目次
まえがき
Overture (いかなる権威にも囚われない)
第1章
Battle of Words 1 (投資集団による国家統治)
Battle of Words 2 (国民は国家によって売られた)
Battle of Words 3 (すでに政治的選択肢など無い)
Battle of Words 4 (現出したオーウェル世界)
Battle of Words 5 (全体主義が最終調整される)
Oppress (小沢一郎の英雄的行為とは何だったのか)
第2章
Rogue Economics (我々は主権者ではない)
We are the Dead (人間精神はすでに滅んでいる)
Escape from Freedom (高らかなる棄民宣言)
Johnny Got His Gun (全ては政治的フィクション)
Known as Brainwashing (公共放送という洗脳機関)
Ashes to Ashes (独裁は知性を憎悪する)
Cyberpunk is Not Dead  (経済的動機による錯乱)
第3章
Plein Soleil (ナチ的観念操作に他ならない)
Yapoo, the human cattle  (公から私への富の移転)
canary in a coal mine (叛逆を卵の段階で削除する)
Welcome to the Desert of Real  (次世代の消失)
grotesque (構造的暴力を助長する醜悪)
Simulation 4th (孤立する知者たちへ)
Neo Fascio (いかにして認知は攪乱されるのか)
第4章
no alternative (全野党が自民党の衛星政党である)
Brain Machine Interface (言語破壊による意識収奪)
like a hard dog (すでに粛清は始まっている)
What Alice Found There (戦争が利潤機会なのだ)
Die letzten Tage (官吏が実証するアイヒマン理論)
Battle of Words 6 (在日はスケープゴートにされた)
Battle of Words 7 (終焉を迎えた二ホン国文明)
第5章
something to live for  (ネット言論もゴミ山である)
Kingdom Rush (金融緩和というインサイダー)
quiet life again  (すでに知的降伏状態なのだ)
Simulacra Postmodernism (米国主導の宣伝工作)
Shuffle (カタストロフは未来からの審問である)
News of the World (多国籍企業の利潤が第一)
Man the Hunted (われ反逆する、故にわれらあり)
第6章
Battle of Words 8 (最高のプロパガンディスト)
Battle of Words 9 (敵国条項が解除されていない)
Battle of Words 10 (思考の断片化が加速する)
Battle of Words 11 (それは支配民族の普遍衝動)
Battle of Words 12 (経済格差は生存格差となった)
Battle of Words 13 (売国のインセンティブとは)
Panopticon (スターリン体制の再興)
付録1
Promised Land 1 (二ホン売ります)
Promised Land 2 (外国人が国土を買い漁る)
Promised Land 3 (国家中枢が制圧された)
Promised Land 4 (もはや戦争すらできない)
Watching You 1 (情報は全て抽出される)
Watching You 2 (絶対に負けないマネーゲーム)
Watching You 3 (米国規準のバックドア)
付録2
Animal Farm 1 (属国民同士の対立)
Animal Farm 2 (支配本質を隠蔽する装置として)
I'm the Hollywood Tease 1 (資本が新領土を求める)
I’m the Hollywood Tease 2 (戦争はドラマツルギー)
I’m the Hollywood Tease 3 (典型的な侵略戦争)
I’m the Hollywood Tease 4 (日銀とナチスの連携)
出典・引用

閉じる


<<最初から読む

39 / 56ページ

試し読みできます

Battle of Words 11 (それは支配民族の普遍衝動)

>国民は特区にもこの最終規制緩和にも無反応です。これは完全なレッセ・フェールによる北斗の拳の世界舞台の現出です。崩壊のスピードがここまで速いとは予想を超えていました。同時に日本人の思考能力が極限的な退嬰を起こしている事実に慄然としています。”アノミーの前駆的風景がソドミー(道徳頽廃)である”とご主張されることはよく理解できます。TV番組のソドミー化は30年以上も前から進んでいて、特にバラエティ番組が国民をソドムの市民になるように強制しています。最近、テレビ番組には愚民化・頽廃化のプログラム、アルゴリズムがあるような気がしています。

>テレビは国民意識を操作するツールと化し、想像以上にSF的なリアリティが現出されています。活字離れと言いますが、事実は活字の死、すなわち言語認識と全体性省察の崩壊です。これは前回でも述べたように断片だけで意識操作に囚われ、全体性を欠落させてしまうゲシュタルト崩壊にいたっています。これを煽っているのがYukinoさんがおっしゃったソドミー化です。TVのバラエティ番組も放送側の規律の緩みではなく、明らかに意識的なプログラムなのでしょう。ゲシュタルト崩壊からバランスを回復させるために、政府が提供する疑似リアリティに逃避してしまい、結局は集団的狂気に囚われたままそこから抜け出すことができなくなります。

