目次
目次
目次
人間関係図 1
人間関係図 2
人間関係図 3
大友家家系図
用語集 1
用語集 2
用語集 3
用語集 4
国人衆達のその時
国人衆達のその時 1
国人衆達のその時 2
国人衆達のその時 3
国人衆達のその時 4
国人衆達のその時 5
国人衆達のその時 6
国人衆達のその時 7
国人衆達のその時 8
国人衆達のその時 9
国人衆達のその時 10
国人衆達のその時 11
国人衆達のその時 12
国人衆達のその時 13
国人衆達のその時 14
国人衆達のその時 15
国人衆達のその時 16
国人衆達のその時 17
国人衆達のその時 18
大友家の後継者達
大友家の後継者達 1
大友家の後継者達 2
大友家の後継者達 3
大友家の後継者達 4
大友家の後継者達 5
大友家の後継者達 6
大友家の後継者達 7
大友家の後継者達 8
大友家の後継者達 9
大友家の後継者達 10
大友家の後継者達 11
大友家の後継者達 12
大友家の後継者達 13
大友家の後継者達 14
大友家の後継者達 15
大友家の後継者達 16
大友家の後継者達 17
大友家の後継者達 18
珠姫誘拐事件顛末
珠姫誘拐事件顛末 1
珠姫誘拐事件顛末 2
珠姫誘拐事件顛末 3
珠姫誘拐事件顛末 4
珠姫誘拐事件顛末 5
珠姫誘拐事件顛末 6
珠姫誘拐事件顛末 7
珠姫誘拐事件顛末 8
珠姫誘拐事件顛末 9
珠姫誘拐事件顛末 10
珠姫誘拐事件顛末 11
珠姫誘拐事件顛末 12
珠姫誘拐事件顛末 13
珠姫誘拐事件顛末 14
珠姫誘拐事件顛末 15
珠姫誘拐事件顛末 16
珠姫誘拐事件顛末 17
珠姫誘拐事件顛末 18
珠姫誘拐事件顛末 19
反撃準備
反撃準備 1
反撃準備 2
反撃準備 3
反撃準備 4
反撃準備 5
反撃準備 6
反撃準備 7
反撃準備 8
反撃準備 9
反撃準備 10
反撃準備 11
反撃準備 12
反撃準備 13
反撃準備 14
反撃準備 15
反撃準備 16
博多沸騰
博多沸騰 1
博多沸騰 2
博多沸騰 3
博多沸騰 4
博多沸騰 5
博多沸騰 6
博多沸騰 7
博多沸騰 8
博多沸騰 9
博多沸騰 10
博多沸騰 11
博多沸騰 12
博多沸騰 13
博多沸騰 14
博多沸騰 15
博多沸騰 16
博多沸騰 17
博多沸騰 18
ある若武者の渡海
ある若武者の渡海 1
ある若武者の渡海 2
ある若武者の渡海 3
ある若武者の渡海 4
ある若武者の渡海 5
ある若武者の渡海 6
ある若武者の渡海 7
ある若武者の渡海 8
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

17 / 109ページ

試し読みできます

国人衆達のその時 8

 とはいえ、城に篭らせて飛び道具を持たせたらそれなりに脅威なので、原田了栄の恫喝をはねつけた時にただ飯を食わせ続けたかいがあったと思わずにはいられなかったのだが。

 更に、吉井荊娯率いる海賊連中にも問題があった。

 海の上での戦いがメインだったので、軽装備どころか鎧をつけない連中も多く、まともにぶつかったら勝てる訳がない。

「原田が高祖城に集めた兵は数百。

篭っている限りは手出ししないと思う。

臼杵殿の後詰も期待できよう」

 博多奉行の臼杵鑑速は、その業務の為に博多の西にある糸島半島一帯に領地を持っていた。

 現在は臼杵鑑速が大友家の外交全般を取り仕切る為に府内に常駐するので、筑前柑子岳城をはじめとした糸島半島の臼杵領の管理は弟である臼杵鎮続(うすき しげつぐ)が行っている。

 彼は明確な大友側の人間で吉井荊娯の上司である火山神九郎がここで水軍衆の再建を行っている関係から、後詰を頼んだら出てきてくれるだろう。

「という事は、立花の兵がこっちにやってきた時が見切り時か」

 吉井荊娯の言葉に、島井茂勝が部屋の中なのに東の方を見て呟く。

 立花家。

 博多の東一帯を領有し、西大友とまで呼ばれた大友一門でありながら、反大友傾向を強めている家で、神屋紹策を通じて毛利側の接触も確認されているこの家が謀反に走った場合、博多そのものが戦場になりかねない。

