twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格400円(税込)
カテゴリー ビジネス・教育・社会 政治・社会 作者 編集:総合社会福祉研究所
価格 400円(税込)
タグ 平和福祉戦争戦時体制憲法社会事業史永岡正己丹後半島経ヶ岬Xバンドレーダー米軍基地電磁波京丹後市
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 87ページ (Web閲覧)
88ページ (PDF)
試し読み:10ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
平和と福祉シリーズ 戦争と福祉は両立しない 
社会事業史学会会長(永岡正己さん)に聞く
133番目の米軍基地にはしない(京丹後市経ヶ岬)

平和と福祉は憲法の基軸です。例年、8月号はこの原点に立ち返ります。

「社会事業が戦時体制に組み込まれた歴史を繰り返さないために」と題して、社会事業史の研究者の立場から、戦前の社会事業が戦時体制に組み込まれていく動き、そして現在の社会事業の動きについて、社会事業史学会会長である永岡正己さんにお話をうかがいました。

 5月27日、丹後半島・経ヶ岬(京丹後市)で、近畿地方にはじめてとなる米軍基地建設工事がはじまりました。地元の京都府や京丹後市に事前連絡がないままの着工です。5月22日に現地視察に行き、実際に建設予定地をみて、現地の方々からお話をうかがいました。

この本には試し読みが 10 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

200円
絶景に出会える道の駅!“全国50選”

この本を開く

全国の道の駅巡りをしています。既に1000か所以上を訪問し、2014年5月に一応全国制覇を果たしたの...

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

青年海外協力隊、モザンビークボランティア隊員による機関紙3号です。

もっとみる