目次
火災
白木屋火災(1932年)
函館大火(1934年)
大日本セルロイド工場火災(1939年)
大手町官庁街火災(1940年)
聖母の園養老院火災(1955年)
日暮里大火(1963年)
金井ビル火災(1966年)
菊富士ホテル火災(1966年)
池之坊満月城火災(1968年)
磐光ホテル火災(1969年)
呉市山林火災(1971年)
千日デパート火災(1972年)
済生会八幡病院火災(1973年)
西武高槻ショッピングセンター火災(1973年)
大洋デパート火災(1973年)
酒田大火(1976年)・上
酒田大火(1976年)・下
白馬プリンスホテル火災(1978年)
大清水トンネル火災(1979年)
日本坂トンネル火災(1979年)
川治プリンスホテル火災(1980年)
ホテルニュージャパン火災(1982年)
蔵王温泉観光ホテル火災(1983年)
大東館「山水」火災(1986年)
長崎屋火災(1990年)
歌舞伎町・明星56ビル火災(2001年)
炭鉱事故
夕張新炭鉱ガス突出事故(1981年)
バス事故
バス事故年表(参考)
北海道様似町バス炎上・転落事故(1945年)
和歌山県・中辺路バス転落事故(1947年)
熊本県・松尾バス転落事故(1950年)
横須賀トレーラーバス火災事故(1950年)
物部川バス転落事故(1950年)
埼玉 大宮市原市町バス・列車衝突事故(1950年)
天竜川バス転落事故(1951年)
札幌バス火災事故(1951年)
栃木県佐野市 バス・列車衝突事故(1951年)
愛媛県宇和島バス火災事故(1951年)
千葉県船橋市バス・列車衝突事故(1951年)
広島県幕ノ内峠バス転落事故(1953年)
福井市バス転落事故(1954年)
佐賀県嬉野バス転落事故(1954年)
三重県二見町バス転落事故(1954年)
北上バス転落事故(1955年)
愛媛県長浜町バス転落事故(1956年)
神通川バス転落事故(1956年)
福井県武生市バス転落事故(1956年)
高知県伊豆坂峠バス転落事故(1957年)
和歌山県高野・天狗谷バス転落事故(1958年)
京都亀岡・山陰本線バス衝突事故(1958年)
神戸八幡踏切バス衝突事故(1958年)
大阪市東淀川区新庄村・バス踏切衝突事故(1959年)
岡山県福渡町バス転落事故(1959年)
長野県北安曇郡美麻村バス転落事故(1959年)
仙台市作並街道バス転落事故(1959年)
比叡山バス衝突・転落事故(1960年)
横浜市滝坂踏切バス衝突事故(1960年)
岡山県真庭バス踏切事故(1960年)
長野県松本市バス転落事故(1960年)
京都府日向町バス踏切事故(1961年)
北海道渡島バス転落事故(1962年)
岡山県久米郡中央町バス転落事故(1963年)
長崎・北松浦バス転落事故(1963年)
岡山県倉敷市バス転落事故(1964年)
奈良県大和高田市バス転落事故(1964年)
長野県佐久市バス転落事故(1964年)
和歌山県熊野川バス転落事故(1965年)
日光市湯の湖バス転落事故(1965年)
大牟田市天領町バス衝突事故(1965年)
長岡市曾地峠バス・トラック正面衝突事故(1967年)
富山県八尾町マイクロバス転落事故(1967年)
山梨県韮崎バイパスバス・トラック衝突事故(1968年)
飛騨川バス転落事故(1968年)
岡山県玉野市バス転落事故(1969年)
徳島県勝浦バス転落事故(1970年)
岐阜県高根村・マイクロバスダム転落事故(1970年)
青木湖バス転落事故(1975年)
犀川・笹平ダムバス転落事故(1985年)
豊浜トンネル崩落事故(1996年)
舞鶴市バス水没事故(2004年)
鉄道事故
本邦初の鉄道事故は?
東海道線西ノ宮列車正面衝突事故(住吉事故)(1880年)
箒川列車転落事故(1899年)
東岩瀬駅正面衝突事故(1913年)
東北本線・古間木-下田駅間正面衝突事故(1916年)
北陸線・雪崩直撃事故(1922年)
逢坂山・東山トンネル連続墜落死事故(1926年頃)
柳ケ瀬トンネル煤煙窒息事故(1928年)
久大本線ボイラー爆発事故(1930年)
瀬田川転覆事故(1934年)
安治川口ガソリンカー火災(1940年)
米坂線脱線転覆事故(1940年)
土浦事故(1943年)
沖縄県営鉄道 弾薬爆発事故(1944年)
八高線列車正面衝突事故(1945年)
八高線列車転覆事故(1947年)
近鉄奈良線暴走事故(1948年)
桜木町火災(1951年)
東田子の浦・列車衝突火災事故(1955年)
参宮線六軒事故(1956年)
三河島事故(1962年)
鶴見事故(1963年)
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・上
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・下
餘部(あまるべ)鉄橋列車転落事故(1986年)
信楽高原鐵道正面衝突事故(1991年)
三陸鉄道南リアス線脱線事故(1994年)
山岳事故
木曾駒ヶ岳大量遭難事故(1913年)
爆発事故
鳥取・玉栄丸爆発事故(1945年)
二又トンネル爆発事故(1945年)
小勝多摩火工爆発事故(1953年)
秋葉ダム爆発事故(1955年)
墨田区花火問屋爆発事故(1955年)
日本カーリット工場爆発事故その1(1955年)
上郷村花火工場爆発事故(1959年)
第二京浜トラック爆発事故(1959年)
天六ガス爆発事故(1970年)
日本カーリット工場爆発事故その2(2008年)
日本カーリット工場爆発事故その3(2010年)
水害
青森県鰺ヶ沢の鉄砲水(1945年)
その他
トライアングルウェストシャツ工場火災(1911年・アメリカ)
ココナッツ・グローブ火災(1942年・アメリカ)
シドニー空港「キース君」転落事故(1970年)
聖水大橋崩落事故(1994年・韓国)
三豊百貨店崩壊事故(1995年・韓国)
三河島紀行(フィールドワーク)
グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故(1910年・アメリカ)
パロマレス米軍機墜落・核爆弾紛失事故(1966年)
イノバシオン百貨店火災(1967年・ベルギー)
東日本大震災体験記
ささやかなる被災
ささやかなる被災・燃料の不足のこと
ささやかなる被災・物品の不足その他
水難事故
『真白き富士の根』七里ガ浜ボート転覆事故(1910年)
玄倉川水難事故(1999年)
群集事故
日暮里駅・跨線橋転落事故(1952年)
弥彦神社事故(1955~56年)
大阪劇場事故(1956年)
和歌山市民会館将棋倒し事故(1957年)
秋田市川尻・山王体育館転倒事故(1957年)
横浜歌謡ショー将棋倒し事故(1960年)
松尾鉱山小学校転倒事故(1961年)
大阪造幣局「桜の通り抜け」将棋倒し事故(1967年)
豊橋市立体育館将棋倒し事故(1982年)
ヘイゼルの悲劇(1985年・ベルギー)
日比谷野外音楽堂コンサート事故(1987年)
ヒルズボロの悲劇(1989年・イングランド)
大阪市「ウインズ梅田」&北海道「ウインズ札幌」将棋倒し事故(1995年)
生駒山コンサート事故(1999年)

