目次
火災
白木屋火災(1932年)
函館大火(1934年)
大日本セルロイド工場火災(1939年)
大手町官庁街火災(1940年)
聖母の園養老院火災(1955年)
日暮里大火(1963年)
金井ビル火災(1966年)
菊富士ホテル火災(1966年)
池之坊満月城火災(1968年)
磐光ホテル火災(1969年)
呉市山林火災(1971年)
千日デパート火災(1972年)
済生会八幡病院火災(1973年)
西武高槻ショッピングセンター火災(1973年)
大洋デパート火災(1973年)
酒田大火(1976年)・上
酒田大火(1976年)・下
白馬プリンスホテル火災(1978年)
大清水トンネル火災(1979年)
日本坂トンネル火災(1979年)
川治プリンスホテル火災(1980年)
ホテルニュージャパン火災(1982年)
蔵王温泉観光ホテル火災(1983年)
大東館「山水」火災(1986年)
長崎屋火災(1990年)
歌舞伎町・明星56ビル火災(2001年)
炭鉱事故
夕張新炭鉱ガス突出事故(1981年)
バス事故
バス事故年表(参考)
北海道様似町バス炎上・転落事故(1945年)
和歌山県・中辺路バス転落事故(1947年)
熊本県・松尾バス転落事故(1950年)
横須賀トレーラーバス火災事故(1950年)
物部川バス転落事故(1950年)
埼玉 大宮市原市町バス・列車衝突事故(1950年)
天竜川バス転落事故(1951年)
札幌バス火災事故(1951年)
栃木県佐野市 バス・列車衝突事故(1951年)
愛媛県宇和島バス火災事故(1951年)
千葉県船橋市バス・列車衝突事故(1951年)
広島県幕ノ内峠バス転落事故(1953年)
福井市バス転落事故(1954年)
佐賀県嬉野バス転落事故(1954年)
三重県二見町バス転落事故(1954年)
北上バス転落事故(1955年)
愛媛県長浜町バス転落事故(1956年)
神通川バス転落事故(1956年)
福井県武生市バス転落事故(1956年)
高知県伊豆坂峠バス転落事故(1957年)
和歌山県高野・天狗谷バス転落事故(1958年)
京都亀岡・山陰本線バス衝突事故(1958年)
神戸八幡踏切バス衝突事故(1958年)
大阪市東淀川区新庄村・バス踏切衝突事故(1959年)
岡山県福渡町バス転落事故(1959年)
長野県北安曇郡美麻村バス転落事故(1959年)
仙台市作並街道バス転落事故(1959年)
比叡山バス衝突・転落事故(1960年)
横浜市滝坂踏切バス衝突事故(1960年)
岡山県真庭バス踏切事故(1960年)
長野県松本市バス転落事故(1960年)
京都府日向町バス踏切事故(1961年)
北海道渡島バス転落事故(1962年)
岡山県久米郡中央町バス転落事故(1963年)
長崎・北松浦バス転落事故(1963年)
岡山県倉敷市バス転落事故(1964年)
奈良県大和高田市バス転落事故(1964年)
長野県佐久市バス転落事故(1964年)
和歌山県熊野川バス転落事故(1965年)
日光市湯の湖バス転落事故(1965年)
大牟田市天領町バス衝突事故(1965年)
長岡市曾地峠バス・トラック正面衝突事故(1967年)
富山県八尾町マイクロバス転落事故(1967年)
山梨県韮崎バイパスバス・トラック衝突事故(1968年)
飛騨川バス転落事故(1968年)
岡山県玉野市バス転落事故(1969年)
徳島県勝浦バス転落事故(1970年)
岐阜県高根村・マイクロバスダム転落事故(1970年)
青木湖バス転落事故(1975年)
犀川・笹平ダムバス転落事故(1985年)
