閉じる


ゲーム脳であるべき。

試し読みできます

ゲーム脳であるべき。

 テレビゲームは、若い人を中心にの定番の娯楽として普及しており、ゲームセンターや家庭用ゲーム機などでゲームに熱中する者も数多い。

 ゲーム端末としての携帯電話の急激な普及に伴って、ゲームによる弊害という考え、「ゲーム脳」という発想である。これは、日本大学文理学部体育学科教授の森昭雄が、2002年7月に出版した著書『ゲーム脳の恐怖』(NHK出版)において提示した仮説を表した造語である。その一般的にはその弊害に

 視覚と運動の神経回路だけが働き、「考える」ことが抜け落ちる。
 前頭前野の活動低下が慢性化する。



 などがあげられる。また、ゲーム脳は、凶悪犯罪事件が発生、自閉症、マナーの欠如などへの影響も、ここ近年、騒がれている。
 しかし、上の真偽は置いておいて、ここでは、あえてビジネスマンはゲーム脳であれと提唱する。

 そもそも「ゲーム」とは勝敗を決めるためのルールと、環境または他人との相互作用を元にした、普通楽しみのために行なわれる活動である。カードゲーム、ボードゲーム、コンピュータゲーム、スポーツゲームなどその種類は多岐に渡るが、ルールや競争、もしくは障害を乗り越え、目標の達成のために参加する遊戯という共通点がある。

 これはビジネスシーンにそのまま適用されると考えられる。むしろルールや競争、もしくは障害を乗り越え、目標の達成のために参加するという点はまったく同様といっても過言ではない。

 次にゲームが上手であるとはどういうことであるか考えてみよう。

 まずは有利にことを運ぶため、ルールを熟知しておく必要がある。ルールの盲点、有利な条件、状況、勝利条件を知っておくのが重要なのだ。さらにそれを短い時間で把握する能力が問われる。

 目標達成するために取るべき行動、手段を判断をする。問題点、障害を洗い出し、解決までの道順を導き出します。問題解決能力が問われる。もちろん状況が一変することある。その場でのリスクというものを把握する能力が必須である。状況把握能力、判断力、危機管理能力が重要となる。

 また、過去の事例を参考にする記憶力、分析力。短期的、長期的な取り組みに対する集中力、持続力。 これらは、すべてゲームすることで培われる。
 残念なことに、日本の学校教育では、ルールを覚えさせることと、記憶力、集中力、持続力を重点的に教育する。問題解決能力、状況把握能力、分析力、判断力、危機管理能力は自分で磨くしかない。



ビジネスマンはゲーム脳であれ。

私ならそう考えます。