閉じる


爺絶倒(ジーゼット)星の奇談

 

 

 

ストレッチャーごと運ばれた先は、緑の苔の一面に

生えたような広場で、しかも公衆の面前だった。

公衆といっても、みんなカエルのような顔だちをしている。

そうか、ここは進化の過程で、こうした形態へと変化したのであろう。

 

ひょうきんな、それはひょうきんな風貌であり、

彼らにも年齢、性別があるには違いないが、

まったく私には区別がつかないのだ。

ただ、大小があって、それだけは大人と

子供の差であろうかと思われた。

 

それより、見上げる空が異様に赤みを帯びている。

赤紫色なのだ。私は大気の相違に、

また呼吸できないという強迫観念に捕らわれかけた。

 

私:「はあはあ、ぜいぜい」

 

ティシュ:「ネアン、どうしたの?」

 

ティシュがすぐ隣にいた。その声にオマールもやってきた。

 

私:「ここの大気は僕には合わないかも知れない」

 

オマール:「そんなことはない。

君は薄膜でちゃんと覆われているじゃないか」

 

そう言われれば、私はまだ半透明の、光の加減によって

玉虫色に変化する膜に覆われている。

 

オマール:「その薄膜は、君の体の要求する環境に

自動的に整えるものだ。

絶えず薄膜を通して、この星の大気と元素交換が

なされているから、大丈夫のはずなんだが」

 

そう言われてみれば、特に苦しくはない。

気にしすぎなのだ。

 

一時的にもあわてふためいたためか、

公衆の目が一斉に注がれていた。

私は横になったまま彼らを眺めまわしたが、

彼らも一様に、私を覗き込んでいた。

 

私の横には、ティシュやベンザがいたが、

よほど私は珍しい奴であったに違いなく、

サファリパークで、孤独にも野生に監視される

見物客のようだった。

だが、恥ずかしいという気が起きなかったのは、

彼らを下等動物と見る先入観のせいだろうか。

 

先に行ったオマールが、向こうの

お偉がたと思われる人?物と、

身振り手ぶりを交えながら、何か話しをしている。

2人が互いに抱き合ったときに、

周りから歓声のどよめきが起きたので、

親善ムードが高まりつつあるのは間違いなかっただろう。

 

オマールは2女性を手招きで呼んだ。

すると、よせばいいのにティシュは私の寝台も、

共に押していくのである。

 

お偉がた(総理大臣):「お二人はこちらへどうぞ。

こちらは、地球人のかたとか。

具合が良くないとのことなので、

病院のほうに御案内しましょう」

 

さすが、コルゲンさん、肋骨を治しに連れていって

くれそうだと思ったのはいささか早計だったか。

 

ベンザ:「いいえ、この人は私たちの

目の届くところに居させてください。

治療法は私たちが良く知っていますから」

 

オマール:「しかし、そんな身勝手をしている場合じゃないぞ」

 

ティシュ:「いいえ。絶対にだめよ」

 

総理大臣:「よろしいではありませんか。

会場はあすこですから、地球の方を貴方様がたの

目の届く一番近い特等席におつけしましょう」

 

見れば、そこは小高い丘のように円形に

盛りあがっていて、かなり大勢の人が

秩序整然と周囲を取り巻いていた。

お見合いは、その丘の上で、衆目の中で行われるのだ。

すでに、お見合いの相手らしきカエルたちが、

礼服姿で丘の上を歩きまわっていた。

 

まるで、大相撲かプロレスの試合みたいじゃないか。

所変われば品変わるである。もしかしたら、

この上で実際にタッグマッチでも始まるかと思われた。

 

私は、寝台ごと、土俵ならぬ丘のかぶりつきの

貴賓席らしき並びに置かれた。

左隣には、きちんと礼服で正装した

穏やかな表情のカエルさんが座っていた。

私がちらっとそちらを見ると、向こうも私のほうを向いた。

 

正装のカエルさん(接待大臣):「あなたはどこから来られたのかな。

スーリア星?それとも、アイアガイ星?」

 

私:「地球です」

 

接待大臣:「え?そうなのかね」

 

私:「御存じですか」

 

接待大臣:「ああ。噂には聞いてるよ」

 

その時、私の右隣に居た白い服を

着たカエルさんが話してきた。

 

白い服のカエルさん(接待大臣夫人):「地球なんですって?

そこって大変なんでしょ?