豊浜トンネル崩落事故(1996年)
舞鶴市バス水没事故(2004年)
鉄道事故
本邦初の鉄道事故は?
東海道線西ノ宮列車正面衝突事故(住吉事故)(1880年)
箒川列車転落事故(1899年)
東岩瀬駅正面衝突事故(1913年)
東北本線・古間木-下田駅間正面衝突事故(1916年)
北陸線・雪崩直撃事故(1922年)
逢坂山・東山トンネル連続墜落死事故(1926年頃)
柳ケ瀬トンネル煤煙窒息事故(1928年)
久大本線ボイラー爆発事故(1930年)
瀬田川転覆事故(1934年)
安治川口ガソリンカー火災(1940年)
米坂線脱線転覆事故(1940年)
土浦事故(1943年)
沖縄県営鉄道 弾薬爆発事故(1944年)
八高線列車正面衝突事故(1945年)
八高線列車転覆事故(1947年)
近鉄奈良線暴走事故(1948年)
桜木町火災(1951年)
東田子の浦・列車衝突火災事故(1955年)
参宮線六軒事故(1956年)
三河島事故(1962年)
鶴見事故(1963年)
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・上
北陸トンネル「きたぐに」火災(1972年)・下
餘部(あまるべ)鉄橋列車転落事故(1986年)
信楽高原鐵道正面衝突事故(1991年)
三陸鉄道南リアス線脱線事故(1994年)
山岳事故
木曾駒ヶ岳大量遭難事故(1913年)
爆発事故
鳥取・玉栄丸爆発事故(1945年)
二又トンネル爆発事故(1945年)
小勝多摩火工爆発事故(1953年)
秋葉ダム爆発事故(1955年)
墨田区花火問屋爆発事故(1955年)
日本カーリット工場爆発事故その1(1955年)
上郷村花火工場爆発事故(1959年)
第二京浜トラック爆発事故(1959年)
天六ガス爆発事故(1970年)
日本カーリット工場爆発事故その2(2008年)
日本カーリット工場爆発事故その3(2010年)
水害
青森県鰺ヶ沢の鉄砲水(1945年)
その他
トライアングルウェストシャツ工場火災(1911年・アメリカ)
ココナッツ・グローブ火災(1942年・アメリカ)
シドニー空港「キース君」転落事故(1970年)
聖水大橋崩落事故(1994年・韓国)
三豊百貨店崩壊事故(1995年・韓国)
三河島紀行(フィールドワーク)
グレート・ノーザン鉄道ウェリントン雪崩事故(1910年・アメリカ)
パロマレス米軍機墜落・核爆弾紛失事故(1966年)
イノバシオン百貨店火災(1967年・ベルギー)
ルクソール熱気球墜落事故(2013年)
東日本大震災体験記
ささやかなる被災
ささやかなる被災・燃料の不足のこと
ささやかなる被災・物品の不足その他
水難事故
『真白き富士の根』七里ガ浜ボート転覆事故(1910年)
玄倉川水難事故(1999年)
群集事故
日暮里駅・跨線橋転落事故(1952年)
弥彦神社事故(1955~56年)
大阪劇場事故(1956年)
和歌山市民会館将棋倒し事故(1957年)
秋田市川尻・山王体育館転倒事故(1957年)
横浜歌謡ショー将棋倒し事故(1960年)
松尾鉱山小学校転倒事故(1961年)
大阪造幣局「桜の通り抜け」将棋倒し事故(1967年)
豊橋市立体育館将棋倒し事故(1982年)
ヘイゼルの悲劇(1985年・ベルギー)
日比谷野外音楽堂コンサート事故(1987年)
ヒルズボロの悲劇(1989年・イングランド)
大阪市「ウインズ梅田」&北海道「ウインズ札幌」将棋倒し事故(1995年)
生駒山コンサート事故(1999年)