閉じる


<<最初から読む

45 / 148ページ

愛媛県長浜町バス転落事故(1956年)

 まず最初にお断りしておくが、これも極めて資料の乏しい事故である。

 愛媛県喜多郡長浜町は、地図で見ると、佐多岬半島から海岸線に沿ってず~っと北西に進んだあたりにある。山々の間を縫うようにして道路が海沿いギリギリを走っているが、事故はここで起きた。

 1956年(昭和31年)1月28日のことである。時刻は夜の8時。保内町という地域から出発した伊予鉄道のバスが、北西にある長浜町へ向かっていた。

 この時、伊予灘は時化ていたという。おそらく事故を起こさずとも、昭和30年代の地方都市の道路を夜間に通行する――というのは、さぞ恐ろしいことだったろう。これまでのバス事故の内容を思い出しながら、筆者などはそんな風に想像した。

 しかもウィキペディアによると、ここの道路は本当に海沿いである上に断崖絶壁が続いているという。大荒れの伊予灘を横目に見ながら走っていた路線バスは、ここでよりにもよって海へと転落してしまったのだった。

 転落の原因は不明である。ただ、バスが時化の海へ落下するという凄まじさのわりには、犠牲者は10名と比較的少ない。もし定員オーバーするほど乗客がいたなら犠牲者はもっと多い気がするので、バス事故の定番「定員オーバーでバランスを崩して転落」というパターンではなかったと思われる。

