閉じる


<<最初から読む

4 / 5ページ

報告

社長に、例のHAL卒業する人と会いましたよ。

まあまあの好青年って感じで体格は身長がかなり大きくひょろっとしてました。

チカラ仕事は慣れてもらうしか無いって感じで、あと作品資料を持っていましたので見ました。

デザインのセンスはかなり良いと思います。

趣味はギターやってるとかそんなところです。

特に悪い印象は私は持たなかったです。

社長が、そうかだったら面接してもいいぞ。

インテリアはデザインが良くないといけないからな。


面接と決定

彼からのコンタクトが来た。

面接を受けたい。と。

社長と日時を決めて彼にメールした。

 

面接当日。

しっかり来た。まず逃げない人だけで十分。面接も来ない人がいる世の中ですからね。

社長に面接ですよーと呼んで面接が始まった。

社長は他は決まりそうか?と聞いた。

彼は、いいえと答えた。

社長は会社の仕事内容などは部長から聞いてるはずだから省略、彼に体力はあるか?

彼は頑張ります!と答えた。

彼がそういえばと履歴書と作品を出した。

社長が見ている。

社長がホームページの経験はあるか?と聞いた。

彼は趣味程度です。と答えた。

社長、うん。よし採用。

私(部長)は軽いスーツだけど、会社は普段着でOKだから。

社長が卒業はいつだ?と聞いた。

彼がもう1ヶ月無いですと答えた。

では、卒業したらまずは連絡してくれ、入社日を決める。

私が仕事中にネットサーフィンで偶然見つけた人を採用した。

あとは入社日に来るかだな。逃げる人多いからな。

 


この本の内容は以上です。


読者登録

ランチさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について