twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 学園・青春・友情 作者 鬼風神GO
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

86 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
23ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
身寄りのない子供たちが集まる養護施設「夢船」。そこで生活を送っている沙里は現状に不満たらたらだ。冗談ばかりしか言わない艦長、暴力しかふるわないノボルがさらに拍車をかける。そんななか彼女は幸一という年上の少年と何となく行動を共にしていた。常に笑顔で、いじめられても自分のことはそっちのけで、その場の雰囲気を保とうとする彼にやはり沙里は、いい気持ちではない。しかしある日、幸一が初めて自己主張したときから沙里の心境は変わっていく。

コメント一覧

おはようございます。 読みました。個人的には退屈な内容だと感じました。 序盤の雰囲気からも退屈そうだと思いましたが、長さが丁度よくて結果的に良いストーリーだと感じました。 各キャラのシナリオに程よく触れていて、やはりスッキリとした形に仕上がってると思います。 ノボルepに関してのクダリはやっつけだなって印象を持ちましたが、全体的な存在感からあの程度でもいいのかなと。 序盤に出てきた印象が強かった為、ノボルいつ出てくるのかな?と考えながら読み進めてました。 ノボルepの内容自体は良いと思いましたが、ボリューム的にやっつけと感じました。 艦長の容姿が気になるところではありました。年齢の割りに運動神経が良いみたいですが、痩せ型だったらシックリ来ない気がします。 恰幅がいいのか、ヒゲ面なのか、白髪なのか、やっぱり艦長っぽい帽子をかぶってるのか、普段は半袖なのか、この辺りもう1つ2つ欲しかったと思います 想像させるといった点ではこれが正解なんでしょうか。 逆に幸一のお母さんの容姿はもう少しぼかしてよかったと思います。鬼風神さんなりのイメージがあったと思いますが、清楚とか白ていどの表現で。 誤字を4箇所見つけました。 ・他人事でないことのなので皆は食事もそこそこに ・わたしは勉強が嫌いにではなかった。 ・でもわたしはそれが嫌いではなった。 ・さっそうとと歩いていく 場所はCtrl+Fで検索してみてください。 1.の中に ~で、言う。 というのが2回使われています。 1つ目は句読点が不要に感じました。 2つ目は句読点が不自然になってると感じました。 Ctrl+Fで検索してみてください。 色々書いてしまいましたが、内容が好みではないというだけで、みんなが同じ意見ではないので、一読者としての意見と留めてくださいね。 国語の教科書に載ってそうなお話ですよね。 なお、2日後にこのコメントは多分消します。あでゅー
ZENRA : 2011-05-03 08:58:38

facebook コメント一覧