それでそんな風な病気になられたの?」

 

私:「いえ、これはちょっとした船酔いです」

 

接待大臣夫人:「あらそう。じゃあ、あなたの星での生活のせいじゃないのね」

 

私:「私の星での生活が何かしましたか?」

 

接待大臣夫人:「あ、そう。違うのね。とすると、あなたは政府のお役人かしら」

 

私:「いえ。私はお役人なんかじゃなく、一般人ですよ。

一般人が健康じゃあ、いけませんか」

 

接待大臣夫人:「あらー。噂では、みんな

ボロ雑巾のようになっているってことだけど」

 

私:「そんなことはないっすよ。

誰がそんな噂を立ててるんですか。

未だに我々のことをちょんまげスタイルだとでも

思ってるんじゃないでしょね」

 

接待大臣夫人:「チョンマゲ??そんなのは知らないけど、

あっちにいる外務大臣から聞いたものだから、

てっきり正しい情報かと思ってたわ」

 

外務大臣と言えば、お偉いさんだ。

そうか、ここは星間交渉の場なのだ。

 

私:「とすると、ここは、皆さん政府のかたですか?」

 

接待大臣夫人:「この最前列は、みんな大臣ですよ。

ほら、あそこに居るのが総理大臣。隣が奥さん。

その横には宇宙連邦代表の夫妻もいる。

私の主人は渉外大臣。

ほら、あなたがおしゃべりしていたのがそうなの」

 

成り行きとはいえ、偉いところに運ばれてきたものだ。

もし日本では、たとえごめん被りたくても、

一生こんな栄誉ある場所に置かれることはあるまいに。

と、左を見やると、呼応するように

紳士ガエルさんは顔を向けた。

 

接待大臣:「私は渉外大臣とは言うけれど、至って閑職でね、

星間要人の夜間の接待だけを仕事にしているんだよ。

接待大臣とも言われている」

 

私:「それだけのお仕事ですか」

 

接待大臣:「そうだ。私邸が立派なもので、

迎賓館として利用していただくことになっている。

何の知識もいらん。

ほとんどの星の料理をマスターした料理人が

いざとなればいつでもやってくる。

私は、ただ星々の間で起こる

とりとめもない四方山話をして、お客さんをくつろがせる。

それが私の仕事のすべてなんだ」

 

私:「地球のあられもない噂が立っているようですが、

訂正願えませんか。

我々がボロ雑巾だなんて、時代錯誤もいいとこですよ」

 

接待大臣:「私はそんなことはしらん。

他の大臣がしているような話は、

私には何の興味もない。

私はただ、お客さんが大いに楽しんでくれる、

それだけでいいんだ」

 

私:「そんなー。

僕は、そういう噂話の真偽を明らかにすることに

楽しみを感じるんです。

れっきとした客としての楽しみなんですぅ」

 

接待大臣:「こりゃ、変わった人だ。そんな客人は初めてだ。

みんな精一杯ハメを外して楽しむというのに」

カエル紳士は、目をパチクリさせた。

 

そうしているうちに、土俵上では、オマール兄妹と

相手方の男性や世話役がそれぞれの席につき、

タキシードを着たカエルの司会が第一声を上げたのだった。

 

司会者:「ただ今より、お見合いの儀、取り行わせていただきます。

えー、このたびは、サテュロス星より、

我がジーゼット星に興し入れ願うという、

歴史的に初めてのめでたきお見合いの儀でございまして、

今後両星の友好と親善に欠くべからざる

交流のさきがけになるものと・・・」

どこでも似たような祝辞の挨拶とはなった。

 

ところが、その後が奇妙なのだ。

ティシュとベンザの座る前にテーブルが置かれ、

その向こうに向かい合うように新郎候補が座った。

その両脇にお互いの星の仲人や世話役が座って、

両陣営が互いに質問をぶつけ合うのである。

 

それは一対一でなされており、時には3組も4組も

がやがやと話を飛ばし合って、何がどうなって

いるやら、聞き手には不明瞭窮まりなかった。

 

ただ、土俵の上方に、赤から緑にまで

色彩変化する30センチ四方くらいのパネルが、

それぞれの人に対応するようにぶら下がっていて、

言葉のやり取りのつど変化するのだ。

右隣の大臣の奥方は、それをじっと見ながら

やり取りに傾倒している。

 

私は、「何を言い合ってるのか分かります?」と

左の旦那の方に聞くと、

 

接待大臣:「私にはわからんよ。

話をまとめようとしていることは明らかだろうがね」

 

それを聞いて一安心。

どうやら聖徳太子みたいな連中ではないらしい。

 

私:「上にある光るパネルは何ですか?」

 

接待大臣:「そうか。君は知らなかったんだな。

あれは心の中のイエス、ノーや

その他の感情を表示する装置だ。

あれによって、互いの好悪の感情を知ることができる。

どこかの後進星のように、

言葉と思いが食い違うことがないために、

話が相手の納得度と好感度を高めることだけに

費やされて、手っ取り早く済んでしまうし、

後々のトラブルが少なくて済むんだ」

 

なるほど、腹のさぐり合いとか根回しなどといった

面倒な過程が省けるということか。

 

接待大臣:「緑になれば、うち解けた証拠なんだ。だが・・・」

 

見れば、ほとんどの人のパネルが黄色か緑なのに、

ティシュのパネルだけはどんどん赤の深みを増している。

 

場内の観客同士も、そのことについて

あれこれ話し始めるようになり、ざわついてきた。

その喧噪の間に、私もさっきの話に決着を付けたいと思った。

 

私:「地球人が誤解を受けている件ですが・・

聞いていいですか」

 

接待大臣:「愚妻の言ったことをいちいち気にしちゃいかんよ」

 

私:「いや、奥さんの考えは、

連邦が地球をどう思っているかの裏返しでしょ?

