閉じる


<<最初から読む

8 / 9ページ

ナンパの試練・・!

先輩に連れられてクラブに行った時のことです。

先輩達とクラブに行く時にはとりあえず、一番若い奴が、
女の子を連れてくる。で、連れてきたら先輩に紹介する。
という暗黙のルールがありました。

そう、その時僕は一番若く、とりあえず先輩たちが座っている
テーブルまで、女の子を連れてこなければなりませんでしたΣ(゚∀゚ノ)ノ

そのテーブルはいわゆるVIP席というやつです(笑)

もうね、「行くぞ」って言われたら行かなきゃだめなんで、
当然、そのルールも頭に入っていて(今から俺は恥をかきにいく・・はわわ)
と、頭の中で思っていたのです。

そんなこんなで、下手なナンパで女の子に
ひたすら声をかける僕・・

時にはまわりの音がうるさいので
スマホ文字でコミュニケーションしつつ

おもしろ画像とかを見せて笑いを取ったり、

あれ?テレビ出てなかった??えっと、どこだっけな・・笑点?
とか意味不明な事を言ったり・・
女の子「?( ゚д゚)ポカーン」(恥ずかしすぎる・・笑)

そんなこんなで、数人×2,3回なんとか先輩のもとへ
連れて行くことが出来たのでした。

クラブは声をかけやすいので、それだけが救いです^^;

で、とりあえず先輩も盛り上がってるみたいだし、
もういいかなーと2,30分たばこを吸いながら休憩していたら、
さっき声を掛けた女の子がこっちにくるではありませんか。

暇だから絡んでよ~ーなんて感じでいろいろ話をしていて、
その後近くのカラオケに行ったのですが、

その時言われたのが、
とりあえず顔がタイプだったんだよねー
ってことでしたΣ(゚∀゚ノ)ノ

ま、マジか!!そんなこと初めて言われたぞ・・!!

完全に目を変えたおかげじゃねーか。
と思ったのです。

ただ、目を変えただけ、だったら、こうはならなかった
と思うのです。

目を変えたのは「きっかけ」にすぎなくて、
それがきっかけで、いろんな人と話せるようになって、
自信も付いてきて、人生エンジョイしてる人達ともつながることが出来、
それで、多少会話なんかもスムーズに出来るようになって・・

という風に、目を変えたのはスタートだったけど、
別にこれがゴールじゃなかったなんて思ったのです。

目を変えるっていうきっかけがあって、そこからようやく、
自分を変えるための行動が出来た、そういう感覚だったんですね。

何が言いたいのかというと、目を変えるってことは、
外見が変わるだけじゃなく、自分を、今まで体験したことない
世界に、連れてってくれるパワーがあるってことです。

外見だけ変わって、やった!終わり。じゃない。

それがスタートで、どんどん、人生が楽しくなっていく。
そんな感覚なのです。

なので、
これから自分を変えようと思っている場合、
ぜひ、覚悟しておいてくださいねー!

今まででは絶対に出来なかった、起こらなかったんだろうなー
ってことを、どんどん体験出来るようになりますから!


アイプチ王子は止まりません

ただのオタクみたいな奴にしか見られなかった僕が、

アイプチ王子になり、人生を変えることが出来た。

 

それまでの過程で、覚えたこと、経験したこと、

失敗したこと、いろいろありました。

 

僕はアイプチで二重を定着してから

素の状態で何も付けずに10年以上二重を

キープできています。

 

そういった面でもよく

「どうやってやったんですか?」

と聞かれることが多いです。

 

なので、そういったことも今後、

詳しくお話していこうかなと思っています。

 

これはアイプチするしない、関わらず

どんな人にも言えることだと思うのですが、

 

自分を今よりもっと、良くしていきたい。

っていうパワーは、本当に多くの結果を生み出す

ものだと実感しています。

 

ぜひ、内面も、外見も、

お互い、常に磨いていきたいですね!!(^^)

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!!

 

 

鈴木 裕

 

 

 

・パブー作品

 

整形せずにアイプチだけで二重を定着。

その後何もせずに10年以上キープしている秘訣

http://p.booklog.jp/book/90626

 

 

・YouTube

僕が定着させた二重まぶたの様子はこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=4-hHBYs2cm0

 

 

・ブログ

日々更新しているアイプチや外見、人間関係、恋愛面の関連情報ブログです。

http://eyepetit1.blog.fc2.com/

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

鈴木 裕さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について