 おそらく原因は道路状況の劣悪さにあったのだろう。また海が時化るほど天気が悪かったわけで、海沿いの道路は闇も濃かったに違いない。それで運転手がハンドル操作をちょっと誤って、それで道路が崩れて強風にあおられて転落した――。実際に起きたのはこんなところだったのではないだろうか。

 バスが転落したのは、長浜町内の出海―櫛生間の道路であった。当時の新聞では、死亡したのは乗客と運転士と車掌を合わせた10名となっているが、ウィキペディアでは微妙なことに死者9名、と書いてある。資料が少ないのでいろいろと想像力をかき立てる事例ではあるが、まあ想像ばかりでルポを書いても仕方ないので、今日はこのへんで。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm
◇ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AB%9B%E7%94%9F%E6%9D%91

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


神通川バス転落事故(1956年)

 1956年(昭和31年)7月29日のことである。

 富山県中新川郡・立山町にある上東中学校では臨海学校が計画され、全校210人がバス乗り氷見市の島尾海岸へ向かっていた。

 バスは富山地方鉄道(通称富山地鉄)の貸し切りバスで、生徒と教師は3台に分乗。このうち、最後尾の3台目のものが惨劇に遭遇することになった。

 時刻は午前11時30分。富山市安野屋を流れる神通川を渡ろうとしていた時のことだ。バスの前方を1台の自転車が走っており、これを避けようとしたところ、勢い余って橋の欄干を突き破ってしまった。

 この橋の名は富山大橋。かつてここには木製の大橋がかかっており、それは連隊大橋とか神通新大橋とか呼ばれていた。しかし老朽化のため、昭和初期には鉄筋コンクリート製の橋がかけ直されたのである。

 ところが、である。なんという不運であろう、事故当時のこの橋は欄干だけがまだ木製だった。しかもちょうどこの時は、それを鉄製のものに作り変える工事の最中だったのだ――。

 というわけで、生徒59人と教師3名を乗せたバスは10メートル下の神通川へ転落。15歳の女子生徒2名が死亡し、60名以上が重軽傷を負った(記録によっては3名が死亡したともある)。

 これもまた、昭和30年代に続発した「修学旅行事故」の一種である。

 昭和29年には洞爺丸事故に相模湖遊覧船事故、そして翌年には紫雲丸事故と北上バス転落事故東田子の浦の列車衝突事故が起きており、そして今回のバス事故が起きた昭和31年には、多数の高校生が巻き込まれた参宮線六軒事故も発生している。

 そういえば、筆者がかつて住んでいた秋田県には奇妙なサービスが存在していた。修学旅行に出かけた子供たちの安否を、テレビ局がニュースで随時知らせるというものだ。まだ学生だった筆者はそれを見て「変なの」としか思わなかったが、今思い出してみると、おそらくこれが原因だったのだろう。昭和30年代というのは、修学旅行も命がけという奇妙な時代だったのである。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm
◇富山市郷土博物館ホームページ
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/index.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


福井県武生市バス転落事故(1956年)

 1956年(昭和31年)9月9日に起きた事故である。

 現場は福井県武生(たけふ)市、春日野町の国道8号線である。春日野トンネルというのがあるらしいが、そのトンネルの北口から武生寄り4キロメートルの地点で惨劇は起きた。午前6時、バスが林に転落したのである。

 しかもその転落した高さが、70メートルもあったというから恐ろしい。このバスは名古屋観光の観光バスで、乗員乗客含めて43人のうち10人が死亡した。

 まことに不憫なことに、この観光バスは、前日の夜に出発したばかりの温泉巡りツアーだった。全部で9台あったのだが、6台目が事故に遭遇したのだ。

 乗っていたのは、愛知県の刈谷市と碧南市で募った観光客たち。事故前日の9月8日の夜に新岐阜駅を出発し、永平寺~片山津温泉という贅沢なコースを楽しむはずだったのが一転したというわけである。

 ざっと調べてみたが、運転手が操作をミスったらしい。しかもそのミスの理由というのが「朝日がまぶしかったから」というもので、なんだか実存主義小説の一節を連想させる。

 しかし、ネット上で福井県史なるものがあったので眺めてみたところ、この事故を機として国道の改修要望が高まった――という記述があった。だからこの事故は単純な操作ミスのみならず、道路状況の劣悪さというのも原因の一部としてあったのではないかと思う。たとえばガードレールがなかった、とかね。

