目次

閉じる


<<最初から読む

1 / 1ページ

クズ

クズ

 

これが僕、森大貴という人間が自分自身に貼ったレッテル

何から逃げ出したい

こんな日々なんて嫌だ

そんなこと考えてるやつ。今すぐにそんな考え

捨てろ

 

ここにお前以上のクズがいるんだから

もっと胸はれ、気持ち持ってくれ。

 

ここからが本題クズの人生を一文字一文字

かみしめながら読んでくれ。

俺は現在21歳大学には行っていたが短大だったので

去年卒業している

短大を卒業してからは、夜の世界にどっぷりと浸っていた

短大に通いながら夜の仕事をしていたぼく

きっかけは、彼女の車を壊しそのお金を支払う

という目的で、夜の仕事の方が楽だし稼げるからやろう

そんな中途半端な気持ちで始めた夜も

今となっては店のオーナー

自分で店を開いてから約1年

いまは店には出ていない、僕が店を辞めることになったのは

こどもとお嫁さんができたから

こんな年で結婚して家庭を持つなんて今まで想像もしてなかったけど

現実家族が、僕にはできた。

 

今のところ3回ぐらい仕事を変えている、

たった半年の間に、

現在の俺。

ニート

いわゆる、社会に干されたクズってところ。

いい立ち位置にいる

でもこの立ち位置にずっといるのは難しい。

さっき書いたようにおれには、家庭がある。

奥さん?

もちろんこの話なんて知らない。

ばれたら確実に離婚

こどもに一生会えずに成長の見られない息子の養育費を

ずっと支払いつ続けなければいけない

そんなことにはなりたくない。

 

おれは今友達のルームシェアしている部屋に泊まらせてもらっている

なぜなら、家に帰れないから、出張と偽ってここにいる

ちなみに日高に出張に行っていることになっている。

いつかえればいいのかなー

そんなことを毎日ただ考えるのが今の俺の仕事

ここまで少ないお金で必死にやりくりしてきたが、とうとう

残金263円のところまで来てしまった。

たぶん中学生の方がお金は持っているとおもう。

仕事をやめたからもちろん給料なんてもらえない、

今月の給料もらってないなんて言えないしそこは、

今、検討中

 

自分がほんとにどうしようもないクズなのは知っている。

だけど、それがどうにも治らないのが逆に

すごい。

普通の人ならば毎日ハローワークに行って仕事探して

面接に行って、内定もらうっていうのが普通なんだろうけど

おれにそれは、できなかった。

というよりもやらなかった。

行こうとは思っているけれども、きずいたら

行ってないこれが典型的な怠け者またはクズ

 

おれはクズだよ

そんなのわかってる

わっかってんならなおせよって?

たしかに、

でもいまさら治そうなんて思えないというより

治んない

どんだけ普通の人間演じても本質はクズ

これは、自分に嘘ついてるだけだからしたくない

 

結論は、

クズのままでもいい

だけど、ただのクズにはなりたくない。

答えはまだ見つかってないけど、

いつか必ず胸を張って言いたい

俺は、くずだ。


この本の内容は以上です。


読者登録

daikimoriさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について