目次
目次
第1章 総論
はじめに  リストレーションって何?
なぜ、リストレーションをするのか? しなければならないのか?
リストレーションは医療なのか? それとも、、、?
なぜ、管理者はリストレーションを広めようとしているのか?
リストレーションは誰にでもできる手技である!
リストレーションの対象になりにくい状態について
再確認! リストレーションと従来の整体方法論(管理者も開業検討中!)
号外記事です! 関節は硬くしてしまっても、、、
第2章 リストレーション手法についての原則的な考え
カウンターアクションを理解すること
関節運動やストレッチなどは後回しにして構わない(すぐには行わなくて良い)
特定の部位にこだわらないで全身そして左右均等(対称)を意識すること
ベッドや椅子など姿勢にも気をつけて対応すること
できるだけ揉み返しが生じないようなほぐし方の実践について
基本的な手指の使い方の再確認
ほぐされている感覚、体感について
第3章 今まで片麻痺について集中的に説明してきた理由を整理する
片麻痺回復の従来解釈には致命的な見落としがある(間違っている!)
教科書が正しければ例外的な回復を認めることは説明できない
実は姿勢や動作によって、いくらでも筋緊張の亢進、姿勢不良は助長されている
麻痺回復には筋肉の過緊張は不要
関節変形、姿勢不良、異常歩行は実は調整不良の結果なのではないか?
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

目次

目次(構想中です)

 

第1章 総論

 

 はじめに  リストレーションって何?

 

 なぜ、リストレーションをするのか? しなければならないのか?

 

 リストレーションは医療なのか? それとも、、、?

 

 なぜ、管理者はリストレーションを広めようとしているのか?

 

 リストレーションは誰にでもできる手技である!

 

 リストレーションの対象になりにくい状態について

 

 再確認! リストレーションと従来の整体方法論(管理者も開業検討中!)

 

  号外記事です! 関節は硬くしてしまっても、、、

 

第2章 リストレーション手法についての原則的な考え

 

 カウンターアクションを理解すること

 

 関節運動やストレッチなどは後回しにして構わない(すぐには行わなくて良い)

 

 特定の部位にこだわらないで全身そして左右均等(対称)を意識すること

 

 ベッドや椅子など姿勢にも気をつけて対応すること

 

 できるだけ揉み返しが生じないようなほぐし方の実践について

 

 基本的な手指の使い方の再確認

 

 ほぐされている感覚、体感について

 

第3章 今まで片麻痺について集中的に説明してきた理由を整理する

 

 片麻痺回復の従来解釈には致命的な見落としがある(間違っている!)

 

 教科書が正しければ例外的な回復を認めることは説明できない

 

 実は姿勢や動作によって、いくらでも筋緊張の亢進、姿勢不良は助長されている

 

 麻痺回復には筋肉の過緊張は不要

 

 関節変形、姿勢不良、異常歩行は実は調整不良の結果なのではないか?

 

 片麻痺の筋緊張亢進状態は意外と簡単に調整できると考える

 

 片麻痺症状改善とリストレーションの意味を再考する 

 

第4章 錐体外路(すいたいがいろ)症状にはリストレーションは有効なのか? 

 

 

、、、、 以下 内容検討中

 

 

 


1
最終更新日 : 2015-06-23 07:57:49

試し読みできます

はじめに  リストレーションって何?

こんにちは。

管理者の寅 加太夫です。

もちろん、本名ではありません。誤解されないようにお願いいたします。

 

リストレーションとは

管理者独自の呼び方であって

基本的にはリラクゼーション、マッサージと同じような対応のように

イメージしていただいて構わないものでございます。

 

しかし

決定的に管理者対応としてのリストレーションについては

今、申し上げたような

リラクゼーションとかマッサージなどなどとは

決定的な相違があるということなんですね。

 

それを極端に申し上げれば

専門的な手法ではなく

知識、技術などの取得などが不要のものであると考えれられるからなんですね。

 

????

 

管理者の手法については

身体のウオーミングアップということをイメージしてみれば

わかりやすいと思いますけど。

特に全身的に筋肉を軟らかい状態にするだけのことを

まず対応する手法なんですね。

 

ですから

マッサージ的にほぐすようなこととして

思われてもいいわけですけど。

 

実は、ほぐし方の手順が違うんです。

硬い筋肉、緊張している筋肉、短縮している筋肉など

とにかく、強く揉むようなことは一切行わないわけです。

 

????

