目次
火災
白木屋火災(1932年)
函館大火(1934年)
大日本セルロイド工場火災(1939年)
大手町官庁街火災(1940年)
聖母の園養老院火災(1955年)
日暮里大火(1963年)
金井ビル火災(1966年)
菊富士ホテル火災(1966年)
池之坊満月城火災(1968年)
磐光ホテル火災(1969年)
呉市山林火災(1971年)
千日デパート火災(1972年)
済生会八幡病院火災(1973年)
西武高槻ショッピングセンター火災(1973年)
大洋デパート火災(1973年)
酒田大火(1976年)・上
酒田大火(1976年)・下
白馬プリンスホテル火災(1978年)
大清水トンネル火災(1979年)
日本坂トンネル火災(1979年)
川治プリンスホテル火災(1980年)
ホテルニュージャパン火災(1982年)
蔵王温泉観光ホテル火災(1983年)
大東館「山水」火災(1986年)
長崎屋火災(1990年)
歌舞伎町・明星56ビル火災(2001年)
炭鉱事故
夕張新炭鉱ガス突出事故(1981年)
バス事故
バス事故年表(参考)
北海道様似町バス炎上・転落事故(1945年)
和歌山県・中辺路バス転落事故(1947年)
熊本県・松尾バス転落事故(1950年)
横須賀トレーラーバス火災事故(1950年)
物部川バス転落事故(1950年)
埼玉 大宮市原市町バス・列車衝突事故(1950年)
天竜川バス転落事故(1951年)
札幌バス火災事故(1951年)
栃木県佐野市 バス・列車衝突事故(1951年)
愛媛県宇和島バス火災事故(1951年)
千葉県船橋市バス・列車衝突事故(1951年)
広島県幕ノ内峠バス転落事故(1953年)
福井市バス転落事故(1954年)
佐賀県嬉野バス転落事故(1954年)
三重県二見町バス転落事故(1954年)
北上バス転落事故(1955年)
愛媛県長浜町バス転落事故(1956年)
神通川バス転落事故(1956年)
福井県武生市バス転落事故(1956年)
高知県伊豆坂峠バス転落事故(1957年)
和歌山県高野・天狗谷バス転落事故(1958年)
京都亀岡・山陰本線バス衝突事故(1958年)
神戸八幡踏切バス衝突事故(1958年)
大阪市東淀川区新庄村・バス踏切衝突事故(1959年)
岡山県福渡町バス転落事故(1959年)
長野県北安曇郡美麻村バス転落事故(1959年)
仙台市作並街道バス転落事故(1959年)
比叡山バス衝突・転落事故(1960年)
横浜市滝坂踏切バス衝突事故(1960年)
岡山県真庭バス踏切事故(1960年)
長野県松本市バス転落事故(1960年)
京都府日向町バス踏切事故(1961年)
北海道渡島バス転落事故(1962年)
岡山県久米郡中央町バス転落事故(1963年)
長崎・北松浦バス転落事故(1963年)
岡山県倉敷市バス転落事故(1964年)
奈良県大和高田市バス転落事故(1964年)
長野県佐久市バス転落事故(1964年)
和歌山県熊野川バス転落事故(1965年)
日光市湯の湖バス転落事故(1965年)
大牟田市天領町バス衝突事故(1965年)
長岡市曾地峠バス・トラック正面衝突事故(1967年)
富山県八尾町マイクロバス転落事故(1967年)
山梨県韮崎バイパスバス・トラック衝突事故(1968年)
飛騨川バス転落事故(1968年)
岡山県玉野市バス転落事故(1969年)
徳島県勝浦バス転落事故(1970年)
岐阜県高根村・マイクロバスダム転落事故(1970年)
青木湖バス転落事故(1975年)
犀川・笹平ダムバス転落事故(1985年)
豊浜トンネル崩落事故(1996年)
舞鶴市バス水没事故(2004年)
鉄道事故
本邦初の鉄道事故は?
東海道線西ノ宮列車正面衝突事故(住吉事故)(1880年)
箒川列車転落事故(1899年)
東岩瀬駅正面衝突事故(1913年)
東北本線・古間木-下田駅間正面衝突事故(1916年)
北陸線・雪崩直撃事故(1922年)
逢坂山・東山トンネル連続墜落死事故(1926年頃)
柳ケ瀬トンネル煤煙窒息事故(1928年)
久大本線ボイラー爆発事故(1930年)
瀬田川転覆事故(1934年)
安治川口ガソリンカー火災(1940年)
米坂線脱線転覆事故(1940年)
土浦事故(1943年)
沖縄県営鉄道 弾薬爆発事故(1944年)
八高線列車正面衝突事故(1945年)
八高線列車転覆事故(1947年)
近鉄奈良線暴走事故(1948年)
桜木町火災(1951年)
東田子の浦・列車衝突火災事故(1955年)
参宮線六軒事故(1956年)
三河島事故(1962年)
鶴見事故(1963年)
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・上
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・下
餘部(あまるべ)鉄橋列車転落事故(1986年)
信楽高原鐵道正面衝突事故(1991年)
三陸鉄道南リアス線脱線事故(1994年)
山岳事故
木曾駒ヶ岳大量遭難事故(1913年)
爆発事故
鳥取・玉栄丸爆発事故(1945年)
二又トンネル爆発事故(1945年)
小勝多摩火工爆発事故(1953年)
秋葉ダム爆発事故(1955年)
墨田区花火問屋爆発事故(1955年)
日本カーリット工場爆発事故その1(1955年)
上郷村花火工場爆発事故(1959年)
第二京浜トラック爆発事故(1959年)
天六ガス爆発事故(1970年)
日本カーリット工場爆発事故その2(2008年)
日本カーリット工場爆発事故その3(2010年)
水害
青森県鰺ヶ沢の鉄砲水(1945年)
その他
トライアングルウェストシャツ工場火災(1911年・アメリカ)
ココナッツ・グローブ火災(1942年・アメリカ)
シドニー空港「キース君」転落事故(1970年)
聖水大橋崩落事故(1994年・韓国)
三豊百貨店崩壊事故(1995年・韓国)
三河島紀行(フィールドワーク)
グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故(1910年・アメリカ)
パロマレス米軍機墜落・核爆弾紛失事故(1966年)
イノバシオン百貨店火災(1967年・ベルギー)
東日本大震災体験記
ささやかなる被災
ささやかなる被災・燃料の不足のこと
ささやかなる被災・物品の不足その他
水難事故
『真白き富士の根』七里ガ浜ボート転覆事故(1910年)
玄倉川水難事故(1999年)
群集事故
日暮里駅・跨線橋転落事故(1952年)
弥彦神社事故(1955~56年)
大阪劇場事故(1956年)
和歌山市民会館将棋倒し事故(1957年)
秋田市川尻・山王体育館転倒事故(1957年)
横浜歌謡ショー将棋倒し事故(1960年)
松尾鉱山小学校転倒事故(1961年)
大阪造幣局「桜の通り抜け」将棋倒し事故(1967年)
豊橋市立体育館将棋倒し事故(1982年)
ヘイゼルの悲劇(1985年・ベルギー)
日比谷野外音楽堂コンサート事故(1987年)
ヒルズボロの悲劇(1989年・イングランド)
大阪市「ウインズ梅田」&北海道「ウインズ札幌」将棋倒し事故(1995年)
生駒山コンサート事故(1999年)