 それだけは避けないといけなかった。

「毛利家が立花を取り込んだ場合、攻められるのはここだぞ」

 大友家の筑前統治は筑前方分として田北鑑重が赴任すると、麓に太宰府がある宝満城に移行していた。

 結果、博多に信頼できる大友側拠点というのが、博多に隣接するこの中洲遊郭しかない。

 そして、珠姫の統治の関係から、中洲は自治都市形態を取っている博多の一部ではないと明言している。

 おまけに、南蛮人襲来の為に田北鑑重は豊後に帰還、そのタイミングを突かれて竜造寺に太刀洗合戦を仕掛けられて敗北してしまった。

 つまり、攻められない理由がない。

「臼杵家の後詰前提で篭城できるか?」

「やれと言われるならしよう。

だが、兵糧が持つのか?」

 島井茂勝の質問に、吉井荊娯は質問にて答えた。


試し読みできます

国人衆達のその時 9

 東に博多、北は海、残る南と西は川と四方を水に囲まれた中洲は、建物の城郭化もあって攻めるには手間がかかる。

 だが、近隣の不安定さからどれだけ篭城すればいいのか予測がつかず、兵糧が足りないかもしれないという不安をぬぐいきる事ができない。

 そして、騒乱時の常だが、現物(つまり米などの兵糧になりうる食料)相場は早くも上昇し続けている。

 このような状況で立花家が中洲遊郭を攻めた時、後詰に来た臼杵家の兵に原田家が横槍を入れられた場合、中洲遊郭を守りきれない可能性がある。

「畜生。

 宗像のせいで姫様の所に早船を送れぬ。

 陸路は竜造寺の勝ちが轟いているからなおの事怪しい……」

 島井茂勝が畿内より送られた書状の束を掴みうめく。

 風雲急を告げる九州情勢と同じぐらい、畿内情勢が切迫してきていたからだ。

 畿内情勢の主役となったのは、越前朝倉家、能登畠山家、越後上杉家で、これらの家は二つのキーワードで繋がっている。

 足利義輝と一向一揆である。

 京から越後に逃れた足利義輝は越後御所として上杉輝虎の元で政治的行動もせず、上野箕輪城長野業盛(ながの なりもり)配下の上泉信綱(かみいずみ のぶつな)と剣の勝負を楽しみのどかに過ごしていた。

 とはいえ、最上級の権威が転がり込んできた上杉家はこの権威を生かそうと試み、それ以上に義輝より諱までもらった上杉輝虎自身が、

「流浪の公方を御所に帰す事こそ我が義」

 と、燃えてしまい、関東ではなく北陸にその侵略経路を向けたのだった。

 北陸を支配する一向一揆の本拠加賀と接する一向一揆不倶戴天の敵である越前朝倉家は、それを知ると、

「公方様が上洛するなら、安全な陸路で。

 一揆勢を叩くなら、我等も加勢する次第」

 と協力を約束。

 更に、一向一揆と親しい家臣団に手を焼いていた能登畠山家の畠山義綱(はたけやま よしつな)もこれに同調。

 越前・越後・能登という三方同時攻撃に一向一揆勢は各所で寸断され、組織的抵抗ができずに追い詰められていたのだった。

 なお、この一向一揆攻撃の大義が上杉主張の『足利義輝帰還』であったが為に、それに同調した朝倉家の下で庇護されていた足利義昭がひっそりと織田家に走っていたりするのだが、そこまでは島井茂勝の耳には届いていない。


試し読みできます

国人衆達のその時 10

 そして、今の公方様として京に居る足利義栄(あしかが よしひで)と彼を擁立した三好家は、かつての足利義輝と同じ立場に追い込まれつつあった。

 この北陸勢が一致結束して足利義輝を擁して上洛した場合、真っ先に滅ぼされるのが彼らだったからだ。

 彼らは京周辺の大名へ支持を求めるが、心労から背中に腫物を患っていた義栄はそれが悪化。

 病の床に伏せてしまっていた。

 更に間の悪いことに、三好家家中にてお家騒動が勃発。

 この失態の責任を三好三人衆に取らせることを名目に、家中の掌握を狙った三好家当主三好義継(みよし よしつぐ)が三好三人衆によって監禁されてしまう。

 このまま足利義栄が亡くなってしまうと京に将軍が居ない事態となり、その為に幕府が出した証文はただの紙に戻るほどに叩き売られていたのだった。

 そして、畿内を勢力圏に持ち、将軍家の証文の裏書になっていた三好家の証文は堺でも流通しており、堺商人は少なくない打撃を受け、その余波はこの博多にまで響いていたのである。