 

皆さんも自分の身体で行ってみればいいだけのことですけど

肩が凝っているような状態として

硬いままの筋肉を揉みほぐせば

当然、痛みを強く感じますよね。

 

で、その凝っている筋肉が

少しでも揉みほぐす前に軟らかさができれば

同じ強さで揉むとしても

痛みの感じ方が緩和するはずです。

 

、、、、

 

ですから

全身的に筋肉の柔軟性を改善させるために

揉むということは

直接的に大事なことですけど。

揉む前に緩める状況を意識的、意図的に作ってしまえば

それだけで

揉むということを行う人も、される、受ける人も

お互いにラクにほぐすことができるようになるということなんですね。

 

????

 

で、こういう方法論は

当然ですけど、どこにも説明がないと思います。

実におかしな話なんですけどね。

 

、、、、

 

もちろん、一見すると

リストレーションとして管理者は行っているわけですけど

通常のほぐし方のようにしか見えないと思います。

 

それだけなんですね。

 

、、、、

 

よろしいでしょうか?

 

管理者は一応作業療法士です。

でも、行っている対応は

ほとんどをリストレーションに費やしております。

関節可動域練習とかストレッチとか

 

お客様の希望などによっては必要性が

高い状況においては

内容には組み込みますけど

基本的に、大して実践することはありません。

 

そして、筋トレなどの対応も行いません。

基本的動作としての

ベッドなどでの寝返りとか起き上がりとか

そういう練習も

まず、行うことはありません。

 

平行棒とかバランスマットとか

立位や歩行の調整、確認だけは実施しますけどね。

 

、、、、

 

よろしいでしょうか?

 

臥位、座位中心に全身的にリストレーション

それは誰が見ても

マッサージと同等のようなことでしかありません。

そして、立位や歩行の調整だけを行っているということになります。

重りをつけての四頭筋強化くらいは

自主トレとして行ってもらうことは多いですけどね。

 

関節への調整、ストレッチや筋トレ

基本動作的な動作練習も

場合によっては、いわゆる麻痺回復の促通手技などについても

あまり意識しては行うことはありません。

 

つまり、管理者は

通常のリハビリの場面で

一連の対応としている治療的内容は

ほとんどスルーしていることになるわけです。

 

、、、、

 

しかし、リストレーションという

管理者独自の命名ですので

違和感があると思いますけど

その対応によって

お客様には、どんどんといろいろな変化を認めるようになるわけです。

 

、、、、

 

ま、今回の電子書籍化については

今、申し上げたように

リストレーションという対応によって

お客様には変化を認めることが

経験上、非常に多いわけですけど。ほとんどなんですけどね。

 

いくらなんでも

その理由、メカニズムなどを

きちんと説明するようにしておかないと

皆さんに

しっかりと継続して

誰かにリストレーションのような対応を行っていただくときに

理論的な裏づけがないと

説得力がありませんよね。

 

、、、、

 

ま、そういう意味を強く持たせて

どうして

人の身体には全身的に

いろいろな変化を認めるようになるのかを

皆さんと一緒に考えていただき

 

いかに、リストレーションを行うにあたって

医療とか専門性などのような

思い込みの垣根を取っ払ってしまうか

 

つまり、誰にでも

簡単に対応可能であるということを

皆さんによって

世の中に広めていただけるようになっていくことに

大きな期待を持っているということなんです。

 

、、、、

 

もはや

超高齢化の波を食い止めることはできません。

誰もが急速に身体の変化によって

医療や介護の必要な状態が

どんどんと構築されてしまうわけです。

 

しかし、それは

決して、医療や介護にゆだねなければならない問題ではなく

実は

誰でも調整できるような状況も

相当の確率で含まれているわけです。

 

誰にでもできる簡単で

しかも安全な対応が

日常的に行われるようになれば

そこには、無駄に医療費や保険、そして場所や時間の制約は

激減していくと思います。

 

そういう社会にならなければ

いたずらに弱者は

金づるにされてしまい

弱っているにもかかわらず

さらに、専門的なようにみえる

適当な対応によって

いつまでも、状態が改善しないままで

過ごすことになっていくように思えてならないのです。

 

、、、、

 

ま、最初からヒートアップしても仕方ありませんし

しつこいですから

このくらいにしておきますけどね。

 

世界中、どこを探しても

このようなことを発信しているものはありませんし

別に、とんでもなく

医学用語を持ち込むつもりもありませんので

お気軽にお読みいただければ

幸いに思います。

 

管理者  寅 加太夫  敬白


2
最終更新日 : 2015-06-22 09:34:29

試し読みできます

なぜ、リストレーションをするのか? しなければならないのか?

