閉じる


<<最初から読む

8 / 19ページ

試し読みできます

回転寿司

 回転寿司

 

 昨日、夕食に回転寿司を食べに行く。

お寿司はいつ食べても美味しい。

 

 何だか家族のゴキゲンが斜めだったので、

これといって外に食べに行くつもりもなかっ

たのだけれど、成り行きで食べに行くことに

なった。

 まあいい、これといった理由を持った時し

か外食はしてはいけないとしていては、考え

方が窮屈な気がする。

 

 そんなわけで家族が気に入っている、電車

が走る回転寿司やさんへ。車で30分くらいか

かるので、お店についたのは8時過ぎ。夕食

の時間としては、いつもに比べたらかなり遅

いが、仕方が無い。

 週末の夜にしては、並ぶこともなくすぐに

席に案内してもらえた。見渡してみると、ま

だ席に余裕があるようだ。

国道沿いとはいえ、住宅地から離れていて車

でしか来れない立地だから、この状態なのだ

ろう。お店としては少々不利かもしれないが、

混みすぎているお店が苦手な私にはありがた

い。

 

 夕食時なので、注文の品が来るまでに、

レーンを回っているものもどんどん食べる。

空いている時間にきたら、乾いたものにあ

たったりするので、注意が必要だが、食事時

真っ最中ならそんな心配は無用だ。

 レーンにあまり回っていないネタは、注文

でお願いしておいて、よく回っているサーモ

ンを中心にいただく。いつからサーモンがお

寿司で食べられるようになったのかわからな

いが、とても好き。

 

 そんなサーモンだけれど、なんだか生で直

輸入したものも提供されているようにかかれ

ていた。

 どの程度本当なのかわからないが、冷凍処

理を経ていないサケ科の魚の生食は、正直あ

まり気が進まない。美味しいものは好きだけ

れど、やはり体も大事。

 そんなわけで、いつものレギュラーメ

ニューであるサーモンだけを頂いて帰った。

 

 なんだかヘタレな気分になってしまいまし

た。

 

ーーーーー

 


8
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

柿の種

柿の種

 おやつに柿の種を食べる。
昔から変わらない一品だった。

 柿の種の中でも定番の、ピーナッツが一緒
に入ったもの。醤油味の柿の種と、あっさり塩
味のピーナツが合わさると、どうしようもなく
美味しい。
 しかし、子供の頃はこのピーナッツがあまり
好きではなかった。できれば柿の種だけの物
が食べたいといつも思っていたものだ。

 しかし、大人になって自分で遠くに買い物
に出かけることが出来るようになり、柿の種だ
けのものを見つけて購入し、食べてみたが…。
 あんなに柿の種だけを食べたいと、子供の
頃から思っていたのに、実際に食べてみると
あまりいいものでもなかった。
 柿の種だけをずっと食べ続けていると、口の
なかに醤油辛さがどんどんと残って、続けて
食べるのが苦しくなってしまった。特に舌の
感覚が醤油味で覆われたような具合で、何か
飲み物で洗い流さなければ食べ続けるのは
難しかった。

 こうして食べてみると、ピーナッツの偉大さが
よくわかった。ビーナッツが入っていることで、
舌の感覚がある程度保たれて、飲み物に頼る
ことなく食べ続ける事が出来るようだ。
味のバランスも、ピーナッツが入っている方が
いい感じ。
最終的には何か飲み物を飲むことになるけれ
ど、食べている途中での飲み物消費量が全然
違った。

 昔からある食べものの組み合わせというの
は、多くの工夫の上に出来ているものなのだなと
改めて思いました。

ーーーーー


9
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

ピーマン

ピーマン

 昨日、夕食にピーマンの炒め物を食べる。
シャキットした歯ごたえが気持ちいい一品だ
った。

 ピーマンも夏になると沢山手に入る、とても
ありがたい野菜。夏野菜の中でも、比較的作
りやすいらしく、採れだしたらすごく大量にも
ラウ事が出来る。
 しかし、もらった時は大量に思えても、料理
になると、意外と量が少ないことがある。
よく考えると、ピーマンの仲が空洞であるとい
うことを、もらった時には忘れているのだろうな
と思う。

 買い物袋いっぱいに頂いて帰ったピーマン
だが、炒め物になると大皿一杯分になっていた。
 生の丸のまま大皿に乗せようと思っても、き
っと乗せることは出来なかっただろう。
種を取って細切りにしてあるのも、かさが低く
なった原因だと思う。

