閉じる


この状況の中で果たして日本の安全は

この状況の中で果たして日本の安全は

「イラク」は遥か遠い国の話としても、すぐお隣の「北朝鮮」が突然NPT脱退、IAEAへの協力拒否と矢継ぎ早に先手先手と積極的に核、ミサイルの脅威をチラつかせ巨大な軍事力と挙国的臨戦態勢を整え、アメリカの圧力を事実上の「宣戦布告」なりと公言している。

このような状況の中でも、有事の場合はアメリカの援助をあてにしながら、相変わらず他力本願の枠に縛られて、未だに「有事立法」すら定まらず、アメリカに対する積極的な協力も中途半端なもので、核の具体的脅威に対しても非現実的な「非核三原則」の建前を守る。危機意識、危機管理の完全欠落状況。他国の国民感情や人道問題には敏感で領土、歴史観や靖国問題等では先方の言いなり、更に北朝鮮にはセッセと人道的救援米(実は基本的軍事物資へ流用)を贈り続けながら、拉致問題では、相手の不法な対応になす術がない情けなさ。

散々北朝鮮にコケにされながら相変わらず「太陽政策」を止める意思のない韓国や、自国民の血を流す事を極力嫌がり、有事に際しては「他人の褌で相撲をとろう」と言う日本を、果たしてアメリカが何処まで本気で護ってくれるだろうか。碌な協力をしない日本や韓国に愛想をつかして、若しアメリカ軍が韓国と日本から引き揚げてしまったとしたら、後はどうなるだろうか。恐らく日本も韓国も一コロだな。こうした緊急な外患をよそに、相も変わらず内輪もめの政界、「俺が俺が」で足の引っ張り合いの明け暮れ。こんな政治家に今後の日本の運命を託されるだろうか。アナ恐ろしや、恐ろしや。

 

政治屋撲滅

またぞろ、現役国会議員、それも次官、副大臣だった者(坂井)が「カネ絡み」で掴まった。数多い国会議院の中には、こうした悪質な政治屋(エセ政治家)が案外多く紛れ込んでいる。見たまえ、あのいかにもズルそうな暗い陰を宿した面相を。政治の世界はどうして人間の顔をあのように賎しく醜い顔に変えてしまうのだろうか。

 

国際協調か日米同盟か

小泉首相がアメリカの武力発動を支持した事にケチを付ける積もりだろうが、「国際協調(国連)と日米同盟といずれが大切なりや」と、こんな阿呆な質問を得意げにガナリたてる野党党首がおる。「戦争と平和、いずれが可なりや」という低能設問と同根。どうして物事をいつも、併立、二者択一的思考方法しか考えられないのであろうか。

国と国との約束事(同盟)すら誠実に守らないという信頼性の無い国がいくら集まっても(国連)何になるだろうか。国連の中には、国家間の条約を勝手に反故にした怪しからん国がたくさんあるし、又国連決議をも無視して平気な顔している国(最近の例、核実験禁止決議を無視したフランス)もある。こんなに信頼出来ない怪しげな国が集まった組織には自ずと限界があるのは当然で、「国際協調」は望むべき大きな目標ではあるが、先ず、個々の国家間の約束を確実に守るという信頼できる国であることが国際組織(国連)の基本ではなかろうか。

 

万景峰号の正体と、それへの対応

これは驚いた。今までも多くの不法行為が指摘され、怪しい怪しいと疑惑の絶えなかったこの札付きの「不審船」、次第にその正体を現してきたな。何のことはない、これでは、まるで日本政府公認の「大型工作船」のようなものであった訳だ。

今回、遅まきながら「こりゃあ不味い」と気がついた日本の厳重チェック体制に驚いた北朝鮮が、取り敢えず6月9日新潟入港の予定を見送り、日本側は一応ヤレヤレと言ったところだが、これはおかしい。こんな事では何の基本的問題解決にはならん。「一時見送り」などで、こちらが胸を撫で下ろすなんて問題外である。

