目次
火災
白木屋火災(1932年)
函館大火(1934年)
大日本セルロイド工場火災(1939年)
大手町官庁街火災(1940年)
聖母の園養老院火災(1955年)
日暮里大火(1963年)
金井ビル火災(1966年)
菊富士ホテル火災(1966年)
池之坊満月城火災(1968年)
磐光ホテル火災(1969年)
呉市山林火災(1971年)
千日デパート火災(1972年)
済生会八幡病院火災(1973年)
西武高槻ショッピングセンター火災(1973年)
大洋デパート火災(1973年)
酒田大火(1976年)・上
酒田大火(1976年)・下
白馬プリンスホテル火災(1978年)
大清水トンネル火災(1979年)
日本坂トンネル火災(1979年)
川治プリンスホテル火災(1980年)
ホテルニュージャパン火災(1982年)
蔵王温泉観光ホテル火災(1983年)
大東館「山水」火災(1986年)
長崎屋火災(1990年)
歌舞伎町・明星56ビル火災(2001年)
炭鉱事故
夕張新炭鉱ガス突出事故(1981年)
バス事故
バス事故年表(参考)
北海道様似町バス炎上・転落事故(1945年)
和歌山県・中辺路バス転落事故(1947年)
熊本県・松尾バス転落事故(1950年)
横須賀トレーラーバス火災事故(1950年)
物部川バス転落事故(1950年)
埼玉 大宮市原市町バス・列車衝突事故(1950年)
天竜川バス転落事故(1951年)
札幌バス火災事故(1951年)
栃木県佐野市 バス・列車衝突事故(1951年)
愛媛県宇和島バス火災事故(1951年)
千葉県船橋市バス・列車衝突事故(1951年)
広島県幕ノ内峠バス転落事故(1953年)
福井市バス転落事故(1954年)
佐賀県嬉野バス転落事故(1954年)
三重県二見町バス転落事故(1954年)
北上バス転落事故(1955年)
愛媛県長浜町バス転落事故(1956年)
神通川バス転落事故(1956年)
福井県武生市バス転落事故(1956年)
高知県伊豆坂峠バス転落事故(1957年)
和歌山県高野・天狗谷バス転落事故(1958年)
京都亀岡・山陰本線バス衝突事故(1958年)
神戸八幡踏切バス衝突事故(1958年)
大阪市東淀川区新庄村・バス踏切衝突事故(1959年)
岡山県福渡町バス転落事故(1959年)
長野県北安曇郡美麻村バス転落事故(1959年)
仙台市作並街道バス転落事故(1959年)
比叡山バス衝突・転落事故(1960年)
横浜市滝坂踏切バス衝突事故(1960年)
岡山県真庭バス踏切事故(1960年)
長野県松本市バス転落事故(1960年)
京都府日向町バス踏切事故(1961年)
北海道渡島バス転落事故(1962年)
岡山県久米郡中央町バス転落事故(1963年)
長崎・北松浦バス転落事故(1963年)
岡山県倉敷市バス転落事故(1964年)
奈良県大和高田市バス転落事故(1964年)
長野県佐久市バス転落事故(1964年)
和歌山県熊野川バス転落事故(1965年)
日光市湯の湖バス転落事故(1965年)
大牟田市天領町バス衝突事故(1965年)
長岡市曾地峠バス・トラック正面衝突事故(1967年)
富山県八尾町マイクロバス転落事故(1967年)
山梨県韮崎バイパスバス・トラック衝突事故(1968年)
飛騨川バス転落事故(1968年)
岡山県玉野市バス転落事故(1969年)
徳島県勝浦バス転落事故(1970年)
岐阜県高根村・マイクロバスダム転落事故(1970年)
青木湖バス転落事故(1975年)
犀川・笹平ダムバス転落事故(1985年)
豊浜トンネル崩落事故(1996年)
舞鶴市バス水没事故(2004年)
鉄道事故
本邦初の鉄道事故は?
東海道線西ノ宮列車正面衝突事故(住吉事故)(1880年)
箒川列車転落事故(1899年)
東岩瀬駅正面衝突事故(1913年)
東北本線・古間木-下田駅間正面衝突事故(1916年)
北陸線・雪崩直撃事故(1922年)
逢坂山・東山トンネル連続墜落死事故(1926年頃)
柳ケ瀬トンネル煤煙窒息事故(1928年)
久大本線ボイラー爆発事故(1930年)
瀬田川転覆事故(1934年)
安治川口ガソリンカー火災(1940年)
米坂線脱線転覆事故(1940年)
土浦事故(1943年)
沖縄県営鉄道 弾薬爆発事故(1944年)
八高線列車正面衝突事故(1945年)
八高線列車転覆事故(1947年)
近鉄奈良線暴走事故(1948年)
桜木町火災(1951年)
東田子の浦・列車衝突火災事故(1955年)
参宮線六軒事故(1956年)
三河島事故(1962年)
鶴見事故(1963年)
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・上
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・下
餘部(あまるべ)鉄橋列車転落事故(1986年)
信楽高原鐵道正面衝突事故(1991年)
三陸鉄道南リアス線脱線事故(1994年)
山岳事故
木曾駒ヶ岳大量遭難事故(1913年)
爆発事故
鳥取・玉栄丸爆発事故(1945年)
二又トンネル爆発事故(1945年)
小勝多摩火工爆発事故(1953年)
秋葉ダム爆発事故(1955年)
墨田区花火問屋爆発事故(1955年)
日本カーリット工場爆発事故その1(1955年)
上郷村花火工場爆発事故(1959年)
第二京浜トラック爆発事故(1959年)
天六ガス爆発事故(1970年)
日本カーリット工場爆発事故その2(2008年)
日本カーリット工場爆発事故その3(2010年)
水害
青森県鰺ヶ沢の鉄砲水(1945年)
その他
トライアングルウェストシャツ工場火災(1911年・アメリカ)
ココナッツ・グローブ火災(1942年・アメリカ)
シドニー空港「キース君」転落事故(1970年)
聖水大橋崩落事故(1994年・韓国)
三豊百貨店崩壊事故(1995年・韓国)
三河島紀行(フィールドワーク)
グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故(1910年・アメリカ)
パロマレス米軍機墜落・核爆弾紛失事故(1966年)
イノバシオン百貨店火災(1967年・ベルギー)
東日本大震災体験記
ささやかなる被災
ささやかなる被災・燃料の不足のこと
ささやかなる被災・物品の不足その他
水難事故
『真白き富士の根』七里ガ浜ボート転覆事故(1910年)
玄倉川水難事故(1999年)
群集事故
日暮里駅・跨線橋転落事故(1952年)
弥彦神社事故(1955~56年)
大阪劇場事故(1956年)
和歌山市民会館将棋倒し事故(1957年)
秋田市川尻・山王体育館転倒事故(1957年)
横浜歌謡ショー将棋倒し事故(1960年)
松尾鉱山小学校転倒事故(1961年)
大阪造幣局「桜の通り抜け」将棋倒し事故(1967年)
豊橋市立体育館将棋倒し事故(1982年)
ヘイゼルの悲劇(1985年・ベルギー)
日比谷野外音楽堂コンサート事故(1987年)
ヒルズボロの悲劇(1989年・イングランド)
大阪市「ウインズ梅田」&北海道「ウインズ札幌」将棋倒し事故(1995年)
生駒山コンサート事故(1999年)

