閉じる


<<最初から読む

3 / 19ページ

試し読みできます

ゼリービーンズ

20140503近況飯エッセイ

 おやつにゼリービーンズを食べる。
昔からあるけれど、なんだか微妙な食べ物
だと思う。

 表面は砂糖でコーティングされているので
あろう、少し力を入れて噛むと、ショリシャリと
簡単に砕けて取れる。中身はぐにゃりと柔らか
く、ゼリーを乾かしてみたらこんな感じになり
ましたというところだろうか。
 もちろんゼリーを本当に乾かしたら、からか
らの粉になってしまうだろう。半乾きな感じだ
けれど、それでもゼリーを乾かしてもこんなに
歯ごたえは残らないと思う。

 しかし、しっかりとした歯ごたえがあるのは、
噛みはじめのうちだけ。すぐに歯にまとわりつ
き、どろどろと口の中で溶ける。
 正直あまりいい食感ではないと私は思うの
だけれど、昔々からあって未だに無くならない
のだから、これが好きな人はきっと多いのだろ
う。

 ゼリービーンズが人を惹きつけてやまない
のは、その色どりのせいかも知れない。
 どう見ても不自然なカラフルさで、大人にな
っていたら少し食べるのに警戒してしまいそう
な色の付き具合なのだが、それでも食べてみ
たくなる。
 何度も食べていて味は甘いだけとわかって
いるのだが、それでも食べてしまうのだから、
色というものの持つ魔力は恐ろしい。

 今日は確かめていないのだけれど、きっと
舌がいい色に染まっていたのでは無いだろう
か。
 こうして色のきつい食べ物を食べると、近所
に駄菓子屋がなくて寂しかった子供時代を
思い出す。同じ町内にあるのはあったが、小学
生の足で歩いて行くには遠かった。
学校の帰りに寄ればなんとかなるのだが、とに
かく通学路から外れるとうるさく言われて困
るので、それは出来なかった。
何より、一番駄菓子屋に憧れる頃は、お小遣
いが無かったし。

 そんな田舎の中でも更に田舎に住む私を、
家に一回帰ってから簡単に駄菓子屋に行ける
連中は、とにかく小馬鹿にしていた。
 今となっては車に乗れるので、五分程度の
時間的なハンデしか無いが、小学生の交通
手段は自転車しか無い。

 ゼリービーンすを食べていると、懐かしいと
いうよりもどんどん寂しくなってしまうので、
もうあまり食べたくないなと思いました。
もう少し年をとれば、寂しさも懐かしさに変わ
るのでしょうかね。

ーーーーー


3
最終更新日 : 2014-07-03 11:16:19

試し読みできます

うどん

20140508近況飯エッセイ

 朝食にうどんを食べる。
昔からあるカップ麺のうどんが、五個入の袋
麺になったものだった。

 いつの間にか年越しには恒例のコマーシャル
となっていた、このインスタントうどん。
年越しはそばだと思っていたのだけれど、と
思いよく思い出してみたら、そばもあったこと
を思い出した。
 これといって思い入れは無いのだけれど、
昔からあって美味しいので、好きではある。

 そんなおなじみのインスタントうどんが、袋
麺になっているのだから、食べずにはいられ
ない。
 袋麺のいいところは、鍋でゆでて作るので、
具材を追加で入れることができるところ。
カップ麺だとお湯をかけるだけなので、追加する
具材に限りが出てくるのではないだろうか。
もちろん、別に調理した具材を上に乗せて食べる
こともできるけれど、カップ麺を食べようとする時
は、そういう時間が無い時が多いのではないだ
ろうか。

 そういうわけで、出来上がったうどんには
たっぷりのネギが乗せられていた。カップの
物にもネギは入っているけれど、粉末スープの
中にほんの少々混じっているだけなので、あれ
は具材の内に入れるのはどうだろう。
 食べてみると、昔から食べているおなじみの
美味しさ。大きく感動する美味しさではないの
かもしれないけれど、いつ食べても安心でき
る安定した美味しさだと思う。
よほどお湯の量を間違えてしまわない限り、
失敗することもないのではないだろうか。
 ときどき漫画で、インスタントラーメンを作る
のを失敗する描写が見られるが、現実にあん
な風に失敗することは難しいように思う。
そこが漫画の面白いところなのだろう。

 もう5月も中旬に入ろうとしているけれど、
なんだかまだ朝方は寒いので、温かいうどんは
とても美味しいです。

ーーーーー


4
最終更新日 : 2014-07-03 11:16:19

試し読みできます

口内炎

20140509近況飯エッセイ

 口内炎が痛い。
舌先に出来てしまっているので、何を食べても
避けようがなくてゲンナリな毎日。

 期限切れのうがい用ヨード液を使って、消毒
したりしてみたが、いまいち効果なし。それど
ころかなんだか他の部分まで痛いような気が
してきたので、慌てて使うのをやめる。薬の
期限切れは、さすがにまずいのかもしれない。
 そういうわけで、正直何を食べても味の感想は、
痛いの一言に尽きる。