もし現在の国際法その他の約束事で入港禁止、拒否が出来ない事情があるとすれば、直ちに改正すべきである。

 

鬱陶しい梅雨空の下、ボケ老兵の独り言

こんな低能大学生は直ちに征伐せよ

6月10日夕刻、偶々見た日本テレビの「大学生狂乱の夜、歌舞伎町で大暴れ、警官と衝突、逮捕者続出」の実況放送。この無知蒙味、破廉恥にして傍若無人の大学生に対して、胸糞悪く、腹が立ち、飛んで行って「この馬鹿野郎」と蹴倒し、殴りつけたい衝動に駆られる。彼等ほんとうに大学生なのか。これでは「暴走族」と変わらないではないか。

卑しくも「大学生」は社会がその将来を大きく期待するが故に、色々と擁護優遇され恵まれた学生であり、当然それにこたえる感謝と責任自覚を堅持すべき立場である。それにもかかわらず、何たる低能ぶりか。これは明らかに社会秩序に対する公然たる悪質な朝鮮である。

こんな無知にして悪質なチンピラ共に社会が嘗められてたまるものか。他の多くの真面目な大学生の為にも、権威ある大学の名誉の為にも、断固として征伐すべきである。こんな連中は最早、訓育、補導、謝罪、反省とかの用語の枠外で目玉が飛び出る程痛い目に遭わす以外にない。こんな阿呆無法チンピラ共を退治するのに遠慮は無用なり。

この原稿を書き終わった時に又々、大学生の集団婦女暴行事件が報じられた。これな醜い。一体全体、最近の大学って何なんだ。先には大学教授までが、その教え子に変なことをして掴まった。これでは「学問の府」か「色蛾鬼の府」か、話にもならん。それも都の西北の杜周辺が最も怪しいとのことだが、全学挙って名誉挽回のため猛省奮起せよ。それにしても、このような学生の不健全悪質な活動に対抗防止するような学内運動が当然、猛然と沸き立って然るべきだと思うのだが。(大学の自治、自由、学の独立と言う高い誇りと大学自体の自浄機能の問題)

 

暇な県議会もあるもんだ

プロレス出身の「サスケ」議員がそのトレードマークの覆面を被ったままで県議会(岩手県)に出席すると言い、それはならじとスッタモンダで大騒動数ヶ月。そんなものは常識の問題、更に、少なくとも議員となれば、良識品格の問題ではないか。禁止規定が有るとか無いとか、そんなつまらぬ事で貴重な時間を潰すなんて、議会と議員の非常識とレベルの低さを天下に公表するもの。「サスケ」の「覆面」なんて、先般問題になった松浪議員(保守新党)の「チョン髷」と同根、馬鹿らしい。結局は賛否同数で議長採決により「サスケ」の勝ち。もう何をか言わんや。

 

馬鹿と鋏は使いよう

当時流行のリサイクル。「粗大ゴミ家事を仕込んでリサイクル」と退職後生産性を失い、粗大ゴミとなった哀れな亭主を再活用する女房の歌の通り、世の中、全てどんなものでも、使い方によっては、役に立たぬものはないはず。そこでフト思いついた。最近日本で悪評高い闇金融での強硬悪辣過酷な取立て、あの連中を組織的に再訓練して、北朝鮮に対する取立て業務専用に仕立ててはどうだろう。従来から貿易関係、その他多くの「借り」を平気で踏み倒して知らん顔するばかりか、反対に脅しにかかる札付きの悪漢。どだいこんな奴にはまともな対策なんて無意味だ。(これいいアイデアだろう、アッ八ッハー)

 

これで少しは目が覚めたか

鴻池防災担当大臣の勇気ある発言

今回の「長崎幼児殺人事件」に関して、十一日、鴻池大臣の「犯人少年自身の罪が問えなければその親を市中引き回し打ち首に..」との発言に、直ちにマスコミや政界が騒ぎ出し、問題拡大の方向に動く気配あり。確かに、そのような激烈な発言は大臣の立場として穏当ではないかも知れないが、彼がそこまで激しいパンチの効いた発言を敢えてしたその真意は充分に理解できるのが大人の分別と云うものではないか。先の「神戸池田小学校」の場合でも被害者の親は「一寸刻みにしてやりたい」と加害者への恨みに震えたという。

単に法文だけをこね回している世間知らずの「法律馬鹿」や第三者的立場で格好の良い小理屈を吐いて飯を喰っているような、いい加減な有識者や評論家ではなく、現実に最愛の肉親を故なく無惨に殺された者の身となれば、加害者(犯人)とその親権者の人権擁護に厚く、被害者側に冷たい現状に我慢ならず敢えて一石を投じ、大きく警笛を乱打した鴻池大臣の勇気をむしろ評価したい。

 

粘りの外向ー自然の成り行きに放置

色々と走り回って、何とか六ヶ国協議の場に「拉致問題」を持ち出したものの、相手は黙殺の門前払い。(こんなことは初めから予想されていたはず)そこで政府はまたまた例によって「今後共粘り強く積極的に交渉の場を作るように努力して行く」との見解。

この「粘りの外交」の成果は既に終戦以来、主権の根本にかかあわる北方領土その他領土問題で未だに解決の目途すらついてない事で実証済み。それは自然の成り行きに任せて放置するとの事でとても「外交」の名にも値せぬ。

 

兵糧攻めの戦法ー日本に残された唯一の対抗手段

いくら理不尽な無理難題を吹き掛けられても、相手が強力な凶器(武力)を持ち、こちらは弓矢鉄砲すら使用を禁じられては、どうしようもない。そんな日本に残された只一つの対抗手段は「平糧攻め」(経済制裁)の一手あるのみではないか。この残された唯一の戦法を今迄活用せぬばかりか反対に自分からそれを放棄し、人道的だとか言ってドンドン適に兵糧を補給している。(利敵行為)これは一体どうした事か。「馬鹿も極まれり」と言うべし。

 

敬老の日に

いつの間にか米寿に達し、色々とお祝いの言葉を頂き有り難いやら恐縮するやら。長い家族制度の中で培われた敬老の美風を持った日本は恐らくは他国に例をみない「敬老の日」を国の祭日とし、今や世界一の長寿国として百歳を超える者二万人の老人大国となる。人間の寿命が延びることは確かにお目出度いことには違いないが、急速な社会の高齢化と最近の少子化傾向とを併せ考えると、この老人大国化は「お目出度い、おめでたい」と手放しで喜んでばかりいられないのではなかろうか。

絶えず前進発展を続ける社会にとっては、高齢者は「お荷物」である事は否定出来ないし、吾々高齢者もいたずらに後輩の「情の世界」に甘えている事はできない。既に家族制度は崩壊し「情の世界」と「実利の世界」とのバランスが崩れ、それを補完すべき社会制度(年金、介護等)の遅れを考えれば単に高齢の高さを競うような(植物人間に近い状況でも息さえしておれば目出たいという)マスコミの扱い方や本人の生き方にも問題があろう。(老爺から、九月十五日)

 

 

 

連載は今回で終了させていただきます。義父とその友人が書き残したものを改めて読んでみると、世の中は相も変わらず腹の立つことが多く、義父と同様私も今世の中で起きている事に多々腹を立て、過去の経験が今に生きないことへ失望の毎日を送っています。

去年12月末(2013年)に息を引き取った義父ですが、98歳までの長い人生の最期を在宅で看取りました。義父と義母、私の母、3人の在宅介護について書いた「在宅で看取る」もご覧くださいませ。

長い間「腹の立つこと数々ござる」を読んでくださって本当にありがとうございました。

 

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

puffpuffさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について