閉じる


炭鉱事故

夕張新炭鉱ガス突出事故(1981年)

 前代未聞のケースである。炭鉱内の火災を消し止めるため、坑内に取り残された安否不明の人々を「見殺し」にする形で水を流し込んだのだ。

 

   ☆

 

 1975年(昭和50年)に出炭が始まった、北海道の夕張新炭鉱はまさに鳴り物入りの炭鉱だった。

 石油危機を背景に、エネルギー政策上の起死回生を狙って国も援助を注ぎ込んだのである。いわゆる「ビルド炭鉱」だ。最新の設備と規模の大きさは、斜陽化が進んでいた石炭産業にとっても、また夕張市にとっても大きな期待を寄せるに充分なものだった。

 国内最後の、最有望炭鉱――。そんな風に呼ばれもしたものの、労働環境は劣悪だった。夕張北炭鉱の坑内はもともと断層が多く、さらに地圧も高いので坑道の悪化が早い。さらに高温多湿で、気温が常に36度以上、湿度が100パーセント以上という地点も数多くあったという。

 よって脱水症状で倒れる者が頻発した。結果、生産はいつまで経っても計画を上回らない。しかし会社側は早く掘れ、もっと掘れと急き立てる。まあよくある悪循環である。目標である「年産2千万トン体制の維持」に貢献できなければ援助しないよ、という国の脅しもあったというから、会社側も必死だった。

 こうした利益優先、人命軽視の傾向の中で起きた事故である。経過を見ていくことにしよう。

 1981年(昭和56年)10月16日、昼の12時40分頃である。昼休み時だった集中監視室で警報ブザーが鳴った。炭鉱内でガス漏れが発生したのだ。ここで言うガスとは、メタンガスのことである。
「北五盤下だ!」
「連絡を急げ、何人いる!?」
 のんびりしていた監視室が、瞬時に緊張に包まれる。

 北五盤下というのは、「北部第五区域」の地表約千メートルの地点を指す。そこからは来年1月より出炭する予定で、95人の作業員が7箇所に分かれて掘進作業に当たっているところだった。

 当時、坑内で作業をしていた電気係員の男性は以下のように証言している。彼は現場から少し離れた場所にいた。
「最初、耳鳴りがしたのでおかしいと思っていたら約五5分後、太鼓のような音と地響きが数回続いた。排気側に逃げようとしたら炭塵が吹き付けてきたので、そばにあった救急バルブの中に頭を突っ込み、新鮮な空気を吸いながらガスの薄まるのを待った。

「午後3時過ぎ、ガスが晴れたようなので、仲間16人と斜坑から自力で脱出した。救急バルブは通常一人用だが、3、4人が一緒に頭を突っ込むなど、生きた心地がしなかった」

 坑道では、メタンガスは壁面の目に見えない程の小さな割れ目から突然噴き出してくるという。炭鉱夫たちはその前兆として、坑内に大きな音が響き渡るのを「やま鳴り」と呼んでいた。

 30年前の事故である。坑内と外を繋ぐ連絡手段は無線だけという、今の時代から見れば驚くほど不便な通信状況だった。炭塵で顔を真っ黒にした作業員達がエレベーターで地上に避難して来るたびに、安否確認のために集っていた家族達はどっと駆け寄ったという。
 だが同時に、タンカに乗せられ毛布をかけられた遺体も次々に運び出されてきた。

 監視室からは、坑内の全箇所に避難命令を発令。会社側では直ちに救護隊を出動させ、負傷者の救出に当たり始めた。

 最初のガス噴出から約10時間後たった午後10時20分の時点では、作業員160名中77人が脱出し、32人の遺体が収容されている。坑内にはまだ行方不明者、生存者、死傷者、救護隊の面々が残っていた。

 だが――

「坑内に煙が出た!」

 これが、坑内に残っていた救護隊員の最後の言葉となった。ガスに引火し火災が発生したのだ。
 この炭鉱では、機械の電気については保安対策上の対策が施されていたから、引火の原因は静電気であろうと言われている。直前まで生存が確認されていた15人も、救護隊10名も、ここで無線が途絶えたことで完全に安否不明になった。

 この後はもう、どうしようもなかった。坑内ではガス濃度や温度は上昇するわ、新たな小爆発は起きるわ、煙は噴き出してくるわで、まともな消火活動や救出活動などとても考えられないような状況に陥ったのだ。
 そんな中、会社側はさり気なく方針を「救助」から「鎮火」の優先へと切り替え、坑道への通気を遮断する作戦に出た。だがこれも大した効果はなく、鎮火のためには坑内へ水を注ぎ込む他に方法はないように思われた。

 実は会社側の社長は、かなり早い段階で「あまり手が付けられないなら水を入れることも考えている」と発言していたため、被害者家族の怒りを買っていたところだった。だがこうなってくると「注水作戦」もいよいよ現実味を帯びてくる。

