閉じる


<<最初から読む

11 / 23ページ

これが“SEKAI NO OWARI”だったらと考えると彼らはきっとライブを行わない。こんなエピソードがある。

大みそかに放送された『第64NHK紅白歌合戦』の出場者でSEKAI NO OWARIの名前が上がっていたそうだ。

内定情報まで報じられたにも関わらず出場に至らなかった背景には、紅白でも大掛かりなセットを組もうとして、NHKサイドと話がまとまらなかったという。サイゾーの記事なので真偽は分からないが。しかし、彼らのことを知っている者なら、そうなんだろうなあと想像出来る。

自分たちの演出がとれないのなら紅白歌合戦の出場すらも断りそうなのが彼らだ。↓


さきほどの、『炎と森のカーニバル』に話を戻す。キーボードのSaoriはブログで、このイベントの総制作費は五億円と書いている。完全に赤字らしい。

かつて、浜崎あゆみは『fairyland』の数分間のPVで二億四千万円をかけて話題になったことがある。

音楽と直接関係ないものにそれだけのお金をかける意味があるのか疑問だったが、彼らSEKAI NO OWARIのイベントをみると演出にお金をかける意義が分かる気がする。これは彼らの覚悟なのだ。

 

赤字であるとかいう以前に、いま日本でバンドが五億円使って大赤字を抱えてでも↓


赤字であるとかいう以前に、いま日本でバンドが五億円使って大赤字を抱えてでもやりたいことをやるという、そういう無茶をだれがやろうというのか。

曲を作るときトラブルがあって苦悩があってという話はたくさんみるが、一五メートルの木に満足できなくて三〇メートルに作り直して、ウォータースクリーンと炎とレーザー使って5億円かけてしまったなんていう話は知らない。

 

 

 現に、会場ではカメラや写メで会場やステージが↓


 リスナーのことを考えているのは彼らのほうではないか。

 現に、会場ではカメラや写メで会場やステージが取り放題という。

ライブが始まってメンバーが出てきも自由にステージの写真を撮っていい。これも最近ほとんど聞いたことがない。海外では公然と行われているらしい。

 マナーとか、ネタばれとか、肖像権とか、いろんな制約やルールがあって、会場内ましてやステージやメンバーの写真を撮るなんてもってのほかというのが当たり前のルールの日本。

 彼らのライブは自由なのである。記念写真にして友達に送ったり、ラインやツイッターやブログにアップしたりしていいのだ。

 


 ロックバンドは「みんな、自由にしててくれ」と掲げつつカメラがあることを許さない。

 それを考えると、カメラを許していた“SEKAI NO OWARI”の方がずいぶん自由である。

 現実とロマンを語ることによってリスナーの心を解放していこうとするロックバンドよりも、ファンタジー(幻想)を緻密に演出してその瞬間だけでも一二〇パーセント心を解放させる“SEKAI NO OWARI”の方にロマンがないだろうか。

 

 

圧倒的なエンターテイメントを現実世界にぶつけることが、↓



読者登録

スーパーどん底タイムさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について