閉じる


試し読みできます

目次

はじめに          
第 1章 犬のしつけを効果的に行う方法
第 2章 しつけの基本
第 3章 噛みつく行為をやめさせる方法
第 4章 うなる、吠えるをやめさせる方法
第 5章 犬の噛みぐせを早く直す方法
第 6章 飛びかかる行為をやめさせる方法
第 7章 リードを引っ張る行為をやめさせる方法
第 8章 おもらしを防ぐ方法(トイレのしつけ
第 9章 呼べば飼い主に来る方法
第10章 人や物を追いかける行為をやめさせる方法    
第11章 ちょっとしたスキに脱走する行為をやめさせる方法
第12章 他の犬とけんかさせない方法
第13章 おねだりをやめさせる方法
第14章 ゴミをあさる行為をやめさせる
第15章 攻撃的な行動をやめさせる方法
第16章 穴を掘る行動をやめさせる方法
第17章 強迫性障害を和らげる方法
おわりに  

 

全17章

全約27,300文字

 


試し読みできます

はじめに

こんにちは。

 

本書をお買い求めいただき誠にありがとうございました。

 

私も犬を飼っています。

初めて飼ったときから24年過ぎました。

 

今は2頭目で13歳を超えました。

私にとって犬は、こんな友だちです。

 

私は時折、犬を助手席に乗せて散歩や旅行に行きます。

 

道路が渋滞して、少しでもイラつくと、助手席の犬が
私の顔を見ながら、手(前足)を私の腕に乗せて
何かいってきます。
きっと、
「イライラせず、安全運転してね。」と
言っているんでしょうね。


私は、
「分かった、分かった。ゆっくり行くよ。」
と応えます。


すると、犬は手(前足)を離します。

 

また、風邪気味で運転しているとき、
「ごほん、ごほん」と咳が出ると、
犬は手を私の腕において
「大丈夫?」
と心配してくれます。


私が、
「大丈夫、大丈夫」と応えると
犬は、手を離します。


犬は、私の心が読めるのです。
そして行動にでるんですね。


犬は本当に可愛いですよね。

 

あなたがこれから飼おうとしている犬、
もうすでに飼っている犬もきっと優しくなります。

 

だから、今から説明する基本のしつけを
身につけてあげればあなたと犬は必ず
幸せになります。保証します。

 

しかし、最近犬を飼ってそしてしつけを正しくできくて、
ご近所の迷惑になっていたり、捨てられたりしまう
悲しい出来事が続発しています。

 

他の真面目な愛犬家に迷惑をかけていることが
分かっていないようで、とても残念です。

 

一度は愛されていたのに、人間の勝手で
いきなり捨てらて泣いている犬はたくさんいます。

 

そんな悲しい犬をこの世に送り出さない為にも、
「正しい犬のしつけ」の方法を知ってもらいたいと
心から願って本書を発行しました。

 

どんな種類の犬を飼うにしても、良くない習慣や行動が
見られればそれをやめさせ、直していくのが飼い主の
責任です。

 

犬を尊敬し、その命を懸命に守ってあげるために、
正しい「しつけ」を学ぶことはとても重要です。

 

飼い犬が問題行動をした時の対処法は様々あります。
いずれの対処法は、同時に飼い犬を効果的に
しつけられるものでなくてはなりません。


しつけは初めが肝心です。しつけを先延ばし
にすると、飼い主にとっても犬にとっても、
身につけるのが難しくなります。

 

しつけは、正しいプロセスを踏んでやれば
成功します。


動物の中でもなつき易く、相手のことを
考えることもできるのが犬の才能です。


犬は、人間が痛みや危険が起こりそうな
ときには率先して守ってくれます。


ちゃんと飼い主の心が分かるのです。
だからかけがえのない親友でもあるのです。


しかし、そうなるためには人間と
共存できる「しつけ」が必要です。

 

しつけを正しくしてこそ、犬は有能で
信頼できる存在になれるのです。

 

飼い主の望むように犬をしつけていくには、
相当な時間と忍耐力が必要です。

 

犬を愛する、大事にする気持ちがあれば、
しつけも楽しく取り組めます。

 

さあ、これから説明する基本的なしつけを
頑張りましょう。

 


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格200円(税込)

読者登録

Toshiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について