閉じる


<<最初から読む

13 / 24ページ

 

 

 

「いわば、一個にすぎない一人の名前が、一人の人間にとってそれほど決定的な意味を持つのはなぜか。それは、まさしくそれが、一個のまぎれがたい符号だからであり、それが単なる番号におけるような連続性をはっきりと、拒んでいるからにほかならない。ここでは、疎外というのはむしろ救いであり、しゅんべつされることは祝福である。」


 むずかしいが、伝えたいことは何となく分かる。人間がその連続性を拒むのは自身が生きて意思をもっている証拠ということだ。だから、自分の存在を誰かに知らしめたいという欲求は人間として普通なのだ。

 

 

 

ンキー成分が↓


容姿とルックスの面でロックミュージシャンからヤンキー成分が近頃は失われているように感じるが、本当のところはどうなのだろう。いまはパソコン一個あれば、いや、スマートフォン一個あればネットワークを使って自身を表現できる。現代はネットを使った表現の方法は数多くあり、表現欲は多角的に拡散して発散される。

 同時にSNS疲れというものも発生している。岡田斗司夫の提唱する「評価経済」の読みでは、ネットによる情報過多の果ては、自分が世間でどう見られるか一切どうでもよくなって、狭い地元(コミュニティ)を最優先する中世の田舎者的になるといっている。それをさらに「ヤンキー」的といっていた。

 たしかに、「今・ここの感情」が最優先になっているような空気がロックシーンにある。

 

 

ボカロが好きだろうが、↓


 「今・ここの感情」が最優先になっているような空気がロックシーンにある。ボカロが好きだろうが、西野カナが好きだろうが、嵐が好きだろうが、アイドルグループが好きだろうが、「ああ、きみはそうなんだね、ふむふむ。いいんじゃない」という態度をとることがロックリスナー的には正義というふうになっている気がするのだ。若い読者はこの違和感分かるだろうか(いや、わたしは二十代前半であるが)。

 

 

 

 ロックリスナーならば自意識の塊であろうから、↓


 ロックリスナーならば自意識の塊であろうから、気に入らないジャンルを志向している人間を見つけると、本来ならば、血で血を洗うような音楽闘争が起こるはずなのだ。ボカロ?死ね! アイドル?死ね! 西野カナ?死ね! AKB48?死ね!となるはずである。

 

 

お前もわたしのものを批判するんじゃねえ↓



読者登録

スーパーどん底タイムさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について