閉じる


<<最初から読む

55 / 148ページ

仙台市作並街道バス転落事故(1959年)

 ありゃ。筆者の住む山形県天童市から、そう遠くない場所で起きた事故である。
 時は1959(昭和34年)12月2日。仙台駅前を出発し、山形寄りの芋沢という地区へ向かっていた一台のバスがあった。これは仙台市営のバスで、20人ほどが乗っていたという。
 これが仙台市八幡町の作並街道を走行している時、悲劇は起きた。当時このバスは結構なスピードを出していたようだ。それが対向車とすれ違う際、ハンドルを切り損ねてしまったのだ。
 そこは弘法山という山の山道で、はるか眼下には広瀬川が流れていた。皆さんもご存じ、青葉城恋唄でも登場するあの広瀬川である。しかしこれは痛ましいバス事故の話、情緒にひたってもいられない。「広瀬川~流れる崖下40メートル、転落バスはかえらず~♪(字余り)」である。ゴロゴロズザザザボチャーン! とバスは転落。27歳の男性運転手と、その他4人の男性客の計5人が死亡したのだった。合掌。
 
【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


比叡山バス衝突・転落事故(1960年)

 1960(昭和35)年7月24日のことである。比叡山の頂上から延びる一本の道を、2台のバスが縦走していた。
 バスは現在の全但(ぜんたん)バス株式会社のものである(以下「全但バス」)。この日は神戸市葺合(ふきあい)遺族会(※)の会員とバス乗務員が、2台に分乗して旅行中だった。
 