 想像するだに憂鬱な話である。注水を許可する同意書にハンコをもらうため、会社の人々は家一件一件を回った。「注水を許可する同意書」とは言っても要するにそれは「見殺し許可証」みたいなもので、未だに家族が安否不明のままの人々にとってはたまったものではない。ひと悶着もふた悶着もあって、ようやく注水の段取りは整った。

 10月23日、午後1時半。サイレンが鳴り響く中、坑内への注水は開始された。雷鳴とみぞれの中での注水作業だったという。

 前夜の豪雨で夕張川の水は汚れており、赤茶けた水が海面下800メートルの炭鉱に注ぎ込まれて行く。1分間サイレンが鳴り響く中、夕張市とその周辺の住民達は、大人から子供までが黙祷を捧げた。

 この時、坑内に取り残されていた安否不明者は59人。注水と排水を交互に行った後、遺体がようやく全て回収されたのは、事故発生から163日後の1982年3月28日のことだった。死者数93人。日本の炭鉱事故としては史上3番目の規模である。
 注水という決断を下した当時の社長は、その後手首を切って自殺を図った。一命は取りとめたものの、その後人知れず退社したという。

 

   ☆

 

 ガス突出の直接の原因ははっきり分からないが、恐らくガス層を発破で破壊してしまったためだろうと言われている。当時の夕張は天気の変化も目まぐるしく、急激な気圧の変化でガスが出やすかったようだ。会社は平素からガス抜きの作業を怠って採掘を優先させていたというから、これは起きるべくして起きた大惨事だったと言えそうである。

 なんにせよ会社側への責任追及は免れ得ない。全ての遺族に対して弔慰金を払い、さらに裁判では原告側と和解したものの、和解金も払うことになった。

 だが刑事でも民事でも、会社側がそれ以上の責任を問われることはなかった。民事は今書いた通り和解に漕ぎ着けているし、刑事でも84年には証拠不十分で業務上過失致死傷の適用はならず、と結論づけられている。

 最終的に、夕張新炭鉱は閉山した。最後の遺体が回収されてからおよそ半年後の82年10月のことである。この鉱山を管理運営していた「北炭」は、その前には会社更生法を申請していたが、95年には管理していたほかの炭鉱も全て閉山となり倒産している。
 だがこの事故は、いち鉱山会社が人命軽視と利益優先のために引き起こした単純な事故、とは言い切れないところがある。
 普段からガス抜きの作業を行っていれば事故は未然に防げた――というのは事実その通りだと思うのだが、ガス抜きの穴を開ける1本のボーリング費用でも数千万円から一億円はかかるという。保安対策と採算性のバランスをどう保てばいいのかは極めて難しい問題であっただろう。しかし国は無駄をなくせ合理化を図れ、採算が合わなければもうお金貸さないよ、と迫ってくるのである。
 そう、問題は国の政策である。
 事故が起きる直前には、国は制度融資として200億円以上を貸し付けることを決めていたという。だがこの頃は国の政策も「脱石炭」へと舵切りがなされていた時代でもあった。事故後、最初は「再建可能」と見なされていた夕張新炭鉱だが、国は不採算の不良炭鉱として切り捨てにかかったのだった。手の平返しである。かくして生き残った炭鉱夫たちも職を失い、それをきっかけにして全国の「不採算炭鉱」は潰されていったのである。
 こうした国の方針を後押ししたのは、原子力の活用を推進する電力業界や鉄鋼業界の声であった。
 このように、国のエネルギー政策の変遷を背景として見ないと、この夕張新炭鉱事故の事故の相貌というのは分からないのではないかという気がする。

 

【参考資料】
 ◇ウィキペディア
 ◇朝日新聞
 ◇北海道新聞ウェブサイト
 ◇増谷 栄一『昭和小史 北炭夕張炭鉱の悲劇』彩流社

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

『事故災害研究室』著者・きうりの小説を読んでみませんか?

 青春、恋愛、推理、純文学…。「えっこういうのも書くんだ!?」

 驚きの一冊がきっとある。

 こちらへどうぞ。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━■□■