目次
火災
白木屋火災(1932年)
函館大火(1934年)
大日本セルロイド工場火災(1939年)
大手町官庁街火災(1940年)
聖母の園養老院火災(1955年)
日暮里大火(1963年)
金井ビル火災(1966年)
菊富士ホテル火災(1966年)
池之坊満月城火災(1968年)
磐光ホテル火災(1969年)
呉市山林火災(1971年)
千日デパート火災(1972年)
済生会八幡病院火災(1973年)
西武高槻ショッピングセンター火災(1973年)
大洋デパート火災(1973年)
酒田大火(1976年)・上
酒田大火(1976年)・下
白馬プリンスホテル火災(1978年)
大清水トンネル火災(1979年)
日本坂トンネル火災(1979年)
川治プリンスホテル火災(1980年)
ホテルニュージャパン火災(1982年)
蔵王温泉観光ホテル火災(1983年)
大東館「山水」火災(1986年)
長崎屋火災(1990年)
歌舞伎町・明星56ビル火災(2001年)
炭鉱事故
夕張新炭鉱ガス突出事故(1981年)
バス事故
バス事故年表(参考)
北海道様似町バス炎上・転落事故(1945年)
和歌山県・中辺路バス転落事故(1947年)
熊本県・松尾バス転落事故(1950年)
横須賀トレーラーバス火災事故(1950年)
物部川バス転落事故(1950年)
埼玉 大宮市原市町バス・列車衝突事故(1950年)
天竜川バス転落事故(1951年)
札幌バス火災事故(1951年)
栃木県佐野市 バス・列車衝突事故(1951年)
愛媛県宇和島バス火災事故(1951年)
千葉県船橋市バス・列車衝突事故(1951年)
広島県幕ノ内峠バス転落事故(1953年)
福井市バス転落事故(1954年)
佐賀県嬉野バス転落事故(1954年)
三重県二見町バス転落事故(1954年)
北上バス転落事故(1955年)
愛媛県長浜町バス転落事故(1956年)
神通川バス転落事故(1956年)
福井県武生市バス転落事故(1956年)
高知県伊豆坂峠バス転落事故(1957年)
和歌山県高野・天狗谷バス転落事故(1958年)
京都亀岡・山陰本線バス衝突事故(1958年)
神戸八幡踏切バス衝突事故(1958年)
大阪市東淀川区新庄村・バス踏切衝突事故(1959年)
岡山県福渡町バス転落事故(1959年)
長野県北安曇郡美麻村バス転落事故(1959年)
仙台市作並街道バス転落事故(1959年)
比叡山バス衝突・転落事故(1960年)
横浜市滝坂踏切バス衝突事故(1960年)
岡山県真庭バス踏切事故(1960年)
長野県松本市バス転落事故(1960年)
京都府日向町バス踏切事故(1961年)
北海道渡島バス転落事故(1962年)
岡山県久米郡中央町バス転落事故(1963年)
長崎・北松浦バス転落事故(1963年)
岡山県倉敷市バス転落事故(1964年)
奈良県大和高田市バス転落事故(1964年)
長野県佐久市バス転落事故(1964年)
和歌山県熊野川バス転落事故(1965年)
日光市湯の湖バス転落事故(1965年)
大牟田市天領町バス衝突事故(1965年)
長岡市曾地峠バス・トラック正面衝突事故(1967年)
富山県八尾町マイクロバス転落事故(1967年)
山梨県韮崎バイパスバス・トラック衝突事故(1968年)
飛騨川バス転落事故(1968年)
岡山県玉野市バス転落事故(1969年)
徳島県勝浦バス転落事故(1970年)
岐阜県高根村・マイクロバスダム転落事故(1970年)
青木湖バス転落事故(1975年)
犀川・笹平ダムバス転落事故(1985年)
豊浜トンネル崩落事故(1996年)
舞鶴市バス水没事故(2004年)
鉄道事故
本邦初の鉄道事故は?
東海道線西ノ宮列車正面衝突事故(住吉事故)(1880年)
箒川列車転落事故(1899年)
東岩瀬駅正面衝突事故(1913年)
東北本線・古間木-下田駅間正面衝突事故(1916年)
北陸線・雪崩直撃事故(1922年)
逢坂山・東山トンネル連続墜落死事故(1926年頃)
柳ケ瀬トンネル煤煙窒息事故(1928年)
久大本線ボイラー爆発事故(1930年)
瀬田川転覆事故(1934年)
安治川口ガソリンカー火災(1940年)
米坂線脱線転覆事故(1940年)
土浦事故(1943年)
沖縄県営鉄道 弾薬爆発事故(1944年)
八高線列車正面衝突事故(1945年)
八高線列車転覆事故(1947年)
近鉄奈良線暴走事故(1948年)
桜木町火災(1951年)
東田子の浦・列車衝突火災事故(1955年)
参宮線六軒事故(1956年)
三河島事故(1962年)
鶴見事故(1963年)
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・上
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・下
餘部(あまるべ)鉄橋列車転落事故(1986年)
信楽高原鐵道正面衝突事故(1991年)
三陸鉄道南リアス線脱線事故(1994年)
山岳事故
木曾駒ヶ岳大量遭難事故(1913年)
爆発事故
鳥取・玉栄丸爆発事故(1945年)
二又トンネル爆発事故(1945年)
小勝多摩火工爆発事故(1953年)
秋葉ダム爆発事故(1955年)
墨田区花火問屋爆発事故(1955年)
日本カーリット工場爆発事故その1(1955年)
上郷村花火工場爆発事故(1959年)
第二京浜トラック爆発事故(1959年)
天六ガス爆発事故(1970年)
日本カーリット工場爆発事故その2(2008年)
日本カーリット工場爆発事故その3(2010年)
水害
青森県鰺ヶ沢の鉄砲水(1945年)
その他
トライアングルウェストシャツ工場火災(1911年・アメリカ)
ココナッツ・グローブ火災(1942年・アメリカ)
シドニー空港「キース君」転落事故(1970年)
聖水大橋崩落事故(1994年・韓国)
三豊百貨店崩壊事故(1995年・韓国)
三河島紀行(フィールドワーク)
グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故(1910年・アメリカ)
パロマレス米軍機墜落・核爆弾紛失事故(1966年)
イノバシオン百貨店火災(1967年・ベルギー)
ルクソール熱気球墜落事故(2013年)
東日本大震災体験記
ささやかなる被災
ささやかなる被災・燃料の不足のこと
ささやかなる被災・物品の不足その他
水難事故
『真白き富士の根』七里ガ浜ボート転覆事故(1910年)
玄倉川水難事故(1999年)
群集事故
日暮里駅・跨線橋転落事故(1952年)
弥彦神社事故(1955~56年)
大阪劇場事故(1956年)
和歌山市民会館将棋倒し事故(1957年)
秋田市川尻・山王体育館転倒事故(1957年)
横浜歌謡ショー将棋倒し事故(1960年)
松尾鉱山小学校転倒事故(1961年)
大阪造幣局「桜の通り抜け」将棋倒し事故(1967年)
豊橋市立体育館将棋倒し事故(1982年)
ヘイゼルの悲劇(1985年・ベルギー)
日比谷野外音楽堂コンサート事故(1987年)
ヒルズボロの悲劇(1989年・イングランド)
大阪市「ウインズ梅田」&北海道「ウインズ札幌」将棋倒し事故(1995年)
生駒山コンサート事故(1999年)