リストレーションについてあらためて申し上げておきますが

管理者の造語であって、世間一般には

まったく普及、浸透していない言葉です。

ま、単語の意味については

辞書やらネットで調べていただければ

きちんとした説明がございますので、ここでは省略しておきますけどね。

 

で、リストレーションということは

マッサージとしてイメージしていただいても

それほど差し支えはありませんが

筋肉をほぐす前に

筋肉そのものに緩みを持たせるということを

意識して行う手技、手法として

管理者が実施しているものなんですね。

 

そして、そのように

筋肉を最初から緩めてしまうことを

これもまた造語になりますけど

カウンターアクションとして用いております。

 

????

 

皆さんに意識、イメージしていただきたいことは

いつも申し上げていることですけど。

 

スポーツ、運動の前には

何をするか?

という基本的なことになります。

 

、、、、

 

つまり、誰でも運動の前には

あるいはスポーツや試合の前には

きちんと身体の全身のコンディションを作ることであり

そのためには

ウオーミングアップをしますよね。

 

で、いきなりストレッチとか

強力にはできないことは

誰もが容易に理解していただけると思います。

 

たとえば、準備運動といっても

ゆっくり歩くことから始まったとしても

徐々にジョギングやランニングにするなどの段階付けが

あるわけです。

そして、ランニングのこととしても

いきなり終了にするのではなく

さらにゆっくりと走り続けるようにしながら

収束していくわけですよね。

 

というように

一連の運動については

軽い負荷にはじまり、終わるときにも軽い負荷に戻しながらという流れで

心肺機能を高め、異常などがないことをチェックしていき

その後の調整につなげていくようになるということです。

 

で、筋肉の調整ということでも

硬い筋肉を急に強いストレッチを行うようなことは

逆に筋肉障害を引き起こす可能性が高く

筋肉そのものの血流を良くし、筋肉の温度を高め

さらに言えば、管理者が申し上げたように

ストレッチする前に

できるだけ弾力、柔軟性に対しても良い状態にするべきであると

思うわけです。

 

ですから

管理者も、しばしば

もはや高齢、老兵ですので

温泉などにもゆっくりと入浴することがありますけど

その後には、全身は軟らかくなっていますので

同じストレッチなどの対応は

急激にストレッチをするような状況と比べれば

ま、説明するまでもなく

皆さんにはご理解をいただけると思いますけど。

 

、、、、

 

そういうことなんですね。

 

、、、、

 

したがって、この記事のタイトルについては

リストレーションということを

しなければいけないのではなく

常に筋肉は

最良の状態ということがあり

それを意識して再現するといいますか

できれば、そういう状態に近づけて

日々、日常を過ごせるようにしていくことが

極めて大事なことであると思っております。

 

????

 

え、何が言いたいのか?

 

、、、、

 

今回はスポーツやら運動のこととして

説明してきていますけど。

健康な人であっても

日常的には運動不足、身体の硬い人ばかりです。

 

そして、私たちも

日ごろから、なかなか筋肉を最良の状態にするということは

行わないで過ごしていることがほとんどです。

 

では、リハビリやマッサージを受けるような人というのは

もっと、とんでもない状態になっていて

そこでいきなり

筋肉を調整するということになった場合

 

一見すると、もっと健康な状態の人よりも

さらに調整は大変になると考えられますよね。

 

、、、、

 

そして、大問題は

管理者が盛んに発信しているわけですけど

リストレーションのような対応というのは

リハビリにしてもマッサージの業界にしても

おそらくは

きちんとした体系として

どこにも説明はなく

 

それが何を意味しているか?

 

といえば

 

結局のところ

リハビリやマッサージの従来の手技、手法においては

管理者が実施しているようなリストレーションという

方法論が用いられることなく

全身的な調整がなされているということになろうかと思います。

 

、、、、

 

で、断言しておきますけど

管理者はリハビリ専門職ですけど

いつでもそうなんですが

リストレーション中心、主体に

お客様には対応しているわけです。

 

リハビリ専門職として

リハビリの考え方、方法論は

それは確かにいくらかは理解できますけど。

 

しかし、独自の対応方法で

ほとんどの場合に勝負しているわけです。

 

、、、、

 

リストレーションというのは

別にそれ自体で何かをきちんと回復させるとか

そういう意味はありません。

 