閉じる


<<最初から読む

51 / 148ページ

神戸八幡踏切バス衝突事故(1958年)

 1958(昭和33)年8月12日のことである。

 場所は神戸市灘区、永手町。国鉄の六甲道駅寄りの八幡踏切というのがあるそうだが、そこを渡ろうとしていたバスが、快速列車と衝突したのである。

 バスは神戸市営のもので、衝突した列車は安土発神戸行きの下り快速列車。列車はバスの後部に衝突し、そしてなんとバスはゴロンと「1回転」して大破したのだった。

 バスが1回転して、元の形にちゃんと着地するのを想像するとちょっと笑っちゃうが、しかし笑ってはいけない。この事故で、バスに乗っていた4人が死亡した。

 筆者の印象なのだが、どうもバス事故の年表を見ていると、この年からやけに踏切での事故が増えている気がする。それまではバス事故と言えば「転落」が主だったし、もちろんそういうのはその後も起きている。だがしかし、以前と比べると明らかに、踏切でバスが事故に遭遇するケースが増加しているのである。

 考えてみれば、この時期はまさに高度成長期まっただ中。貨物の大量高速輸送と過密ダイヤが三河島事故や鶴見事故の遠因になったのと同様に、穏やかなバス運転が鉄道のスピードと合わなくなってきたのではないか。筆者はそんな風に想像しているのだが、いかがであろうか。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm
◇ウィキペディア

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


大阪市東淀川区新庄村・バス踏切衝突事故(1959年)

 今回のバス事故は、参考資料では至極あっさり紹介されている。だがその内容をよく見てみると、かなりとんでもない二重衝突事故だ。下手をすれば土浦事故か三河島事故のような事態になっていたかも知れない。

 1959(昭和34)年1月3日に起きた事故である。謹賀事故死んねん。

 場所は大阪市東淀川区、新庄村。現場になった踏切は、阪急京都線の上新庄駅から北へ100メートルほどの地点にあった。午後10時50分、一台のバスがそこを通過しようとしたのだ。

 これは市営バスで、大阪駅に向かっていたところだった。踏切の遮断機が上がっていたので安心して通過しようとしたところ、そこへ下り列車がやってきて衝突したのである。

 いかん、やっちまった! と思っていたら、今度はあろうことか、反対方向から京都行きの急行列車も突っ込んできて大惨事。おそらくバスの乗客だと思うが、この事故で7人が死亡した。

 なんだなんだ、どうしてこうなった。列車が来るタイミングだったというのに、なんで遮断機が上がっていたんだ――!?