 少し前、料理番組で言われていたが、今は
ピーマンを種ごと食べるというのもアリになって
いるらしい。
 確かに、栄養価の点からいっても、食べご
たえの点からいっても、種も食べたほうがいい
のかも知れない。私の家でも、以前丸ごとの
ピーマンをヘタまで付けたまま炒めて、食べた
ことがある。
 しかし、やっぱりいまいちな食後感だった。

 プチプチとした食感を楽しむ食べものは、
数多くある。数の子などが代表的なもので、
植物でも、ごまの食感は気持ちのいいものだ。
 けれどピーマンの種はどうにも私の好きな
食感でなかった。
 なんだかやわらかくしかし粒が舌に感じら
れて、かといって感でもプチプチとしているわ
けではない。どうにも馴染みにくいものだった。

 将来的に、世界の人口が増えていったら、
どんなものでも食べられるようになっておくの
が、生きていく上で有利なのはわかる。
そのためには今から食べる練習をしておいた
方がいいのかな、と思いました。
 普通に作られた昨日の炒め物はとても美
味しかったです。

ーーーーー


10
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

カレーと香辛料

カレーと香辛料

 昨日、夕食にカレーを食べる。
今回のものは少し薄かった。

 全体的にサラサラとしていて、いつものよう
なとろみが少なかった。具材はいつもと同様
タップリと入っているので、原因はきっとルー
の入れる量にあるのだろうと思う。
 とろみが少ないのは、日を追うに連れて解
決されるだろう。具材の中のとろけやすいもの、
特にじゃがいもが砕けていいとろみを出して
くれる。

 じゃがいもをカレーに入れることについては、
好みの問題もあるだろう。私の家では、子供の
頃からずっと入っていたし、今まで食べてきた
よその家のカレーでも大体入っていた。
 自分好みの味にこだわる人ならば、カレー
の具材も標準的なものではなく、変わった物
を入れるのだろうか。今度どこかにアンケート
の結果が載っていないか、探してみたいと思
う。

 とろみについては時間が解決してくれると
して、味の薄さは具材のとろけ具合だけでは
解決できなさそうな気がする。
 とりあえず今回は、塩とコショウで味を足し
て食べてみた。いつものように、辛さの足りな
さを補う唐辛子もお皿に振っておく。
 皿に調味料を振っておいて、少しのルーで
混ぜあわせ、そこにご飯をよそってルーをかけ
る。この方法だと、自分の分のその一杯だけ
味の調節が出来る。
 しかし、こうして即席に味を調節したものは、
やはりどこかしか物足りない。調味料を入れて
鍋全体で味を整えた方が、きっと美味しく仕上
がると思うのだけれど、家族の関係で出来ない。

 家族の中で自分一人だけ味付けの好みが
違うというのは、少し寂しいものですね。

ーーーーー


11
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

パン耳

パン耳

 朝食にパンの耳を食べる。
量は少ないがどっしりとした一品だった。

 パンの耳といっても、食パンから切り離した
だけではなく、油で揚げて砂糖をまぶしたもの。
スーパーでかったものらしく、パックに入って
テーブルにおいてあった。
 普段はご飯を中心に食事しているので、た
まにはパンもいいものだと思う。

 それにしても、考えてみればハイカロリーな
食品だなと思う。
 炭水化物であるパンを、脂質をたっぷりと
含ませて揚げ、さらに糖分をまぶしてあるのだ
から。旨い物は糖分と油で出来ているとは、
どこかのコマーシャルで聞いたような気がす
るが、まさしくうまいものの塊なのではないだ
ろうか。

 最初はとても美味しく食べることが出来た。
しかし、5本目を過ぎたところ辺りから、一気に
お腹が重く感じられて、食べるのをやめてしま
った。
 お腹の中で水分を吸い上げて、膨らんだの
だろうか?まあとにかく、お腹が満たされていい
感じに満足できた。

 食べ終わってパックを閉めた時に、その値
段が目に入った。パックの大きさは、お惣菜の
売り場で見かけるなかで、一番よく見る大きさ
だと思うのだが、その中に一杯入っていた。
 それが100円と書いてあったのだから、かな
りお得な食べものだと思う。

 パンの耳といえば、行く所にいけば無料で
分けてもらえることもあるものだけれど、この
景気が良くない仲だとそんなところも少なく
なっているのでは無いかと思う。
 それでも、このような値段で手に入り、ほん
の5本で成人男性のお腹が一杯になって、な
おかつハイカロリーな食べものはあまり無い
のではないだろうか。

 小麦粉なので、消化が良くて腹持ちが悪い
のかなと思っていたけれど、お昼までもう少し
というところまで、水分補給だけでもつことが
出来た。
 これは便利な朝食だなと思ったけれど、毎
朝食べるのはちょっと考えてしまう一品です。
やっぱりご飯の方が好き。

ーーーーー


12
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について