(※)神戸市葺合区というのは古い呼び名で、1980年には生田地区と統合されて中央区になっている。阪神大震災でも甚大な被害があったあの地区だ。
 
 彼らは延暦寺の根本中堂と近江神宮を巡っている真っ最中。次の目的地に到着したら、そこで食事を採る予定だった。時刻は昼。無事に到着すれば、昼食にありつける頃合である。
 さて、時刻は午後12時25分頃。バスは、間もなく比叡山ドライブウェイと合流する交差点へ差しかかろうとしていた。
 ところがここで異変が起きる。
「あれっ、ブレーキが利かないぞ!」
 それは2台のバスのうち、後続のほうのバスだった。下り坂だというのに、これは洒落にならん話である。速度も40キロほど出ており、運転手は真っ青。だがそうしている間にも、バスはどんどん坂道を滑り降りていく。
 そのうち、前方の反対車線に一台のバスが停止しているのが見えてきた。これは現在の京阪(けいはん)バス株式会社のもので、根本中堂から京都三条へ向かうところだった。
 場所は勝尊院から北へ5メートルのカーブで、そしてバス停の付近だったという。もしかすると京阪バスの方は、バス停で停止していたのかも知れない。ともかくここで、2台のバスは衝突してしまった。
 京浜バスのほうは、幸いにも衝突による破損のみで済んだようだ。やばいのはノンブレーキで坂を下ってきた全但バスである。こちらは勢い余って山道のガードレールを突き破ってしまった。
 この衝突の際の衝撃は凄まじいものだったようだ。ガードレールは52センチの高さで、レールは60センチ四方のコンクリートブロックによって支えられていた。にもかかわらず、バスはそれを根っこからなぎ倒して突破してしまったのだ。
 そしてガードレールを突き抜けると、そこは急勾配の山の斜面であった。
 また全但バスにとっては間の悪いことに、当時この斜面は工事中だったため、樹木が取り払われていた。よってバスは障害物も何もない状態でほとんど自由落下。約20メートルほど転がり落ちて、下の道路にいったん着地した。
 あ、20メートルで止まったの? 他のバス事故に比べればまだマシなほうじゃん。
 ――と、ここで安心してはいけない。「いったん」と書いたのは、ここでバスがボヨヨ~ンとバウンドしてしまったからだ。
 それで、バスはさらに南谷と呼ばれる谷へ落下。おそらくこれも斜面を転がり落ちる形になったのだろう。やっとのことで停止したのが衝突現場から150メートルも離れた場所で、当時の新聞によると最後は「斜面に逆立ち」になってしまったという。これは参考資料のリンク先のブログに写真が載っているが、斜面で完全に引っくり返ったということのようだ。
 これだけの大惨事で乗客も無事なわけがない。転がり落ちたバスには44人が乗っていたが、うち女性車掌ひとりと、遺族会の男性7名と、さらに女性20名の合計28名が死亡した(後で増えたのか30名という資料もある)。中には子供も含まれており、即死は24名だったという。
 また、衝突を受けた京阪バスでも4名の軽傷者があった。
 
※↓当時の新聞記事(リンク先ブログに詳細な図版・写真等あり)
 
 霊山・比叡山にして神も仏もありゃしねえとはこれいかに、と言いたくなるような大惨事である。
 だが落下地点が良かったのか、救出活動が素早く行われたのは幸運だった。事故発生が12時半頃で、救出と遺体の搬出活動は16時には終わったという。
 事故翌日には現場検証も行われ、原因もあらかた明らかになった。とにかくブレーキが利かなくなったというのが問題である。一体どういうことだ、と調査がなされた(ちなみに運転手は九死に一生を得ている)。
 それで調べてみると、バスのギアはサードに入っていた。下り坂で、本来ならばセカンドに入れるべきところである。運転手は、どうやら主にフットブレーキで速度を調整していたらしい。
 またこのたび事故ったバスは1953(昭和28)年に造られた53型日野ディーゼル。当時としてももはや旧型と呼ぶべき代物だった。どうやらブレーキが利かなくなったのはフェード現象らしい。老朽化した車体でフットブレーキを使いすぎたのが仇となったのだ。
 これは筆者の推測だが、セカンドではなくサードギアで走行していたというのは、決められた時間内に観光客を送迎するためのぎりぎりの速度調整だったのではないかと思う。また事故を起こした車両は2台目で、前方の1台目に遅れるわけにもいかない。安全運転でのんびりいこう、というわけにはとてもいかなかったのではないだろうか。
 その後、刑事処分や補償がどのように行われたのかは不明である。だが参考資料にさせて頂いたブログによると、当時の現場付近には、今でも慰霊碑(らしきもの)があるらしい。「無動寺バス停付近の交差点の真正面」らしいので、足を運ぶ機会がある方はぜひ手を合わせてきて頂きたい。
 
【参考資料】
◆ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


横浜市滝坂踏切バス衝突事故(1960年)