 その答えは簡単だった。踏切警手がこう証言したのだ。

「あーごめん忘れちゃってた~てへぺろ☆」

 もうええわ、お前クビやクビ! ……ということになったのかどうか、その後の経過は不明だが、もっと具体的に言えばこの踏切警手は上り列車の急行のことしか頭になかったらしい。二度目にバスと衝突したほうである。

 で、少し想像してほしいのだが、つまりこの踏切警手は、二回目に衝突した京都行きの列車についてはちゃんと認識していたことになる。これが通過する前には、遮断機を下ろすつもりだったのだろう。だから、バスが通過した時には、その上り列車が来るまでもう少し時間があったことになる。

 するとここで疑問が生じる。最初の惨事が起きてから二度目の衝突が発生するまでの間に、誰も上り列車を停止させることを考えなかったのだろうか?

 これが、土浦事故か三河島事故のようになっていた可能性がある、と最初に書いたゆえんである。このように考えると、バスの運転手はもちろん、最初に衝突した下り列車の運転士の責任も微妙なところだと思う。

 3年後に発生した三河島事故のことを思うと、非常に危なっかしい事例である。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


岡山県福渡町バス転落事故(1959年)

 1959(昭和34)年5月23日に発生した事故である。

 現場は岡山県久米郡福渡町である。――って実はこれ、参考資料には「岡山の建部でバス転落」とあるのだが、現在の地図で見ると建部とは町であるらしい。実際の事故現場が建部町なのか福渡町なのか、手元の地図だけでは微妙に判別つきかねる。内容的には「現場は福渡町」と書いてあるので、このようなタイトルにさせて頂いた。

 で、さらに詳しく言うと、現場は福渡町の中心である川口という地区である。ここを走る国道で、津山市と真庭郡落合町に分岐する個所があるそうで、そこからさらに300メートルほど南下したあたりの川沿いで事故は起きた。午前11時40分、観光バスが6メートル下の旭川に転落したのである。

 このバスは芸陽バスで出していた2台のうちの1台で、鳥取県の三朝温泉からの帰り道だったという。乗っていたのは広島県竹原市の煙草耕作協会員だった。合計93人が分乗しており、このうち45人が乗った先頭のほうのバスが落っこちたのである。

 現場の道路は道幅が5メートルほどで、トラックとのすれ違いがあったのが運の尽きだった。多分カーブか何かだったのではないだろうか、トラックを避けようとして右へ寄りすぎてしまったのだ。これにより19歳のバスガイドの女性を含む5人が死亡、43人が負傷したのだった。

 てゆうか、人数が合わんのだが。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


長野県北安曇郡美麻村バス転落事故(1959年)

 1959(昭和34)年6月5日に起きた事故である。この時期になると本当にツアーバスの事故が多いなあ。時代を感じる。

 事故に遭遇したのは、長野県上高井郡・小布施町の婦人会のメンバーたちだった。300人が5台のバスに分乗していくというかなり大がかりなツアーである。

 彼女たちは長野電鉄の貸し切りバスに乗り、公民館で主催している旅行へ出かけたところだった。行先は大町や松本城だったそうだが、事故ったのが往路だったのか復路だったのかは不明である。まあ事故が起きたのが午前8時15分なので、往路だとは思うが。

 現場は、北安曇郡美麻村千見の県道である。犀川の上流にあたる土尻川へ、一番先頭のバスが落っこちてしまったのだ。

 このバスに乗っていたのは、婦人会員61人とその子供が4人、そしてバスの乗務員が2人という取り合わせだった。18メートル落下し、5人が死亡している。

 ちなみに「原因は、不明です」(by裸のお姉さん)

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


仙台市作並街道バス転落事故(1959年)

 ありゃ。筆者の住む山形県天童市から、そう遠くない場所で起きた事故である。
 時は1959(昭和34年)12月2日。仙台駅前を出発し、山形寄りの芋沢という地区へ向かっていた一台のバスがあった。これは仙台市営のバスで、20人ほどが乗っていたという。
 これが仙台市八幡町の作並街道を走行している時、悲劇は起きた。当時このバスは結構なスピードを出していたようだ。それが対向車とすれ違う際、ハンドルを切り損ねてしまったのだ。
 そこは弘法山という山の山道で、はるか眼下には広瀬川が流れていた。皆さんもご存じ、青葉城恋唄でも登場するあの広瀬川である。しかしこれは痛ましいバス事故の話、情緒にひたってもいられない。「広瀬川~流れる崖下40メートル、転落バスはかえらず~♪(字余り)」である。ゴロゴロズザザザボチャーン! とバスは転落。27歳の男性運転手と、その他4人の男性客の計5人が死亡したのだった。合掌。
 
【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■



読者登録

きうりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について