しかし、全身状態として

筋肉ができるだけ最良の状態に近ければ近いほど

関節を動かすにしても、全身の動作にしても

無駄な力を必要とせず、スムースに重心移動を行うことが

できるようになるんですね。

 

ま、極めて当たり前のことなんですけど

言い方を換えますが

リハビリを必要とする方の

そもそも、全身の筋肉を

できるだけ最良の状態に近づけるための調整を行うことを

専門職のリハビリ、マッサージでは

実は、ほとんどしっかりとはできていないんですね。

 

要するに

準備運動、ウオーミングアップが不十分なまま

リハビリやマッサージということが行われていることが

管理者には解せないわけです。

 

そして、管理者が納得できるような

お客様の全身の柔軟性、弾力が良好な状態として

認められるようになることを実践していくことにより

お客様方には 

その後の、様々な朗報が期待できると思っております。

 

、、、、

 

よろしいでしょうか?

 

リストレーションというような感覚が

今までは誰も問題にしていなかったということなんですね。

そして、するとかしないとかではなく

誰もが

そういう身体の状態になっているということになれば

そうでなければ無駄なことが

誰にでも認められるようになっているということに気づくことが

できると思います。

 

、、、、

 

これが、医療とか介護、福祉の現場には

まったく何も取り上げられることなく

弱者が泣きをみることになっている

大きな要因であると思います。

 

ま、この記事はこのくらいにしておきますけど。

皆さんには、何かを感じていただければ

それだけで幸いに思う次第です。

 

では。

 


3
最終更新日 : 2015-06-22 09:34:29

試し読みできます

リストレーションは医療なのか? それとも、、、?

リストレーションということは

まだ、皆さんにはぴんとこないと思いますけど。

実は医療には該当しないものであると考えております。

 

????

 

もちろん、専門的なマッサージという区分にも該当しないと思います。

 

、、、、

 

医療でないとするのは

リハビリということで考えてみれば

実に簡単に理解できると思いますけど。

リハビリの対象は

本当は人そのものですけど

医療としての意味で考えれば

障害ということになりますよね。

 

ですから、管理者は

片麻痺という症状、病態をターゲットとして

相当の文章を書いてきましたけど。

 

片麻痺のお客様の

非麻痺側について

皆さんは、きちんと医療として対応することが

本当に医療として認められるとお考えでしょうか?

 

、、、、

 

答えはノーということになります。

 

片麻痺の病態として

麻痺側に対応するのは

当然、障害が認められるわけですから

麻痺側を効率的に動かすための調整として

非麻痺側についても対応することは

医療に該当するとしても

説得力が多少あると思うわけですけど。

 

たとえば、管理者が対応している

リストレーションというのは

単純に筋肉の柔軟性、弾力を高めるということでの

方法論、手技なんですね。

 

、、、、

 

もちろん、強引に医療的な問題への

改善策のひとつとして

そういうことを行っているということは

決していえないことではありません。

 

しかし、リストレーションという手技は

すでにある程度紹介しておりますけど。

 

筋肉をほぐす前に

筋肉を緩めてから揉みほぐすという手法であり

そんなことは誰にでもできる

非常に単純な手技でしかありません。

 

まして、関節をしっかりと動かすとか

筋肉をストレッチするとかの方法論でもありません。

 

そういうことを

片麻痺の非麻痺側の腕や脚に行うことが

誰がみても

それを医療として認めるわけにはいかないと思います。

そんなことに保険を持ち込むわけにはいきませんよね。

 

、、、、

 

で、皆さんが納得するとしたら

当然でございますが

医療として、リハビリとして

専門職は

片麻痺のお客様に対して

お客様の非麻痺側については

少なくとも、管理者が対応しているよりは

明らかに筋肉の柔軟性や弾力に関しての調整は

いくら対応しているといっても

 

とても管理者が対応しているよりは

申し訳ありませんけど

不足しているとしか思えないわけです。

 

ま、ここでは

管理者もマッサージ業界の内情はわかりかねますので

書きませんけど。

結局、誰にでもできるような手技である以上

リストレーションというような方法論は

マッサージの体系にもどこにも説明はありません。

いえいえ、ネットで調べた限りですけどね。

 

、、、、

 

皆さんに申し上げたいことは

誰もがこういう状況に気がつかないでいて

医療としてもマッサージとしても行われない手技が

実際には相当の効果を期待できるとしたときに

 

では、いったい、誰が

こういう対応を行って

全身状態の調整が必要な人を救済していくのか?

ということなんですね。

 

で、医療としてマッサージとして

本当に早急に体系化して保険適応にできるのでしょうか?

