閉じる


試し読みできます

1 リーグは低調、お金は好調!?決定放送権料

放送権料だけでも好調な時に、将来に投資を!

 連載第1回時に、話題にした2015‐18シーズンのセリエA放送権料。紆余曲折の末、ついに決定したとガゼッタ・デッロ・スポルト紙とコリエレ・デッロ・スポルト紙、他多数のメディアが6月27日に報じました。その額、1年間で約1300億円(推定)。この金額が18年の夏まで3回続くこととなりました。ちなみに前回3カ年の権料金額は年間約1150億円(推定)。正式にユーロで考えれば、1年間で1億1400万ユーロの増収となります。2000億円近いとも言われるイングランド・プレミアリーグに比べれば低いとはいえ、最近は低調で、活性化されていないイタリアリーグの現状を考えたら、多大な金額。この金額が参加20チームのクラブに、どれくらいで配分されているのか。2013-14シーズンを例にしてガゼッタ・デッロ・スポルトでは詳細に算出しています。

 では、その前に公表さている権料の分配割合基準を確認すると、まず、20クラブに支給する均等割りの分配金が権料全体の40%です。その他の割合は次のページに…


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

Yoshiki Ito'oさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について