 そんな状況であっても、食べなければ仕事に
ならないので、無理して食べるから余計にお
いしくない。
 こんな時に限ってまた、よく口内炎に染みる
食べ物が食卓に並ぶものなのだなぁ…。

 昨日の夕食はハンバーグだった、普段なら
おお喜びでご飯三杯なおかずなのだけれど、
この状況だと食事の間ずっと苦行。
涙と鼻水を垂らしながら、同じ場所をもう一度
噛んで悪化させないように、ゆっくりと食べる。
 味付けの主なところは、トマトケチャップと
ウスターソース。これではしみないはずがない。
トマトは生のものでも、口内炎には物凄く染みる
食べ物なので、それに色々味付けがしてあるの
だからそれはもうそれはもう…。

 何事もない状態というのが、いかにありがたい
ものかと、実感する昨日今日です。

ーーーーー


5
最終更新日 : 2014-07-03 11:16:19

試し読みできます

新茶と羊羹

20140513近況飯エッセイ

 昨日、おやつに羊羹を食べる。
新茶と一緒に。

 本当のメインは新茶の方で、羊羹はそのた
めのおつまみとして用意されたものだった。
このくらいの時期になれば、全国の茶産地の
新茶が出回ってくる頃なのではないだろうか。
九州方面の産地ならば、もっと早い時期から
出回っているのだろうけれども、緯度が高い
産地はまだこれから始まるくらいかも知れない。
 
 深く濃い色合いでありながら、自然な緑色
をしたお茶っ葉を、急須にケチることなく入れ、
最後の一滴までしっかりと絞りきって出す。
紅茶の最後の一滴をゴールデンドロップと言う
らしいが、日本茶を急須で出すときもそうなの
かもしれない。
 今日は羊羹を一緒に食べるので、熱めの
お湯でさっと出し、すっきりとした味わいになる
ように淹れられていた。
反対に、お茶だけを楽しむ場合には、まあお茶
の質にもよるのだろうけれど、お湯の温度を下
げてゆっくりと出して淹れる。お湯の温度を
低くすることで、お茶の苦味や渋みを引き出す
のを少なくし、旨味や甘みを引き出せるそう。

 たまにお茶屋さんに聞く話だが、お茶を売る
時に試飲をしてもらうと、そのお茶の甘みと旨味
がお茶だけのものと信じられず、何か混ぜている
のではないかと言うお客がいるとのこと。
 確かに世の中には、なにかしら混ぜ物をし
てあるお茶も存在するのかも知れない。
しかし、自分が体験したことが無いからといっ
て、即なにかインチキがあるように言うのはど
うなのだろうと、この話を聞いて思った。

 本当に興味を持っていないことに対しては、
人はあまりよくわからないものなのかも知れ
ないなと思いました。
自分でも気を付けなければいけないなぁ…。

ーーーーー


6
最終更新日 : 2014-07-03 11:16:19

試し読みできます

ウイスキー

20140526近況飯エッセイ

 

 第一繁忙期終了、くたびれました。

次の繁忙期に向けての準備が沢山あるので、

ゆっくりとはなかなか出来ないのだけれど、

気持ちだけでも少しラクになりました。

 

 酒を飲む。

少し前に読んだ本の影響で、スコッチウイス

キーを少しずつ飲むようになった。定番のダ

ジャレが思い浮かんだけれど、さらりと言っ

てのけるには、まだ私は大人になりきれてい

ないようだ。

 

 今回買ったのは、「バランタイン ファイ

ネスト」。読んだ本にも紹介されていた、世

界的に有名な名門メーカーのものらしい。

 お酒に詳しくないので、どの程度のものな

のかさっぱりわからないのだけれども、同じ

ウイスキーのコーナーに並べられているなか

で、比較的手の届きやすい価格であったので、

これに決めた。

 

 ウイスキーのような強い酒は、何かで割っ

て飲まなければ、粘膜に悪いのだろうけれど、

そのものの風味を確かめるために、弱いくせ

にストレートで味わってみる。

 以前飲んだものよりも、随分と口当たりが

なめらかな気がする。前にここで飲んだと

言ったものは、口の中がチクチクするくらい

刺激が強かったのだが、それがない。

かと言って、香りが物足りないということは

なく、しっかりとしたウイスキーの香りも楽

しめる。

 

 少し飲みやすいと思えたので、この日はも

う一杯飲んで見ることにした。

 この二杯目の時点でかなりフワフワとなっ

ていたのだが、調子に乗って三杯目に口をつ

けたのがまずかった。

 自分の酒の弱さを忘れていたわけではない

のだが、この銘柄の飲みやすさについ量が過

ぎた。

 

 結局三杯目を飲み切る事が出来ず、その日

の夕食を台無しにしてしまった。

 つまみは夕食をしっかりととったうえで、

さらに何か食べていたのだが、アルコール度

数40のウイスキーを飲むのに追い水を飲んで

いなかったのは大失敗だった。

 この失敗の後は、しっかりと水も飲んで、

もったいないことにならないように気をつけ

ています。

 

ーーーーー

 


7
最終更新日 : 2014-07-03 11:16:19


読者登録

出雲一寸さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について