閉じる


<<最初から読む

1 / 5ページ

試し読みできます

1・どうなる?サッカー協会 会長選挙

イタリアサッカー界の未来が決まる!?

 先日のブラジルW杯では国民の期待を完全に裏切り、早々に連続グループリーグ敗退という失態を演じたイタリア代表。2年後のヨーロッパ選手権・フランス大会まで契約延長したばかりのプランデッリ監督が辞任し、そして敗退の責任をとり、同時に辞任の意向を示したイタリアサッカー協会(FIGC)会長ジャンカルロ・アベーテ氏。氏は2007年から会長職を務め、その在任中にはイタリア共和国功労勲章を受章し、近年にはない長期の在任期間を歴任した人物。その後任を争う選挙が、今、行われようとしている。8月11日の総会で決定するその役職は、今後の代表強化だけでなく、イタリアのサッカー界の運命を握るといっても過言ではないかもしれない。立候補した有力者のひとりは、カルロ・タヴェッキオ氏、そして、ここにきて、立候補を表明した有力者、元イタリア代表選手、デメトリオ・アルベルティーニ氏(42歳)・・・


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

Yoshiki Ito'oさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について