閉じる


試し読みできます

1・カルチョ界にも女性の活躍期待!

セリエAにも女性チームマネージャー誕生 

 日本では先日、ある議会でのヤジが話題になりました。政治の世界では圧倒的に男性ばかりだ!と改善を求める声が多数でしたが、イタリアのサッカー界でも、やはり女性が仕事として関わっている事はごく稀な状況。もちろんACミランのオーナー令嬢、バルバラ副会長のように、人事、運営、渉外で〝大活躍”している今日この頃。過去には、ASローマの名物会長、故センシ氏の後継でロゼッラ・センシ女史が会長職を務めていた事がありました(他に会長職ではボローニャのメナリーニ女史も2008年から2年間在籍)。通常、イタリアではクラブの要職に女性が就く場所は広報担当とか営業促進のマーケティング部門担当とか。おそらく日本でも状況は同じではないだろうか。女性監督や女性GMとかは、ないかと。しかし、この度イタリアで新たな出来事が!フィレンツェを本拠地とするセリエAのフィオレンティーナ(Fiorentina)が、クラブのチームマネージャー(Team Manager)に、女性を登用しました。その方の名は…


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

Yoshiki Ito'oさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について