twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 荒木優太
価格 無料
タグ 葉山嘉樹プロレタリア文学近代文学日本文学プライヴァシー建築
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

58 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 9ページ (Web閲覧)
20ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
葉山嘉樹の小説に登場する住環境はろくなものがない。基本的に狭く、室の区別も曖昧で、隙間や穴によって虫食い的に外部に曝され、どれも数十年住むことを計画していないような仮(借)宿として成立している。それ故に、そこには、中流家庭で可能な程度のプライヴァシーさえ認められない。しかしながら、鴎外『舞姫』に代表されるように、近代文学の多くが静寂な個室(プライヴェート・ルーム)の物理的環境に依存していたことを想起したとき、葉山文学の粗末な住環境は、翻って近代文学が暗黙のうちに前提にしていた諸々の条件(例えば「自己」の考え方)を捉え直すきっかけを与えてくれる。葉山文学を建築的視点から読み直し、そこに認められる非密室性、それを支える家の共同性や人員の流動性を評価することで、近代文学の前提を問い直すアプローチを試みる。

【目次】
序、近代文学のプライヴァシー
一、禁じられた密室――『誰が殺したか』『それや何だ』『鼻を覘ふ男』『海底に眠るマドロスの群』
二、『恋と無産者』の住環境ギャップ
三、マイ・ホーム建築計画――『屋根のないバラック』『窮鳥』
四、書くことの特権性――『恋と無産者』『窮鼠』
五、『義侠』に於ける書くことの自意識
六、葉山嘉樹と埴谷雄高

【略年譜】
昭和1(1926)年 『そりやあ何だ』、『文芸戦線』3月。『誰が殺したか』連載開始。
昭和2(1927)年 『鼻を覘ふ男』、『新潮』8月。
昭和4(1929)年 『海底に眠るマドロスの群』、『改造』1月。『恋と無産者』、『福岡日日新聞』1〜2月。
昭和8(1933)年 『屋根のないバラック』、『文芸春秋』11月。この年、借家生活から抜け出そうと、バラックを建築する計画を立てるが、途中で挫折する。
昭和9(1934)年 長野県の赤穂に移り住む。
昭和10(1935)年 『窮鳥』、『行動』7月。
昭和12(1937)年 『窮鼠』、『日本評論』2月。
昭和16(1941)年 『義侠』、『中央公論』、8月
昭和18(1943)年 満州建国の開拓団の一員として旅立つも、赤痢を患わって死去。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

もっとみる