閉じる


<<最初から読む

1 / 19ページ

試し読みできます

ズッキーニ

20140703近況飯エッセイ

 

ズッキーニ

 

 繁忙期が終わって、休み。

気が抜けたのだろうか、どうにも風邪を引い

てしまった様子がある。特に鼻づまりがひど

く、外で知り合いに会ったらすぐに風邪を引

いたのかと聞かれるくらい、よく分かる鼻声

になっているようだ。自分ではいまいち声が

変わっていることがわからないが、きっと面

白いしゃべり方になっているのだろう。

 

 しかし、寝こむほどしんどくはないので、

折角休みになったのだから、気分が良くなる

ことをしようと思う。

 そこで、先日頂いたズッキーニを何かにし

てみようと考えた。しかし、ズッキーニをど

う料理していいかよくわからない。こんな時

こそネットで調べたらいいのだろうが、まず

は自分で何か食べられるものにしてみること

にした。

 

 ズッキーニは名前からして西洋野菜、実物

を見てみるとどうにも小さめのヘチマに見え

るのだけれど、家族に料理してもらって食べ

たものは、いまいちなんだかはっきりしない

野菜だなというのが正直な感想だった。

 炒めもので頂いたのだが、茄子と胡瓜の間

といった感じの食感だった。味はもともとあ

まり強くないのだろうか、味付けが薄めであ

るにもかかわらず、特徴をつかむことが出来

なかった。

 

 そんな味が淡白であるという印象があるの

で、しっかりとした味付けで煮込んでしまう

ことにした。具体的には、簡単にトマト煮込

みにした。

 使った具材は、

100%トマトジュース700ml

鶏肉手羽元骨付き 八本

ズッキーニ    大ぶりのもの一本

じゃがいも    3個

人参       2本

玉ねぎ      2個入れようと思ったが、

一個入れた時点で鍋から溢れそうになって、

あわてて一個にしておいた。

バジリコ     少々

コンソメ固形   4個

 

 ズッキーニ、じゃがいも、人参は乱切りに、

玉ねぎはどうせ煮込めば溶けてしまうので、

最初からみじん切りにしてしまった。

 これらを全部鍋に入れて、吹きこぼれない

ように煮こむ。夕食に食べるつもりなので、

今はそんなに長時間火にかけずに、具に火が

通ったら5分程度で火を止めて置いておく。

また食べる前に温めるのだから、その時しっ

かりと温めればいいかなと思う。

 

 夕食が楽しみです。

 

ーーーーー

 


1
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

トマト煮

20140704近況、
読書録「食いしんぼグラフィティー」

 トマト煮

 昨日、ズッキーニをどうして食べたら美味し
いかを考えて、簡単にトマトで煮込んでしまう
ことにし、夕食に向けて作った。

 食べられないものが出来てしまったらどうし
ようかと、それなりに心配もしていたのだが、
実際に食べてみたらとても美味しかった。
 前にも書いたように、ズッキーニは煮込んでも
茄子と胡瓜の間くらいの食感で、味はこれとい
った特徴を感じることが出来なかった。
しかし、あまりしっかりとした味が少ないから
こそ、何に合わせてもそれなりに美味しく調理
出来るのかも知れない。

 多分どんな味付けで調理しても、それなりに
美味しく仕上がるのだろう。今回はトマト煮に
したけれど、コンソメだけで煮込んでも、あっさり
とした仕上がりで美味しそうに思う。
 私の主観であるけれど、茄子と胡瓜の中間
くらいの食感であるならば、きっと味噌との相性も
いいのではないだろうか。茄子と挽き肉の味噌
炒めはとても美味しいし、田楽にしても美味しい。
また、胡瓜ももろみを付けて食べるのが美味しい
のだから、その間にある感じなら、味噌が合わない
はずがないと思うのだけれど。
 まあ、実際に作ってみなければわからない。

 ズッキーニの下処理をしていて思い出したのが、
沖縄ではヘチマを食用にしているという話。
そういえば、形はヘチマによく似ている。
 私はヘチマをまだ食べたことがないけれど、
一番近いかも知れないなと思う。

 とりあえず今度またズッキーニが手に入ったら、
味噌で味付けして食べてみたいと思います。

ーーーーー


2
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

お魚バーガー

20140705近況飯エッセイ

 

 お魚バーガー

 

 昼食に白身魚のフライを挟んだハンバー

ガーを食べる。手軽に食事を済ませたい時に

は丁度いい一品だった。

 

 今日はお中元を買いに、少し遠くのショッ

ピングモールに出かけた。お中元自体は、行

く前からある程度何を買うか見当を付けてお

いたので、すぐに決まった。

 早く済んだので、昼食も食べる所が混んで

くる前に早めに済ませようということになり、

そのままフードコートへ。

 

 最初はうどんを食べるつもりだったのだが、

家族の意向でチキンナゲットが食べたいとい

うことになった。

 そこで、いつもお馴染みのファーストフー

ド、世界一有名であろうチェーン店のお世話

になることにした。

 

 今はなんだか世界の味付けのバーガーが目

玉商品のようだが、そんなに興味がなかった

ので、自分の好きな馴染みのバーガーをセッ

トで頼む。

 食べ慣れた物がその人にとって一番美味し

いものだとは、作家の誰かが言った言葉だと

聞いたことがある。どんなに美味しいごちそ

うよりも、毎日食べることが出来るものがな

によりもありがたいことなのかもしれない。

 

