閉じる


<<最初から読む

20 / 23ページ

人生はこんなにもダイナミックで面白いものなのかとリスナーは感じたはずだ。

 

エンターテイメントはドキュメントを食いつぶす力があるから価値がある。

しかし“神聖かまってちゃん”は、ドキュメンタリーはエンターテイメントであることを教えてくれた。くだらない現実を自分から変えていこうとすれば、エンターテイメントになるということだ。

 

 

 

 “SEKAI NO OWARI”が↓


SEKAI NO OWARI”が行うファンタジーもエンターテイメントである。でも“神聖かまってちゃん”はファンタジーには頼らず現実とロマンを歌って、自身のドキュメンタリーを積み上げることによってエンターテイメントの力を得たロックバンドだ。

 一〇年代、そんなロックバンドが世界を塗りかえる光景をはやく見たい。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うおお


奥付

 

神聖かまってちゃんとSEKAI NO OWARI

―――エンターテイメントがドキュメントを喰うとき


http://p.booklog.jp/book/85475






電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社ブクログ

 


この本の内容は以上です。


読者登録

スーパーどん底タイムさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について