僕は、一般的に地球がどう思われているのか

知りたいんです」

 

接待大臣:「地球が苦労性の星なのは、仕方ない部分もあるんだよ」

 

私:「ということは、やはり・・・。

その、仕方ないとは、どんな事情があるというんでしょう」

 

接待大臣:「連邦加盟星はどこも平和だ。

その平和は、構成する者みなで維持していくものだ。

構成者が平和を愛好する者ばかりであれば、

平和が維持されるばかりか発展すらしていくものだ」

 

私:「確かに、地球には平和愛好家は居ても、

そうでない者も居ますね。

その彼らが引っかき回している感じはあります。

でも、そうした者も生活環境や生い立ちが

良くないために必然的に発生して来るんだから、

仕方ないですね。ここは、そんなことはないんですか?」

 

接待大臣:「昔はあったんだよ。が、今はほとんどないな。

それは生活環境が良くなったこともあるが、

最大の理由は、構成員を精選してきたからなんだ」

 

私:「精選とは?」

 

接待大臣:「精神の資質によってだ。

我々の星も、はじめ君らのような世界が広がっていた。

そこに革命が起きたのは、

心理を検出することのできる観測器の発明によってだった。

初めの頃、心の中が誰の目にもあからさまになることを

恐れた者たちの多くの抵抗運動があったが、

やがて収束したとき、あらゆる者の精神状態が

飛躍的に向上したのだよ。

心と言動の一致しない詐欺師は姿を消し、

心の赴くままを素直に行動に移せて、

なお恥じることはなくなった。

互いが互いの心の内を見合って、

寛容さと信頼関係が一気に花開いたんだ」

 

私:「僕の星だったら、プライバシー侵害で

大問題になりますね」

 

接待大臣:「その反対運動家というのが、

およそ詐欺師で占められていたのは皮肉だった。

だが、潮流には勝てず、

およそが悔いて心を恥じないものにした。

しかし、中には難しい者も居て、好戦的な者、

制圧的な者、偏執的過ぎる者、独善過ぎる者、殻を閉ざす者、

いつまでも2枚舌を使う者は、周りから疎外され孤立して、

やがてどこかへ去っていったんだ」

 

私:「どこへ去ったんですか?」

 

接待大臣:「魂の輪廻の果て、

この星では自己実現を図ろうとして果たせないから、

それに相応しい環境の星に去ったんだ」

 

私:「もしかして、地球?」

 

接待大臣:「それ以外にも幾つかの星にな。

時によっては、連邦が場所を斡旋して、

用意した船で大挙して連れていったこともある」

 

私:「連邦までが?だったら、

地球は平和な星に永久になれないかも知れませんよ」

 

接待大臣:「どうして」

 

私:「だって、そんな問題児ばかり送り込まれていては、

質が向上するわけないじゃないですか」

 

接待大臣:「荒くれ者達は、互いに摩擦しあって、

やがて角が取れて丸くなると聞いているんだがね」

 

私:「川の中の石ころじゃあるまいし。

今地球は、公害と産業廃棄物の山が処理しきれず、

今にも駄目になりかかっているんですよ。

それと同じことでしょ」

 

接待大臣:「そうなのかね。オーバーワークになっているのか。

そのこと、連邦は知ってるのかな」

 

私:「あなたから聞いてみて下さいよ。

連邦代表も来てるんでしょ?」

 

接待大臣:「あいにく、私は何にも専務大臣だから・・」

 

私:「ギャグでごまかさないで下さい」

 

接待大臣:「分かったよ。晩餐会の時、それとなく聞いてみよう」

 

私:「それとなく、じゃなく、真剣に」

 

接待大臣:「はいはい。約束しよう」

 

その頃、土俵上では、いよいよティシュが、

パネルを真っ赤に染めていた。

ついに黄緑色に変じたベンザまでもが、

ティシュと新郎候補との仲を取り持とうと、

話に加わっていた。オマールはついに怒りだし、

周りがそれをなだめ、止めようとする。

 

パネルだけ見ていると、みんなの感情のうねりと激変を

物語ってか、まるでパチンコ屋のネオンサインであった。

 

その時、ティシュが突然座を外して、土俵を降りると、

私のところに駆け寄ってきたのだ。

それは、勇み足ではないのか。

 

ティシュ:「ネアンー。助けて!!」

 

ドーンと、私の寝台に飛び乗るや、しがみついてきたのだ。

さながら場外乱闘。

ボキボキッ、バキッ。

 

私:「ギャーーア」

 

恐らく、肋骨は全て、腕や鎖骨その他多数が

折れたことであろう。激しい痛みに薄れゆく意識の中、

次のような言葉を聞いた。

 

ティシュ:「私はこの人を選びます」

 

ええっ。当惑する私の心。視界は真っ暗になり、

ギィーーン、シュバーーー・・・・・・。

ついにジェット音が耳の中にこだまし、

全ての音はかき消されてしまった。

どうなるのか、ネアン。

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

奥人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について