 どうも普通のハンバーガが、というよりも

牛肉があまり体に合わないので、このファー

ストフード店を利用する時はこのお魚バー

ガーをよく食べる。

 食べていて思うのだが、他の味付けのハン

バーガーのハンバーグの部分をこの魚のフラ

イに入れ替えて、メニューを作って欲しいと

よく思う。このお魚バーガーでは私には、

少々量が足りないので、出来るならフライも

パンも2階建てになっている大きな物がメ

ニューに欲しいと切に願う。

 

 いつか実現するまで、長生きしなければな

と思ったのだけれど、年をとったら多分その

メニューはお腹に重すぎるのだろうなと思い

ました。

 

ーーーーー

 


3
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

三日目のパスタ

 

 三日目のパスタ

 

 昨日の夕食にトマト煮の残りを使ったパス

タを食べる。もともと何が入っていたのか分

からないくらい、具がとろけていたが、とて

も美味しいひと品だった。

 

 トマトと言えばイタリア料理、イタリア料

理といえばパスタを抜きには語れないのでは

ないだろうか。語れるほど詳しくは無いけれ

ど、パスタはとても好き。

 トマト味のスープやポトフを作った時は、

最後の締めにほぼ必ずパスタソースにしてな

にも残らないようにいただく。煮込めば煮こ

むほど具材が砕けて、パスタに良く絡まるよ

うになるので、この食べ方だととても美味し

いパスタソースが出来上がる。

 

 はじめに作ってから三日目ともなると、ほ

とんどの具材は元型をとどめていない。

 最初に入れていた骨付き肉は、その日のう

ちに大方食べてしまっていたから、砕けると

ころまではいっていない。

しかし、じゃがいも玉ねぎズッキーニは全部

砕けて鶏肉から出るゼラチン質と合わさり、

冷えたままだとゲル状になっている。

 形が判別できる具材は、大きめに切ってい

た人参とズッキーニの皮位、あとはもともと

砕けているバジリコか。初めてズッキーニを

煮物にしたのだが、皮まで美味しく食べるこ

とが出来て、ゴミの量が少ない良い野菜だっ

た。

 

 家族と食べるので、ソースはそれなりの量

が必要なのだが、必要な量がいつも残るとは

限らない。残り物ソースはこの部分が難しい。

 いつもは、足りなかったらトマトケチャッ

プを足してカサを増やすのだが、今日はたま

たまひきだしの奥から、昔に貰ったトマト

ソースの瓶詰めを発見していたので、これを

カサ増しに使うことにした。

 

 もう何の機会で貰ったのかも分からないく

らい、昔に貰ったものだったけれど、何とか

賞味期限が切れる前に発見することが出来た。

もう少し遅かったら、また、私一人で食べる

事になっていたことだろう。

 しかし、使われること無くひきだしの奥に

しまわれていたのも納得できる。二ビン見つ

かったのだけれど、一つ一つの量が雀の涙。

一人前のパスタにかけても、これでは味が薄

すぎるのではないかと言うくらいのものだっ

た。

 

 幸い、元のソースと上手く馴染んで、美味

しくいただくことが出来ました。

 食料をしまうひきだしは、あまり奥行きが

深くないほうがいいのではないかなと思いま

した。

 

ーーーーー

 


4
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16

試し読みできます

おにぎりの素

 

おにぎりの素

 

 朝食にお茶漬けを食べる。

いつ食べても落ち着く一品だった。

 

 今朝はいつもよりお腹が空いていたので、

少し大きめのお椀にご飯をよそって作ったた

め、お茶漬け海苔一袋だけでは味が薄そう

だった。

 しかし、もう一袋入れると、今度は塩辛く

なりすぎてしまいそうだったので、さてどう

したものかと思案した。

 

 いつもなら塩昆布を入れて味を調節すると

ころなのだけれど、今日は生憎切れていて、

少しの間うろうろと探すはめに陥った。

 いろいろと探して回って、ようやく良さそ

うな物を見つけることが出来た。いつもなら

炊飯器の側にあるはずのおにぎりに混ぜる素

が、何故かおやつ入れの中に紛れ込んでいた。

よくわからないが、よくあることです。

 

 このくらいかなぁ、と目分量でおにぎりの

素をご飯の上に追加でふりかけて、お湯をか

けていただく。

 やはり目分量は難しく、今日は少々薄口の

お茶漬けに仕上がってしまった。もう少し後

から足してもいいのだけれど、乾燥わかめが

入っているので、ふやける時間が足りなく

なって、硬いわかめを食べるのも嫌だと思い、

今日はあっさりとしたお茶漬けを食べておい

た。

 あっさりめであるが故に、ご飯の美味しさ

はよく分かる。たまには薄いお茶漬けもいい

ものだと思ったが、朝のぼやけた頭には、キ

リッと塩味が効いたお茶漬けがやはり美味し

いと思う。

 

 おにぎりの素だけでお茶漬けをしても、

きっと美味しいのだろうなと思いました。

 

ーーーーー

 


5
最終更新日 : 2014-08-01 15:35:16


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について