閉じる


<<最初から読む

7 / 10ページ

試し読みできます

弱肉強食の意味。

--

 鰯が鯨の餌食となり、雀が鷹の餌食となり、羊が狼の餌食となる動物の世界から進化して、まだ幾万年しかへていない人間社会にあって、つねに弱肉強食の修羅場を演じ、多数の弱者が直接・間接に生存競争の犠牲となるのは、やむをえぬ現象で、天寿をまっとうして死ぬというねがいは、無理ならぬようで、その実、はなはだ無理である。
--  ウィクショナリー日本語版より

 弱い者が強い者の犠牲になるような、実力の違いが、そのまま結果に違いを生ずる闘争状態の世界。それが弱肉強食という意味です。よくビジネスシーンにも用いられます。

 競争社会において弱いものはすぐやられてしまいます。例えば、学校内ではスポーツや学業の成績がイマイチだと評価も低いですよね。すべてに当てはまるとは言いませんが、やはりスポーツマン、学業ともにできる子のほうが活発であったりします。

 就職活動や社会人においても、ほぼ当てはまります。弱い人はどんどん取り残されていきます。特に超氷河期時代、不景気において弱い人はたくさんいます。サバイバル時代と呼ぶ人もいるくらいです。弱くても生き残る術。強くなるための術。様々なアドバイス、心得がビジネス書で叫ばれています。

 なのでここでは弱者の生き残り術、強者になる為の成長術については省きます。あまり、話題に取り扱われない「食べること」について語ります。

 のたれ死しないように賢く生きる。また自己啓発として、英語、経済、物理、化学、製品知識を学び仕事に活かしていくのは重要です。

 ですが、それだけでは十分とは言えないでしょう。

 強いだけではだめなのです。弱い人間を食らわなくてはならないのです。百獣の王ライオンだって、飲まず食わずに生きていたら、天寿をまっとうして死ぬことすらできず、餓死してしまいます。もちろん、弱者-強者の間でWin-Winの関係を保ち共存できるなら、それが一番いいでしょう。しかし、やはり基本は弱者を取り込むことが生きることにつながるのです。強くなることも重要ですが、生きる基本は食べることなのです。

 ここで大切なのは、私利私欲の為に、弱者を食い物にし、ただ単にむしり取れといってるわけではありません。ライオンが弱い動物を狙い食べるからといって、際限なく狩りつくしてるわけではありません。あくまで必要な部分を補完するために食べるのです。食べたものは、いずれ自分の力の基盤となります。

 さて、これまで日本では誠意という言葉を重要視し「相手だって人間。話せば分かってくれる」ということを一つのビジネスマナーとしてきました。

 もちろんこのような考えも重要です。そのため、立場や利害関係が異なる場においても、弱者側は心を込めて誠意を尽くせば、事情を察してくれることを心のどこかで期待している節があります。

 またそのような場において、強者は、必要以上に空気を読みすぎ、完全譲歩してしまう訳です。これを読んでいる人は、仕事中においてそんなことは無いよ。そんな甘い交渉はしたこと無い。と思われるかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか。



 例えば、これは顧客-営業の関係だけでありません。上司-部下、先輩-後輩、開発部-営業部にも当てはまります。極めてビジネスをシビアに考えるのならば、依頼や指示、ちょっとしたお願い事などは、自分の最低妥協点、相手の弱みを考慮しつつ、「大きな要求」から、交渉は始まるべきです。

 もし、自分の方が有利な立場であるにも関わらず、本来の自分の妥協点の近辺に、最初の提案、要求を持ち出したりしてないでしょうか。これは、最初から弱者に対して妥協している、弱みを見せているということです。これでは、窮鼠猫をかむではありませんが、逆に弱者に食べられてしまいます。

 これでは、十分に自分の力を引き出せないでしょう。別に弱者に圧力をかけろといってるわけではありません。気軽な気持ちで大きく頼めば、大きく得ることもあるということです。ダメだったら、少しずつ妥協点にもっていけばいいのです。

 自己鍛錬、自己啓発だけでは強くなるだけです。生きることは食べること、弱肉強食ということを今一度考えましょう。油断しているとそのまま餓死したり、他の人に食べられてしまいます。

強≧弱という発想よりも、弱"肉"強"食"

私ならそう考えます。
 


試し読みできます

良い忍耐、悪い忍耐。

 今は我慢のとき。じっと耐える時期。不景気、氷河期、と時代が悪い、時期が悪いと何かと耐えることが要求させる今日この頃。

 あらゆることに耐えていかなけらばならない厳しい時代です。そんななか、ビジネスにおいての「忍耐」という言葉について、ちょっと考えてみましょう。

 ビジネスにおいては、上司、顧客、会社の習慣、ローカルルールなどからの理不尽な要求がつきつけられ、対応していかなくてはならないことも多々あります。

 そんな中で、今は耐えてくれ、ここは我慢してくれ、と言われる場面も多いかと思います。

 また逆に、発言することもあるでしょう.

