閉じる


はじめに

試し読みできます

はじめに

 私は、就職氷河期の時代に大手メーカー就職しました。
 そして今も、超氷河期と呼ばれる時代に社会人として働いています。

 それまでに、人並みですが様々な体験してきました。設計者として製品を世に出したりもしました。海外赴任もし、同世代より大きな仕事に携わったこともありました。不景気によって工場閉鎖する状況も見てきました。年功序列や終身雇用の崩壊、若年層の流動化が進み、同期入社もより大手の会社へ転職していき送別してきました。まわりが非正規雇用や子会社へ転属する中、親会社へ研修したり、本社へ転勤したりしました。それなりの生活してますが、ぶっちゃけ結構大変でした。それなりの会社で、それなりの仕事をしてるつもですが、思い描いてた賃金カーブにはならず、多分これからもより大変でしょう。

 これからの社会人は、「超就職氷河期」「非正規雇用の増大」「格差」とより厳しい時代を生き抜いていかなくてはならないでしょう。就職活動は困難を極め、とりあえず内定が決まった会社へ就職を決める。その就職は希望も無く、「せめて生きていければ・・・」上昇志向どころか、1日1日生きていくので精一杯。 経済が立ち直らないため、新入社員の採用が抑えられる。数少ない新入社員は、十分な教育を行う時間、費用がないため、とりあえず、そのまま社会に放り出され磨耗する。

 そんな人たちに向けて、二転三転する状況の生き方の参考になれば幸いです。



snaker



試し読みできます

目次

  • ビジネスにおける「会話はキャッチボール」は間違い?
  • ゲーム脳であるべき。
  • 他人をあてにしちゃいけない?
  • 若いうちに苦労は買ってでもするべきか否か。
  • 弱肉強食の意味。
  • 良い忍耐、悪い忍耐。
  • 自分だけの、ものさしと秤の重要性。



« 前の章