米国はこれを「心理的再占領状態」だと明言していますね。つまりGHQによる国土の占領統治に続き、CSISによる精神の占領統治が実効されています。バラエティ番組の長時間枠化は小泉改革に同期しているのですが、これは米軍が主導する「グランド・オペレーション(心理大作戦)」の一環であり、「民主社会を無秩序化する方法とは大衆の知性を無化することである」というE・ベルネイ(宣伝広報理論の構築者)のロジックが援用されているわけです。特に二ホンは同化圧力の強い「脱色された社会」ですから、バラエティ番組による人間の規格化は「グライヒシャルトゥング(ナチスによる強制的同一化)」よりも激しく作用するのであり、換言するならば「全体主義の暴力ではなく全体主義の快楽で抑圧する」ということなのかもしれません。

かつて民主党のH・へフリンは「USIA(米国情報庁)のプログラムは我が国に直接的な経済的利益をもたらし、米国企業が海外市場を開拓しやすい環境を整える」と語っていたのですが、このように多国籍企業(フォーチュン誌の世界企業上位500社にランキングされるいわゆる”フォーチュン500社”)の負託を受けた米国議会(国務省)の下部構造として電通など大手広告代理店が与し、彼らの目的合理に適ったプログラムをテレビ各局に編成させるという仕組みです。

彼らは関税自主権の撤廃により国家主権が喪失するという歴史的危機の最中に、野球だのお笑いだのを洪水のように垂れ流し議論の一切を無化しているのですが、そのような異常を異常として検知できない我々は互いに異邦人化しているのであり、国家より以前に人間という構造を解かれ原子化しているのだと思います。 



モボクラシー(衆愚政策)の大元を辿ればUSIA(米国情報庁)を前身とするアメリカ国務省のBBG(放送理事会)に行き着きます。48年に制定された「スミス・ムント法」によって米国は自国の民衆に対するプロパガンダを禁じられていますが、外国に対する宣伝活動は認められていますので、官民一体となり経済侵略のツールとして二ホン国に厖大なバラエティやスポーツなどの衆愚化コンテンツを投入しているわけです。
 

ちなみに元USIA長官であるJ・ダフィは「情報庁にとって最も重要な分野は貿易経済の分野である」と公言し、実際にNAFTA(北米自由貿易協定)締結にあたってはメキシコやカナダのメディアに莫大な宣伝工作資金を投入しました。その結果これら批准国の社会資本が全面的に略奪され、膨大な中間層が貧困層に没落したことは周知のとおりです。このようにプロパガンダと経済侵略は1セットであり、むしろ外交とはプロパガンダの一形式であり、それ自体が帝国主義者の中心的戦略ツールなのです。


彼らのエートス(根底感情)を支えるものは社会的ダーウィニズムや科学的レイシズムであり、すなわちそれらによって裏打ちされた帝国意識であり、対外膨張エリートのエゴイズム(私利私欲)なのでしょう。しかし二ホン国民という群像はそのような世界メカニズムを理解する以前に、意識が収奪されていることも、搾取されていることも、外国から攻撃されている自覚すらありません。つまり本質として我々は馴化(家畜化)しているのであり、すでにこの体系は国家ではなくコロニー(奴隷の模範的集団居住地)なのです。

W・ウィルソン(第28代米国大統領)が「貿易に国境はなく、製造業者が世界を単一市場とすることを求めている以上、国旗は彼らの背後ではためくのだ。だからこそ市場参入を阻む国々の門戸を力ずくでこじ開けなくてはならない。たとえ他国の主権を踏みにじるとしても、投資家が手にした特権を保護しなければならないのだ」と100年も前に主張したとおり、眼前の脅威(TPP、経済特区)とは格段に新しいものではなく、支配民族の普遍的な空間衝動なのでしょう。

つまり彼らは侵略手段(メソッド)を武器弾薬(ハード)から精神解体(ソフト)にシフトしただけのことであり、それは血の臭いがしない極めてソフィスティケートされた暴力なのです。



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,000円(税込)

読者登録

響堂雪乃さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について