閉じる


<<最初から読む

41 / 42ページ

あとがき

 あとがき

 

 今月は予定を変えて、飛び入りの作品を書きました。実は先月に現代物を書き上げた直後に、ふっと浮かんだネタです。
 きっかけは、久しぶりに韓流時代小説〝何度でも、あなたに恋をする~後宮悲歌〟を思い出したことでした。今から丁度一年前、完結した愛着のある懐かしい作品です。
 思い出して所々読み返してみましたが、哀しい―。自分で書いていて、ラストの明姫が亡くなるシーンを描くときは泣いた記憶はうっすらとあるのですが―笑、やはり一年経っても、哀しい話です。確か一旦完結してから、あの終わり方ではユンがあまりに可哀想だからと第二部を書いたのです。
 明姫にそっくりな女の子がユンの新しい王妃になるという設定でした。
 あれから一年以上が経ちました。そしてまた読み返してみて、今度は明姫があまりに気の毒だと思いました。そんなことを言っていたら、キリがないのですが―。それでも、何か二人のその後の話を書かずにはいられませんでした。荒唐無稽だと思われるかもしれませんが、作者としては、明姫の身代わりなどではなく、彼女そのものにもう一度、最後の最後でユンと幸せになって貰いたいと考えたのです。
 従って、一年前、後宮悲歌をご覧下さっていた方々にはご不満があるかもしれませんが、〝これが最後の完結編〟です。読んで下さった方の中にお一人でも、この終わり方が良いなと思って下さった方がいれば救われます。
 今回の話を書くに当たり、本編を再度ひもといて読み返しつつ描きました。二人にもう一度会えて愉しかったのですが、やはり難しい面もありました。この話を読んだだけでも愉しんでいだたけるようにというか理解できるように極力工夫したつもりでも、やはり、限界があると思います。
 その点がいささか心配ですが、作者としては、こうして幸せな二人を描くことができて幸せでした。
 この機会に作者自身ももう一度、二人の物語りを読み直してみるつもりです。
 それでは、今回もありがとうございます。

2014/08/22
  
  
     


奥付



最初に出逢った日のように~一片丹心・300年の恋~


http://p.booklog.jp/book/89327


著者 : megumi33
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/megumi33/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/89327

ブクログ本棚へ入れる
http://booklog.jp/item/3/89327



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ



この本の内容は以上です。


読者登録

megumi33さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について