 まぁ、南蛮人襲撃と『珠姫謀反』の衝撃に比べれば小さいというのが、畿内と九州の距離を現しているのかもしれない。

 叱られて出て行った番頭が手紙を持って戻ってきたのはそんな時だった。

「旦那様。

 神屋様より便りが。

 『持っている大友家証文を銀支払いで全て買い取りたい』

と」

 番頭が告げる手紙の内容に、島井茂勝がしばらく言葉に詰まる。

 資金繰りにはまだ余裕がある。

 神屋相手の大友家証文買い取り競争は、これから持ち出しという危険な橋を渡る所だったからだ。

 ここで損切りしてしまえるならば、この大混乱の後でも島井茂勝は豪商の一人として商売を続ける事ができるだろう。

 彼が富を築いた門司は毛利勢力圏との最前線。

 珠姫の狙い通り、毛利は門司を攻めないのか?

 今居る中洲遊郭は立花と原田の兵から守れるのか?

 守る為にはどれぐらいの兵糧が必要なのか?

 その兵糧を買う為の元手をどこから出せばいい?

 いくつかの質問が島井茂勝の中で渦巻き、彼の中で言葉となってため息と共にそれを吐き出した。


試し読みできます

国人衆達のその時 11

「大友家の証文を売り払え。

 吉井殿。

 手の者を回すので、博多より兵糧をありったけ買い入れて、今日中に中洲に入れて欲しい」

 後に島井茂勝一生の後悔と彼自身何度も思い出す、大友家と竜造寺家和議の報告とそれにともなう証文の急上昇が飛び込む前の日の話だった。

 更に竜造寺和議成立から十日後、薩摩国大口城近隣鳥神尾の合戦にて菱刈・相良・伊東の三カ国連合軍が島津軍に大敗。

 菱刈家は島津家に降伏、滅亡。

 相良・伊東の両家も必然的に大友に頼る事になり、両家を組み込んだ大友の証文は後に西国における基軸通貨としての地位を確立し、大友家の証文は暴落前より上がる始末。

 南蛮人襲撃と珠姫謀反の誤報から始まったこの狂乱相場にて、御用商人として生き残った島井茂勝だが、神屋紹策はこの相場にて百万石以上の儲けを叩き出して西国一の富豪としてその名前を歴史に刻む事になる。


試し読みできます

博多沸騰 10

 毛利軍に立花山城を渡し、自分らは毛利家臣として組み込まれる。

 それで謀反の汚名は毛利がかぶってくれるっ……」

 夏の夜なのに鍋島信生は震えていた。

 寒いわけではない。

 自分達が死地にいると思い知ったからである。

「先に話した秋月種実。

 既に博多に隠れていて、立花家家老安武鑑政(やすたけ あきまさ)と連絡を取っているそうで。

 立花家は薦野や米多比の抜けた穴に旧秋月家臣を多く雇い入れていました。

 暗躍しているのは間違いないでしょうな。

 これでもまだ姫様の勝利を疑いませぬか?」

 帆足忠勝はあえて危険な言葉を鍋島信生にはなった。

 受け取り方によっては、『毛利に寝返れ』と聞こえなくも無いからだ。

 それができるのならば苦労は無い。

 現状での裏切りは、本拠に兵の無い竜造寺の滅亡に他ならない。

 それを知った上で帆足忠勝が尋ねているという事は、うかつな返事はできないと鍋島信生は悟った。

「……」

「……」

 双方何も言わない。しゃべらない。

 けど、この静寂な瞬間に竜造寺家の未来がかかっている事を鍋島信生は分かっていた。

(何故、ここで帆足忠勝は寝返りを誘う?

 いや、竜造寺と筑紫が寝返っても、原鶴の大友本軍に今なら簡単に潰される。

 ましてや、筑紫は先代に腹を切らせてまで大友に忠義を見せたはず。

 辻褄が合わない……)

 毛利の後詰から立花の謀反、秋月の暗躍に麻生の内紛等状況は明らかに大友側に不利である。

 にもかかわらず、帆足忠勝の言葉には矛盾がある。

 顔から汗が垂れる。

 とはいえ、二人とも微動だにしない。

(そうか。

 帆足忠勝は我等を売るつもりだ。

 もし、ここで寝返りの言葉を言えば、謀反の意思ありと原鶴に告げるつもりなのだ。

 かの家は竜造寺の叛意を確かめる事で、大友に対して忠義を立てるか……)

 かかり火の燃える音だけがひどく大きく響く陣幕の中、意を決して鍋島信生は口を開いた。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について