閉じる


<<最初から読む

13 / 17ページ

試し読みできます

大根チャーハン

大根チャーハン

 

 昼食に大根葉のチャーハンを食べる。

あっさりとした和風の仕上がりだった。

 

 大根葉は生のものではなく、塩漬けを使っ

てあった。普段から漬物で食べているものな

ので、ご飯との相性は抜群だ。

 大根葉だけでは流石に具が寂しいから、ち

りめんじゃこも入っていた。

タマゴもちゃんと入っていて、栄養価的には

ばっちりだったと思う。

 

 しかし、お皿に盛りつけられた時、その見

た目がなんとも地味だった。

 タマゴが入っているにもかかわらず、なん

だかタマゴの黄色が薄い。ご飯をたくさん入

れたところに、卵を一つしか居れなかったの

かもしれない。

 大根葉の緑色は鮮やかで、漬物なのに色が

変わっていないのが良かった。

 ちりめんじゃこは、食べてみるまで入って

いるかどうかわからないくらい、上手く中に

忍び込んでいた。

色白のじゃこだったのが良かったのだろう。

 

 お皿に盛り付けるときに、使っていたフラ

イパンが気になった。

底一面にご飯がこびりついてしまっていたの

だ。

 元は今流行の特殊コーティングのフライパ

ンで、新品の頃は全く食材が焦げ付かず、と

ても使い勝手が良かった。

 しかし、長い間使っていると、コーティン

グがとれてしまって、全く普通のフライパン

のようになってしまう。

いや、油をひいても焦げ付くところは、鉄の

フライパンよりも具合が悪いかもしれない。

どんなに油をひいて使い込んでも、油がなじ

む気配がなく、焦げ付いてしまう。

 

 多分コーティングの下地に使われている金

属が、ちょっと違うのかもしれない。

それとも安物を買ったから、下地の具合がよ

くないのかもしれない。

 何にしても、コーティングが剥がれた後の

使い勝手が悪いということは、コーティング

があるうちだけが製品寿命なのだろう。

 コーティングを傷つけないように、金属の

ヘラなどは使っていないはずだが、それでも

時間が経ったら材料との摩擦で剥がれていく

のだろう。

 

 こうして見てみると、焦げ付かないコー

ティングのフライパンは、定期的に買い替え

るように作られているのかもしれない。

 使うたびの手入れが大変な鉄のフライパン

を使うか、使いやすくて定期的に買い替える

コーティングのフライパンを使うか…。

 まあ私は、そんなに頻繁に調理しないので、

楽なコーティングの物でも長持ちするから、

そちらを使ったほうが良さそうだなと思いま

した。

 

ーーーーー

 


13
最終更新日 : 2014-11-03 14:07:06

試し読みできます

おじや

おじや

 

 朝食におじやを食べる。

食べると体の中から温まる一品だった。

 

 ここ最近どんどんと朝が寒くなってきてい

て、そろそろズボンの下に股引を履かなけれ

ばいけなくなるかもしれない。

 そんな寒い早朝に、原チャリで走っていか

なければならないのだから、朝食は暖かいも

のでないと困る。

 

 ご飯に味噌汁でも暖かいのだが、どうもこ

う芯から温まるところまではイカない。

せいぜい口から喉にかけて温かくなるくらい

か、もう一杯味噌汁を飲んだら、お腹から温

まるだろう。

 しかし、朝食に飲む味噌汁は、大抵インス

タント。おかわりを作っているうちに、体が

冷めてしまう。

 

 そこでおじや。

味噌汁と違って適度にご飯の粘りが出ていて、

お腹の中に入ってからも、なんだか暖かいま

までいるような気がする。

もちろん胃が熱くて困るということは無いが、

一杯食べた時点でうっすらと額に汗が浮かぶ。

 二杯目を食べ終わると、まるで運動前の

準備運動をしっかりとしたくらい、体が温

まっている。

すぐにでも行動に移せる状態に、食事だけで

持って行くことが出来る。

 

 ラーメンでもかなり体が温まるのだが、い

つもラーメンではなんだかとても体に悪そう

だ。そういうことで、たまにおじやを挟んで、

体に気を使ってみる。

 しかし、毎日おじやというのも胃に悪そう

なので、これから冬の朝の食事は結構悩みま

す。

 ご飯と味噌汁の後に、温かい飲み物でいい

ではないかと言われると、それまでですが。

 

ーーーーー

 


14
最終更新日 : 2014-11-03 14:07:06

試し読みできます

カレー

カレー

 

 夕食にカレーを食べる。

今回は少しやり過ぎた。

 