閉じる


<<最初から読む

67 / 149ページ

和歌山県熊野川バス転落事故(1965年)

 1965(昭和40)年3月2日のことである。

 記録によると時刻は「午前12時35分」とあるが、午後の間違いでなければ深夜もいいとこである。一台の観光バスが、国道168号線を走行していた。

 このバスは熊野観光のもので、和歌山県東牟婁(ひがしむる)郡本宮町八木尾から新宮へと向かっていたところだった。目的地へはもうすぐで、距離にしてあと7.3キロほど。しかしそこへ辿り着くことなく、このバスには悲劇が訪れる。

 何かに乗り上げてしまったのだろうか、どうも「車がバウンド」してハンドルが利かなくなってしまったらしい。バスは国道から外れるとゴロンゴロンゴロン、3回転して転落、27メートル下の熊野川へ逆さまに突っ込んだ。屋根を下にして3分の2ほどが水没したというから、なんと申しましょうか、犬神家の一族状態である。

 こによって8人が死亡、24人が負傷した。

 元ネタである新聞記事には、負傷して一命を取り留めた48歳の女性のことが特に取り上げられている。それによると、彼女自身は助かったのだが、一緒に乗車していた3人の娘は命を落としたという。40年以上前の事故だが、今からでもご冥福をお祈りしたい。

 

【参考資料】

 ◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』

http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


日光市湯の湖バス転落事故(1965年)

 栃木県は日光市湯元に、湯ノ湖(ゆのこ)という名の堰止湖がある。

 なんでも北東の三岳(みつだけ)火山の噴火によってできたものらしい。日光観光協会のホームページによると、標高1,478メートルの場所に存在しており、一時間ほどで一周できるサイズだとか。筆者はこういうのに疎いのだが、まあ観光地なのだろう。

 1965(昭和40)年12月21日、事故はこの湯ノ湖で発生した。

 場所をもっと詳しく言えば、この湯ノ湖の東側にある「旧国道のカーブ」である。

 現在、湯ノ湖の湖畔には日本ロマンチック街道という名前の120号線が走っている。事故当時でも旧国道と呼んでいるくらいだから、現場はこの道路ではあるまい。それで地図をよく見るともう一本、北から遠回りをする形で湯元に向かう道路がある。これも湯ノ湖沿いの道で、他に目ぼしい道路もないのでおそらくこれが現場であろう。

 時刻は午前8時50分。この道路を一台のマイクロバスが走っていた。

 乗っていたのは11人。紺野組という、たぶん建築関係の業者さんたちと思われるグループである。彼らは湯ノ湖の湖畔の遊歩道を作るため、朝から作業現場へ向かっていた。

 しかし悲劇が起きる。当時の新聞記事によると、「前の車を避けようとブレーキをかけた」とあるので、前の車とやらが急ブレーキでもかけたのではないだろうか。しかし季節は12月。道路は凍結しており、マイクロバスはたちまちスリップして湖へ転落してしまった。

