閉じる


試し読みできます

コージェネレーション

 

 


共同の 生産の それはそうそうコージェネレーション

オスとメスとの交わりに 雄しべと雌しべのはずかしめ

この世の神秘は共同の 生産に尽きるコージェネレーション

 

left zoom も一区切り これから綴るはコージェネレーション

排他意識も適当に 無駄な存在無いとなナイト

一刺し命のミツバチが 何をしてるか受粉を成してる

一刺し凶器のミツバチが せっせ築いたどこの子ハチノコ

黒いカラスを忌み嫌う ご近所腐敗の獣を知らず

黒いカラスを追い払う 影に隠れるコージェネレーション

遠い因果の要には 全てが意味成すコージェネレーション

記憶と意識と肉体が ここに蓄積コージェネレーション

 

 

 

 


試し読みできます

回想

 

 

 

結末知らずに見るのは movie 結末知るよに振舞う maybe

どんな時間を過ごしてる? どんな未来を描いてる?

夢に希望に力強くも 後の祭りに心細くも

笑って泣いて つかみほどいて 追って追われて 洗い流して

 

春の期待に 夏の香りに 秋の寂しさに 冬の温もりに

雲が流れて雨が降る 雲が流れて日が照らす

そのうち全ては受身になって 私はこの世の何かになって

人であった日を思う 人であれた日に還る 人で無くとも人で泣くとも

衰え崩れる肉体は 若き日にこそ性を知らしめ

知を得て広がる精神は 老いし日にすら生を知らしめ

今が良くとも悪くとも 過去にしてこそ回想の美に

 

 

 


試し読みできます

おんなごころ

 

 

 

二億の鼓動過ぎたあたりで 人は死ぬとかどうだとか

3万人の自殺の陰で 行方不明が8万だとか

ひとつひとつの命でも 感に響くはごく一部とか

 

ねぇ こんなワタシでも 人を好きにもなって・・

ねぇ こんなワタシでも 人の好きにもなって・・

だけどね絵 出会いの中にしか 感じられないものねぇ

だけどね獲 出会いの中にしか つかめないものねぇ・・

ひとり鏡 鳥のさえずり 気付けば明けた夜を背に

ひとり鏡 頬乾く涙筋 化粧して朝を背に

隠し歩く おんなごころ

 

 

 


試し読みできます

時々・・

 

 

 

遠見うなづき 近くにかしげ

よく見たらボタンを 掛け違えてたり

ほんの一秒 ずれてるような

止まれ続き赤色 信号睨む

 

暑くなるとか 雨が降るとか

過ぎて忘れそれでも 信じて今日も

気付かなくても 見られていたり

気付いていても 見ていないフリ

誤魔化していても 合わせていても

きぐるみのままじゃ 息苦しくて・・

なんてそれはワタシの 弱さだけどね

人工なんて 言っているけど

それすらも神には 自然となるわ

なんてね・・

 

 

 


試し読みできます

アンダーグラウンド

 

 

 

秘め来る未来 日めくり可憐 姫たる女体 枯レンだぁ

然したる思い 指したる想い 刺したらヤバイ 重いんだぁ

激動の時代操作 躍動の奇才淘汰 玉砕のどうだこうだ

天災の渦に盆栽流れ 天才も時に転載のがれ

 

欲の回路は賄賂に染まり 並のサマリーサラリーマン

立った立ったがクララなら アグラかいてるバイアグラ

噴火! 粉花? 鎮火! 沈下?

アンダーグラウンド

 

 

 



読者登録

k.kさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について