 ここまでバス事故の歴史を書いてきたわけだが、実はこの事故に行き当たったところで少し驚いた。小規模なバス旅行での事故はいくつかご紹介しているが、観光バスが9台も出るほどの大々的なバスツアーは今までちょっとなかったように思う。

 明らかに、時代が変わっているのである。かつては車内ギチギチの詰込み型大量輸送で闇市に出かけるような時代だったのが、だんだんと人々は、観光バスに分乗してツアーに出かけるほどの余裕を持つようになってきたのだ。そして明らかに、国道とはいえ地方の道路は、まだまだこうした輸送状況の変化に整備が追い付いていなかったのである。

 福井県ということで言えば、例の新・北陸トンネルの工事が始まるのがこの翌年のこと。「列島改造」の機運はこの頃からすでにあったのだなと思う。

 しかしいくら列島を改造したところで、事故や災害はなくならない。むしろ皮肉なことに、ハードやソフトが改善されればされるほど、いざ事故が起きた時には想像を絶するような大惨事に発展するというのが、近代化社会のひとつの法則となっていくのだ。黒歴史は続くよ、どこまでも。

 ちなみに今回の事故の舞台になった武生市は、現在は越前市に統合されている。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm
◇『福井市史 年表』
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/nenpyo/rekishi/chrn51.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


高知県伊豆坂峠バス転落事故(1957年)

 高知県の四万十市と土佐清水市の間に、伊豆田トンネルというのがある。これは平成6年に竣工したものだが、それ以前にも旧伊豆田隧道(ずいどう。トンネルのこと)というのがあり、これが閉鎖されたことで新しく掘られたものである。

 そしてさらに、旧伊豆田隧道が掘られる以前には、人々は「伊豆田坂峠」という場所を通っていた。これは今も山道として今も残っているようだが、幅は狭く車が一台通るのがやっとだという。

 1957年(昭和32年)6月28日、その伊豆田坂峠で事故が発生した。時刻は午前9時、一台の団体貸し切りバスが転落したのである。

 このバスは足摺岬へ向かう途中だった。それで峠の山道を走っていたところ、背後からトラックが迫ってきて追い越しをかけてきたのである。

 おいおい危なねえな、こんな道で追い越しかよ。仕方ないちょっと道を空けてやるか――。運転手はそんな風に気を利かせたのだろう。しかしこれによってバスは道の端に寄りすぎてしまい、しかも雨のせいで地盤が緩んでいたせいでゴロゴロガチャーン、と転落する羽目になったのだった。

 結果、5人が死亡。現場には今も地蔵が祀られているという。

 ところで、今回参考にさせてもらったホームページがあるのだが、それによると、この事故が起きた道路は今でも路線バスが走っているのだそうな。驚きである。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm
◇ウェブサイト『高知県の旧トンネル・廃隧道一覧』
http://www.mafura-maki.jp/tanbo/kouti.html

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


和歌山県高野・天狗谷バス転落事故(1958年)

 1958(昭和34)年1月1日に起きた事故である。あけましておめでたくない。

 事故が発生したのが午前12時50分。ちょっと普通では考えられない時刻であるが、これはいわゆる初参りのツアーだったらしい。南海電鉄というところから出ていたこのバスは、「奈良県吉野郡野迫川村の北股」というところから高野山に向かっていたのだった。

 これが、「和歌山県伊都郡高野町南の天狗谷」という場所に差し掛かったところで悲劇は起きた。転落してしまったのだ。

 事故が起きた当時は霧がひどく、視界は1メートル程度しか利かなかったという。おまけに道路も雨で軟らかくなっていたのが災いし、バスはズルズルッと後部車輪から転落したのだった。道路幅は2メートル。S字カーブだったというから、尻でも振られたのだろうか。

 この事故によって9人が死亡した。

 転落した時の状況がすさまじく、なんと90メートルの崖を10回転したという。これはとんだ絶叫マシンである。だがそれよりも何よりも、筆者としては「わざわざ回転数を数えてた奴がいたんかい」と突っ込みたくなるところである。これ、数えてた奴は死ななかったんだろうなあ。

 ちなみに本音を言えば、「10回転なんて、新聞記者の野郎テキトーに書きやがったな」という感じであるが。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■



読者登録

きうりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について