twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 雑誌 作者 スーパーどん底タイム
価格 無料
タグ SEKAI NO OWARI神聖かまってちゃんの子深瀬
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

20 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 23ページ (Web閲覧)
24ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
《 “神聖かまってちゃん”も“SEKAI NO OWARI”もお互いにいまやっている音楽性はちがうものの、出発点は同じ / 彼らはファンタジーに舵を切る/“SEKAI NO OWARI”はバンドなのにファンタジーを選択/“神聖かまってちゃん”はロマンを描き始めた/ボーカロイド望感が漂っている////ロックって何/ 》


神聖かまってちゃんとSEKAI NO OWARI

―――同じものを持って別の戦い方をするケモノ



語って欲しいバンドを語ってくれない音楽雑誌やライターに我々、は反旗をひるがえそう!
これは、神聖かまってちゃん評である。そ、ニートの。。。
音楽の文脈を知っている音楽ライターが書かないから、
20代のks底辺が違った角度から「神聖かまってちゃん」評を紹介します。
今回は、「SEKAINOOWARI」(セカイノオワリ)を軸に、神聖かまってちゃんについて語っていきます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