閉じる


立憲主義とは?

立憲主義とは

 立憲主義とは憲法とはで、少し話しましたが、国王がいた時代に、国王が独裁的になったり、暴走したりしないように、国王であっても法に従わなくてはいけないということが、立憲主義の始まりであります。

立憲主義で大切なものは現在もこの権力を法(憲法)で縛り、国民の権利を守らなくてはいけないというのが立憲主義です。


最終更新日 : 2014-05-15 17:42:49

近代立憲主義とは

 近代立憲主義とは、先ほど言った立憲主義から、近代になるにつれて、より憲法というものが法の頂点の最高法規となり、国民の権利だけでなく、国民の自由などを保障し、国の形を定め、権力者を縛る、最初からの立憲主義と新たにより、国民をどう守るかを定めるものになって行きました。

近代立憲主義は、今までは国民の権利でしたが、国民から個人の権利、自由とより深い考えになったと言えるでしょう。

立憲主義は現在の近代立憲主義に進化していったと私は考えております。


最終更新日 : 2014-05-15 17:50:48