 
 さて、普段意識しないで、言葉を受け取ったり、発言していると思いますが、この言葉の真意は何でしょう。

 一つは、

 ここは耐えてくれ=貴方一人や、我々の能力じゃどうにもならないから、何をやっても改善はしないので諦めてくれ。 ≒どうせ出来っこない、何をやってもムダだから、行動しないでくれ、発言をしないでくれ。

 という諦め。放棄宣言。

 ここは耐えてくれ=貴方一人や、我々の能力じゃ、今は動いてもリスクを伴う、チャンスが来るまで、準備して待っていてくれ。 ≒守りを固めながら、環境の変化を細かく観察し、用意周到に行動の準備、情報収集などをしていてくれ。

 という準備期間。

 ダメな会社、ダメなビジネスマンは前者の忍耐によく遭遇するため、境遇をより良く改善していくことを穂放棄し、チャンスが転がってきた場合でも、つかむことが出来ず、チャンスを蹴飛ばしてしまいます。

 もちろん、後者の会社、ビジネスマンは、起死回生を狙い、ちゃくちゃくと策を錬り、攻撃準備を整えているので、現状、不況の影響でダメージを受けていても、得られるチャンスは丁寧に拾い上げます。




 不況という海をやせ我慢して潜水しても、息継ぎというタイミングチャンスを逃すと死んでしまいます。忍耐を効率よく持続させるには、実に戦略的な要素、計画が必要であり、そのような思想に伴っていない忍耐は、ただの我慢比べにすぎないのです。

 今は耐えてくれは、準備期間と心得よ。

 私はそう考えます。

試し読みできます

自分だけの、ものさしと秤の重要性。

 ものを計るのに、例えば長さだったらものさし、定規など使いますね。
 一般的に、1mm単位で目盛りが振られており、コインなどの大きさを測る場合は、それをあてて計測します。これがもっと巨大なものの長さを測りたいならどうでしょう。

 例えば、人の身長や、クルマのサイズなどは定規では小さくて測れませんね。そこで、もっと長い巻尺のようなものが必要になります。逆に小さいものはどうでしょう。ミクロン単位のものなどは、もっと細かい目盛りが必要になります。

 このように様々な大きさのものに対して、計測物より、やや大きい程度のものさしが必要となり、すべてにおいて、最適な基準となる目盛りが存在します。

 では人の器や能力を計るには、どうでしょう。やはり、ひとつの基準となる目盛り、ものさしが必要となります。

 例えば、学校の先生などは、生徒の学力を測るのに、学力試験をして力量を測定します。ここでは学力試験が一つの「ものさし」となります。他にも体力測定という「ものさし」もありますね。しかし、その子供がもつ、意欲、社会性、論理感、国際性、自立心などは、精度良く計測できない。それは、大人である教師と、子供である生徒の間において、目盛りの大きさ、幅が異なり、計測できないのです。 見えているもの、感じているもの、知識、経験、すべてにおいて異なる。だから教師は、ある程度、子供視点まで目盛りを調整する必要があります。

 しかし知識、経験については、教師の方が人生経験が長いため、目盛りを小さく出来ますが、子供特有の細かい知識、子供だけが出来る体験などは、より細かい繊細な目盛りが必要となり、大雑把な計測になりがちです。

 また、見えているもの、感じているものに関しては、子供たちの方が大きかったりします。そのため、計測できず、子供の発想を理解できなかったりします。自分より大きなものは計測できないのです。

 さて、ビジネスシーンにおいても人を推し量ることは度々あります。人事採用担当者だったり、査定をつける上司であったりと場面は様々ですが、やはりその人にあった基準のものさしが必要です。

 大体は、自分の感性、知識、経験など自分基準のものさしで計測しますが、この場合も同様で、自分より大きなものは計測できず、また、自分の目盛りより細かい所は大体しか捕らえられないのです。


 また、上記では「長さ」という単位でものごとを測るように例えてますが、実際、ものの見方は、重さ、質量など様々あるわけで、ある一つの単位だけでみていると本質的な長所、短所が見えなかったりします。つまり人を評価するに当たっては、種々の引き出しをもった人材でないと、精度良く評価できず、誤解を招いたり、理解できなかったり、感情論など不確定な要素が誤差として乗ってくる訳です。そうなると、毎回、評価結果が異なり、それに伴い、貴方の信頼も失うでしょう。

 自分の中で、様々な基準計測器を作るべき

 私ならそう考えます。






 

試し読みできます

おわりに

 好き勝手いろいろ書かせていただきました。これは私の意見であり、極論かもしれません。
もしそんな極論に共感してくれた人には心より感謝いたします。
 しかし、いや、そんなわけないだろ!?って人も多いと思います。



 それはそれでいいと思います。

 私の考えに対して、いや、私はこう考える!だからこう行動する! 自分の考えさえしっかりもっていれば、それが一つの強みになります。

 大事なのは考えをもつこと、妥協せず、他人に流されず自分をしっかりもつことです。自分がしっかりするだけで、周りの人々や環境がどうでも良くなるなるものです。



 私の極論から、ひとつの解決策を導き出す。
 誰も得しないし、納得もしない世の中から一歩そとへ踏み出すきっかけになるはずです。




この本の内容は以上です。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格120円(税込)

読者登録

snakerさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について