 いつも通りの他の家族向けの穏やかなか

れー。

 いつも通りに自分に向けて味付けして、一

人で楽しむことにした。

 

 鍋を火にかけて、温まってくるまでの間に、

お皿に香辛料を振っておく。他の家族がまだ

食べるかもしれないので、鍋の中には入れる

ことが出来ない。

 カレーに使う本格スパイスがあれば、もっ

と薫り高いものを楽しめるのだろうが、カ

レー以外に使うことがなさそうだし、私しか

使わなかったら使い切れないかも知れない。

だから、普段から使うことが多い、一味とコ

ショウで辛味を足していただく。

 

 正直今日は失敗した。

お皿に振る唐辛子の量を増やしすぎて、あま

りにも辛くなりすぎた。

 一口二口食べた当たりで、額から汗が噴き

出してきた。今日はまだ昼間も暖かかったが、

日が落ちるといっぺんに涼しくなる。

にもかかわらず、私だけ汗だく。お風呂まで

にシャツを着替えなければならなかった。

 気持ちいいと言えばそうだが、ちょっと口

の中が痛い。唇もひりひりして、水を飲んで

もしばらく痛かった。

 

 何事も程々が大切であると、改めて思いま

した。

 

ーーーーー

 


15
最終更新日 : 2014-11-03 14:07:06

試し読みできます

鮒寿司

鮒寿司

 

 生まれて初めて鮒寿司を口にする。

大変複雑な味わいだった。

 

 今日は仕事の関係で、滋賀県に出かけた。

朝一番は肌寒く、大きいジャンパーを着てい

なければ寒かったのに、昼間はTシャツ一枚

でもうっすらと汗をかくような陽気だった。

 

 メインのイベントは室内であるのだが、そ

ちらはあっという間に見終わってしまう。

毎年あるのだけれど、大抵本命の方をあっさ

りと済ませてしまっている気がする。

 一通り見終わって、外の仕事関係の展示会

や地域の物産展を見て回る。

 その中に、鮒寿司の販売と試食があったの

だ。

 

 鮒寿司。

ずっと昔から、日本有数の臭い食べものとし

て、食べ物の本を読む度に目にしてきたもの

が、今目の前に。そしてそれを試食できると

いうのだから、何とも言えずそわそわしてし

まった。

 まずそのコーナーの傍に行ってみて、不思

議に思ったのが、匂いがあまり漂っていな

かったこと。

うわさ通りのものであるのならば、屋外で開

けているとはいえ、その場所だけ人が避けて

通るくらいの事があってもおかしくないので

はないだろうか。

しかしそんなことはなく、隣のブースにも人

は寄って来ていた。

 

 とりあえず見るだけでもと、ブースの人の

前に立つ。

少し話を聞いてみると、匂いを抑えるよう

にして作ってあるとの事だった。

 これならば私でも食べることが出来るかも、

と気軽な気持ちで試食させていただいた。

 

 他の食べ物で一番近いのは、鯖の酢づくり、

〆鯖かなぁ?口に入れて噛み締めた瞬間の味

は、こんな感じ。

 その後噛んでいると、特有の匂いが出て来

て、苦手な人はここで出してしまうかもしれ

ない。私も少し困った顔になった。

 酸味も強く、酸っぱいものが苦手だと食べ

るのは難しいと思う。

乳酸菌発酵による酸味だと思うので、お腹に

は優しいだろう。

 もらったチラシには、独自の製法で臭みを

少なくしているとのこと。口に入れる前に戸

惑うことがないというのは、今まで聞いてき

た噂からすると、凄く匂いが少ないのだろう。

 

 食べ終わった後に口の中に匂いが残った、

その場にお酒があったら、口の中の匂いをお

酒で流し、また鮒寿司を食べるというくり返

しになる、そんな味わい。

 買おうかどうか迷ったのだけれど、半身単

位でしか売ってなかったので、やめておいた。

多分、私一人で家族から文句を言われながら、

寂しく食べることになりそうだから。

 

 帰りの道の駅でも鮒寿司を見つけたが、イ

ベントブースで売られていたものと比べると、

倍くらいの値段が付いていた。

 いいお店だったんだなぁ…。

買わなかったことを残念に思います。

 

ーーーーー

 


16
最終更新日 : 2014-11-03 14:07:06

試し読みできます

奥付



ぼちぼち生きてます第十二集


http://p.booklog.jp/book/90482


著者 : 出雲一寸
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/izumoissun2013/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/90482

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/90482



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



17
最終更新日 : 2014-11-03 14:07:06

この本の内容は以上です。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について