twitterアカウントでログイン

この本は、「【連載】腹の立つこと数々ござる」 のバックナンバーです。(2014-05-10 16:40:08 発行)

カテゴリー 小説・ノンフィクション エッセイ・インタビュー 作者 puffpuff
タグ 連載出来事痛烈に斬る世の中腹のたつことばかりぶらり旅社会問題政治経済世界情勢世の中を斬るエッセイ旅道中日本の出来事政治家独断と偏見
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

7 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
4ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
義父が生前に何冊か本を残しています。その中からこの「腹の立つこと数々ござる」を連載でご紹介したいと思います。義父の井上はやしは2013年12月に98歳で亡くなりました。まだ元気だった頃、小学校からの竹馬の友、原藤周衛さんと一緒にぶらり旅と称して東京、神奈川近辺を訪れてはそのことを文や絵に残しました。このエッセイはその頃の二人の会話がベースになっているようです。「..今更言うて甲斐無き事ばかりだが、腹の立つことがあまりにも多過ぎる。他人から見れば,独断と偏見に満ちた老人の操言に過ぎないかも知れないが..」本の前書きでこのように言っています。ぶらり旅は平成元年(井上72歳)から平成十六年(井上89歳)まで続きました。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...
100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる