目次
まえがき
Overture (いかなる権威にも囚われない)
第1章
Battle of Words 1 (投資集団による国家統治)
Battle of Words 2 (国民は国家によって売られた)
Battle of Words 3 (すでに政治的選択肢など無い)
Battle of Words 4 (現出したオーウェル世界)
Battle of Words 5 (全体主義が最終調整される)
Oppress (小沢一郎の英雄的行為とは何だったのか)
第2章
Rogue Economics (我々は主権者ではない)
We are the Dead (人間精神はすでに滅んでいる)
Escape from Freedom (高らかなる棄民宣言)
Johnny Got His Gun (全ては政治的フィクション)
Known as Brainwashing (公共放送という洗脳機関)
Ashes to Ashes (独裁は知性を憎悪する)
Cyberpunk is Not Dead  (経済的動機による錯乱)
第3章
Plein Soleil (ナチ的観念操作に他ならない)
Yapoo, the human cattle  (公から私への富の移転)
canary in a coal mine (叛逆を卵の段階で削除する)
Welcome to the Desert of Real  (次世代の消失)
grotesque (構造的暴力を助長する醜悪)
Simulation 4th (孤立する知者たちへ)
Neo Fascio (いかにして認知は攪乱されるのか)
第4章
no alternative (全野党が自民党の衛星政党である)
Brain Machine Interface (言語破壊による意識収奪)
like a hard dog (すでに粛清は始まっている)
What Alice Found There (戦争が利潤機会なのだ)
Die letzten Tage (官吏が実証するアイヒマン理論)
Battle of Words 6 (在日はスケープゴートにされた)
Battle of Words 7 (終焉を迎えた二ホン国文明)
第5章
something to live for  (ネット言論もゴミ山である)
Kingdom Rush (金融緩和というインサイダー)
quiet life again  (すでに知的降伏状態なのだ)
Simulacra Postmodernism (米国主導の宣伝工作)
Shuffle (カタストロフは未来からの審問である)
News of the World (多国籍企業の利潤が第一)
Man the Hunted (われ反逆する、故にわれらあり)
第6章
Battle of Words 8 (最高のプロパガンディスト)
Battle of Words 9 (敵国条項が解除されていない)
Battle of Words 10 (思考の断片化が加速する)
Battle of Words 11 (それは支配民族の普遍衝動)
Battle of Words 12 (経済格差は生存格差となった)
Battle of Words 13 (売国のインセンティブとは)
Panopticon (スターリン体制の再興)
付録1
Promised Land 1 (二ホン売ります)
Promised Land 2 (外国人が国土を買い漁る)
Promised Land 3 (国家中枢が制圧された)
Promised Land 4 (もはや戦争すらできない)
Watching You 1 (情報は全て抽出される)
Watching You 2 (絶対に負けないマネーゲーム)
Watching You 3 (米国規準のバックドア)
付録2
Animal Farm 1 (属国民同士の対立)
Animal Farm 2 (支配本質を隠蔽する装置として)
I'm the Hollywood Tease 1 (資本が新領土を求める)
I’m the Hollywood Tease 2 (戦争はドラマツルギー)
I’m the Hollywood Tease 3 (典型的な侵略戦争)
I’m the Hollywood Tease 4 (日銀とナチスの連携)
出典・引用

閉じる


まえがき

試し読みできます

Overture (いかなる権威にも囚われない)

本書は会員制ブログマガジン「独りファシズム Ver.0.2」(2014年5月 - 12月)を編集したものである。

僕は社会改革を目指しているわけでもなく、まして政治的動機やイデオロギー的情熱などもなく、ただ表現と省察にとりつかれ論を綴ってきたのだが、おそらく今後もそのようなスタンスに変わりはないのだと思う。

 

しかし有償であるため配信直後から等価性という外部評価を突きつけられたのであり、まして膨大な情報が無償で入手できる電脳の時代においては、それらと差異化する付加価値が厳しく問われるのであり、かくしてクオリティを把持し続けることが絶対的課題となったわけだ。換言するならば「プロ意識」の命題化である。

いずれにしろそのような重圧のもと悪戦苦闘しながら書き上げた論群の堆積が本書であり、だからこそ一文一文が高密度を保ち普遍性を留めていると自負する次第だ。

なおカバーに印したXXX(triple X) Hardcore とはポルノ映画など過激コンテンツの表徴であると同時に、「絶対の核心」あるいは「筋金入り」という意趣の表象であり、すなわち迎合主義や予定調和の一切を排除し、いかなる規範にも権威にも囚われることなく、ひたすら本質だけを凝視する魂意の表明であり、最悪の文字禍を甘受する度量の表顕であるとご理解頂きたい。 

これから皆様方は本書を通じ思想世界の未踏域に踏み込もうとしているのだが、それは「ポスト・モダン(現代文明終焉後の世界論)」の新たな領野を開拓する試みなのかもしれない。そして閲読(他の情報ソースと照合し、裏を取りながら読むこと)により認知基盤の揺らぎを感知するのだとすれば、それは旧い自身が予期せぬ者に刷新された「異化効果」の衝撃に他ならないのだ。 

正統の読書とは啓蒙的でなく真逆に破壊的で常軌を逸したものであり、それは恍惚として自己が粉砕される愉なのであり、禁圧の時代においてはインディ―ズ(地下出版)だけがそのようなエナジーを孕むのであり、おそらく電脳本は我々に残された最後の知的領土なのだろう。

正気と狂気の境界は朦朧を極め錯雑とし、誰もが恐怖の当事者であり、格子なき牢獄の捕囚者であり、だからこそ現実を探求し喫緊の生存戦略を問い続けるのであり、そして僕のディスクールがこの扉絵のごとく、五感を覆い尽くしたシミュラクラ(メディアの疑似像)を粉砕し、覚醒を試みる者たちの一助となるのであれば、論者としてこれに勝る幸いは無いだろう。

                              2015年5月22日  響堂雪乃 

 

注: 本文中の写真は全てパブリックドメイン(公共資産)化した「メトロポリス」(1927年)より引用している。



« 前の章