 1960(昭和35)年12月2日のことである。
 時刻は午前11時30分頃。一台のバスが、横浜市神奈川区子安通にある滝坂踏切に差しかかっていた。
 このバスは三菱電機大船製作所の宣伝バスで、少年養成工たちが乗り込んでいた。正確な人数は不明だが、なにやら工場対抗のマラソン大会とやらが行われていたそうで、その応援に向かう途中だったという。
 彼らが出発したのが午前7時30分ということで、まあ長旅お疲れさんというところである。だが4時間もだらだらとバスに揺られたあげく事故に遭遇したのだから、これは実に不運な話だ。
 この時、滝坂踏切では設備の工事だか試験のようなものが行われていた。それで通行禁止になっていたのだが、運転手はそれを無視。堂々と踏切に乗り入れてしまう。
 この後、どういうことになったかはもうお分かりであろう。ここに折悪しく架線試験の機関車が通りかかりドガチャーン、たちまち目も当てられない大惨事である。乗っていた少年8人が死亡、他にも10人がけがを負った。
 ここまで読むと「なんてひどい運転手だ!」と思われるかも知れないが、当時この踏切は遮断機も上がった状態だったという。当時の細かいことは分からないが、もしこれで立入禁止の表示が分かりにくければ、ひどい運転手でなくともきっと乗り入れてしまうのではないか。
 あと、遮断機が手動だったか自動だったかによっても、評価は分かれるであろう。どうだったのかな。
 ただ蛇足めいた話だが、実はこの時代というのは意外にモラルの荒廃が著しかったのである。踏切工事現場での対策の杜撰さ、あるいは乗り入れ禁止表示の無視など、そういうことがあっても不思議ではないかもなという気もするのだ。
 「三丁目の夕日」の時代などというと人の心も温かそうだが、実際には凄まじい時代だったのだ。生活環境の悪化、公害の発生、神風タクシーの横行、交通事故の死者数の増加、猟奇犯罪の発生(これも今以上に多かった)、大事故の頻発などなど、現代の方がよほどマシな状況だったのである。
 ちなみに、この時期の大事故といえばなんといっても1962(昭和37)年の三河島事故と、1963(昭和38)年の鶴見事故だが、実は今回の事故の現場である滝坂踏切は鶴見事故の現場の目と鼻の先である。鶴見事故のことが語られる際には必ず出てくる踏切だったりする。不吉な場所だ。
 
【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm
◇『都市の暮らしの民俗学〈1〉都市とふるさと』新谷尚紀・岩本通弥 (編集)吉川弘文館 (2006/09)

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


岡山県真庭バス踏切事故(1960年)

 ここまでバス事故の歴史を記述してきたが、この間「なんか変だな」と思い見返してみて気付いた。件数が異常なのだ。1959(昭和34)年から1960(昭和35)年にかけては、当たり年と言ってもいいほどバス事故が発生している。
 というわけで今回も、1960(昭和35)年である。12月12日に発生したバス事故だ。
 現場は、国鉄姫新線(きしんせん)の美作落合~美作追分の間にあるという無人踏切である。今はもうないかも知れない。
 もう少し詳しく書くと、そこは岡山県真庭郡落合町、下河内赤野という場所だ。もちろん、東北在住の筆者はここがどういう所なのか知るわけもないのだが、試しに「美作落合~美作追分」で調べてみると、なんかもう、気持ちがほのぼのしてしまうほどの田舎の鉄道写真が出てきた。
 いい場所なんだなあ。本当に、絵に描いたようなローカル線である。
 ともあれ、そこで事故は起きた。姫路発・広島行き下り813列車が、午前8時20分に踏切に差しかかった時のことである。そこに中国鉄道のバスが通りかかり、衝突してしまったのだ。
 バスは河内発・勝山行きのもので、激突の衝撃で一回転半すると線路脇に転落。通勤客をはじめとする59人が乗っており、うち10人が死亡し54人が怪我を負った。
 って、あれ。人数が合わんぞ。
 バスの運転手を含めてもせいぜいプラス1人程度だろうから、ひょっとすると鉄道のほうでも怪我人が出たのかも知れない。
 当時は小雨が降っていたという。どうやら、バスのほうで列車が来るのを見落としたものらしい。無人踏切の恐ろしさである。
 
【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


長野県松本市バス転落事故(1960年)

 またしても1960年の事故である。この年だけで見ると大した件数ではないように見えるが、2~3年くらいのスパンで見ると、とにかくバス事故の発生割合の多さに驚かされる。
 つまりこの頃から、日本は交通網が大きく整備されていったのだろう。そして交通量も増え、システムや人の心がその変化に追いつかなくなったのだ。そういうことなのだと思う。
 今度の事故現場は、長野県松本市である。1960(昭和35)年12月26日午前11時、雪の積もる橋からバスが転落したのだ。 
 場所は松本市入山辺区三反田、薄川(すすきがわ)の大手橋の仮橋だった――といっても「大手橋の仮橋」って一体なんのことだかよく分からないのだが、とにかくそういう橋があるらしい――そこに通りかかったのが運の尽き、車両は7メートル下の河原に転落した。
 転落したのは大和合発・松本行きの松本電鉄のバスだった。橋には手すりがなく、ストレートに落下していったらしい。
 この事故で乗客4人が死亡、41人が負傷した。
 
【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■



読者登録

きうりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について