閉じる


第一部 登場人物

・ミスティンキル:ドゥローム・五十歳
 ラディキア群島のドゥノーン出身であり、周辺の島を治める漁師の長、クレメンディアの次男。いずれドゥール・サウベレーン(龍)となる資格を得るドゥローム(龍人)の若者。純粋な赤い“原初の色”をその身に宿すゆえ、強大な力を有している。寡黙だが、ウィムリーフのことを大事に思っている。

・ウィムリーフ:アイバーフィン・五十五歳
 冒険行に憧れ、単身で世界を巡ろうと考えている女性。ティレス王国の王都ディナールで育った。アイバーフィン(翼の民)としては希有なことに生まれながらにして翼を有する、“風の司”でもある。カイスマック島でミスティンキルに出会ってから行動を共にするようになった。明朗で、人見知りしない性格。

・アザスタン:ドゥール・サウベレーン
 龍頭の衛士。金色の角を持つ蒼龍。炎の界“デ・イグ”にて、イリリエンを守護するが、ときおり龍の姿もしくは人間の姿をとってアリューザ・ガルドに現われる。

・イリリエン:ドゥール・サウベレーン(龍王)
 偉大なる深紅のドゥール・サウベレーン。デ・イグを守護し、炎を司る龍王。