 道路から湖までは、3メートルの高さがあったという。これにより、乗っていた11人のうちほぼ半分の5人が死亡した。36歳の男性が一人と、32、37、38、39歳の女性が一人ずつという内訳だった。

 

【参考資料】

 ◆ウィキペディア

 ◆ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』

◆一般社団法人日光観光協会ホームページ

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


大牟田市天領町バス衝突事故(1965年)

 1965(昭和40)年12月21日のことである。

 福岡県大牟田市天領町の、鹿児島本線・大牟田~荒尾間の踏切で惨劇は起きた。

 時刻は午後3時45分。門司港発、人吉行きの下り準急<くまがわ>が、踏切を通過しようとした時のことだ。なんと、前方で一台のバスが横切ろうとしていたのである。

 危ない、ぶつかる! ――間に合わなかった。電車はバスの後部に激突し、吹っ飛ばされたバスは一回転。2メートル下にあった田んぼへ落下してしまった。

 このバスは、荒尾市四ツ山発・三池中町行きの西鉄バスだった。

 現場は道幅9.1メートルで、周囲は田んぼだったという。いかにも長閑そうだが、5人も死亡したのでほっこりしているわけにもいかない。一体全体、どうしてこんなことになったのか? バスの運転手はこう証言した。

「警報機が鳴ったので、バスは一度停止した。そして上り列車が通過したので、もう大丈夫だろうと思った」。

 他に資料がないので想像するしかないが、下り列車がまだ未通過だった以上、警報機はまだ鳴っていたのではないだろうか。だとすればこの運転手、その後どのような処分を受けたかは不明だが、責任は免れなかったことだろう。

 あるいはひょっとすると、遮断機なしの田舎らしい踏切だったのだろうか。いやしかし遮断機なしで警報機だけが鳴るような踏切があるのだろうか? そのあたりは想像をかき立てられる。

 

【参考資料】

 ◆ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


長岡市曾地峠バス・トラック正面衝突事故(1967年)

 1967(昭和42)年4月29日のことである。新潟県長岡市大積町の国道8号線を、朝から一台のバスが走っていた。

 これは越後交通のバスで、行き先は上山田温泉である。乗っていたのは長岡信用金庫の職員28名で、おそらく慰安旅行か何かだったのだろう。調べてみたところ、当時のこの日は土曜日だった。当時はまだ週休2日制はなかったはずだが、4月29日は昭和の日だ。

 ところが午前9時、これが越路建設という建設会社のトラックと正面衝突してしまう。原因は不明だ。

 バスの方はどうなったのかよく分からないのだが、何も書かれていないということは、とりあえず大事には至らなかったのだろう。

 悲惨なのはトラックの方である。もともとこのトラックは大積町高頭の土木工事に向かう途中だったのだが、荷台に複数人の農婦が乗っていたのだ。おそらく作業の手伝いのために乗車していたのだろう。衝突の衝撃で彼女たちのうち11人が投げ出され、さらにそのうち6人が死亡した。

 この事故については、特にこれ以上書くことはない。現場の状況も救助の様子も補償もどうなったのかは全く不明である。

 よってここからは余談なのだが、この事故が発生したのは、曾地峠という場所の入り口あたりらしい。

 で、この曾地峠というのが、検索してみると実は有名な心霊スポットなのだそうな。

 そういう場所で起きた事故ということで、夜に原稿を書いていたらなんとなくゾッとして後ろを振り向いてしまった筆者である。

 

【参考資料】

◆ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』

◆ウェブサイト『新潟県の心霊スポット』

http://2nd.geocities.jp/inosisicheetah2/niigata.html

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


富山県八尾町マイクロバス転落事故(1967年)

 1967(昭和42)年6月18日のことである。

 

 富山県婦負郡八尾町(現在は富山市に編入)栃折の県道を、一台のマイクロバスが走行していた。

 

 もう少し具体的な場所を言うと、そこは茗ケ島の仁歩発電所から上流へ1キロほど行ったあたりである。

 

 マイクロバスは岡本工業という、おそらく建設関係の会社のものだった(現在も八尾町に同名の会社があるが、同じものかは不明)。乗っていたのは農家の出稼ぎ組の人々15名で、大長谷川の堰堤工事に向かっていた。

 

 ところがこのバスを悲劇が襲う。バスが走行していたのは曲がりくねったカーブ続きの悪路で、これがある地点で左側の路肩からはみ出してしまったのだ。

 

 これによりバスは転落。100メートルもの高さを、大長谷川へ向けて真っ逆さま。乗っていた労務者のうち7人が死亡、運転手を含む9人が死亡した。

 

【参考資料】
◇ウェブサイト『誰か昭和を想わざる』
http://www.geocities.jp/showahistory/history03/topics25d.htm

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■



読者登録

きうりさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について