撲イラスト集!2019年3月場所豊山関応援イラスト・大阪場所・名古屋場所イラスト付きダイジェスト...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...

この本を開く

へんてこ地方の紙の野に、おっとり絵描きが住んでいました。名前はミオリ、色のないひと。(2018年1月...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

もっとみる