 

、、、、

 

あはは、そんなことは

あり得ない話でございます。

 

しかし、皆さんが主体となって

世の中に少しずつでも

こういう考え方を広めていくことがあれば

皆さんの周りの一人ひとりから

全身状態を改善させていくことが

程度の差はあるでしょうけど

間違いなく可能であり

そのことによって

介護の必要な人への対応の仕方、あり方

すべてが、大きく変わる可能性が高まると思うんですね。

 

ま、この記事はこのくらいにしておきますが

 

管理者が行っている、発信しているリストレーションは

これからも

医療やマッサージとしては認められないものであると思っております。

で、当然ですけど

誰かに対応してもらおうとしても

誰も行うことのない考え方として

問題にさえ取り上げられないものになってしまうかもしれません。

 

ま、管理者には

どうでもいい話ですけどね。

 

世の中っておかしいと思いますよね。

では。


4
最終更新日 : 2015-06-22 09:34:29

試し読みできます

なぜ、管理者はリストレーションを広めようとしているのか?

管理者は現在は

デイケア(通所リハビリテーション)に勤務していますけど。

ま、今年は転職を考えている状況が続いております。

ネットを通じても

東京の転職の会社に資料を提示しましたけどね。

 

あはは、特に

そこからの連絡は一切ありません。

もっとも、お金を払っているわけではありませんので

何も文句は言えませんけどね。

 

それにしても

そういう会社というのも

誠意があるのであれば

一定期間過ぎたら、きちんと連絡をするべきではないかと

思っておりますけど。

世の中、非常識なことばかりがあるように思えてなりません。

 

さてさて

すでに前回の記事にも書いてありますので

あえて管理者がリストレーションを世の中に広めようとしている

その理由をあらためて申し上げることは

必要ないとは思っておりますけど

 

、、、、

 

ま、皆さんには

身体の状態において問題がなければ

なかなか想像できないかとも思いますけど。

 

実際に

多くのリハビリを必要とされるお客様に対応しているわけですが

いつでもお客様は

リストレーションを行った後には

直後ということですけど

明らかに状態の改善を訴える方が

とんでもなく多いわけです。

 

、、、、

 

いえいえ、もちろん

状態によっては悪い方向に作用することも

当然のように起きるということは申し添えておきますけどね。

 

、、、、

 

そして、お客様にしてみれば

管理者の対応しているリストレーションという

そのことによって

身体に入力される刺激については

ほとんどの方は

過去に同じような刺激が入力された経験はないと判断できるんですね。

 

、、、、

 

ま、管理者独自の方法論ですから

同じような刺激が入力されることのほうが

あり得ない話ですけど(笑)。

 

、、、、

 

で、単に

リストレーションが気持ちよかった程度のことであれば

それは特に皆さんに発信する必要などありません。

問題は、その後のお客様の

様々な所見、症状の変化にあるわけです。

 

????

 

ま、まだ

医学的な背景に基づいた

身体に変化を及ぼす事象全般の

各論的な説明をしていませんので

皆さんには

いったい、何のことかと思われるでしょうけど。

 

forkNという電子書籍のほうで

すでに出版しておりますけど

病院のリハビリがダメにした事例、、、

 

というようなタイトルでずっと事例を紹介してもいますし

 

今も、ときどき

新しいお客様の改善事例については

こういう記事の中において

随時、発信しておりますので

皆さんも、読まれていると思いますけどね。

 

別に管理者は

お客様に対しては

リストレーション中心の対応しかできていないんですね。

時間もありませんので

 

、、、、

 

しかし

実際にはお客様の身体所見、症状

動作、歩行などの全般において

様々な改善を認めるということがあるわけです。

 

????

 

ま、興味のある方には

いろいろとお読みいただければ

それだけなんですけど。

 

決してリハビリの手技や手法で

管理者のリストレーションのように

効果をかなりはっきりと感じられるものは

そうはないと思っております。

 

、、、、

 

ですから

皆さんには

別に、難しいことを管理者がしているわけではありませんので

そして

別に当たり前の対応をしているだけですので

それを

どこかの最新治療法のように

内容をベールに隠すようなことはするつもりはないわけです。

 

お客様が良くなるということを最優先して

皆さんには

発信しているということを

あらためてご理解いただければと思っております。

 

信じる信じないは

皆さん次第ですけどね。

 

では。


5
最終更新日 : 2015-06-22 09:34:29


読者登録

寅加太夫 さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について